2018年12月22日

大量に書くとうんこが出る現象

最近とみに連動している気がしてきた。

緊張して詰まる→解放してリラックス説、
腸脳連動していて、出力ということが連動してる説、
の二通りを上げてみる。
僕は後者のような気がするのだ。

ということは、うんこすれば書ける、という逆の条件反射説も?

いやいや、昔からアイデアの生まれる場所は、
馬上、雪隠、床の中と申しましてね。
posted by おおおかとしひこ at 01:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

起承転結の中に起承転結があるように

僕は脚本の教科書によくある、
この言葉がよくわからなかった。
今ならよくわかる。

逆にいえば、「どこででも起承転結は作れる」と考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:33| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

【薙刀式】各配列の使用範囲

気になったので、図にしてみた。理解にどうぞ。
各配列の使用範囲.jpg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:36| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】配列完成の条件

「やった、これで完成だ!」みたいなドラマチックな瞬間じゃないかもしれない。
「今まで散々直してきたが、
もう直すところがない。
どう改良しても良くならない。前の方がいい」
という、どん詰まりの感覚が完成なのかも。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:56| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しい構成の図がかけると、大体美しい構成になる

経験則。
大体、最初に書くときは構成の図を書いてみると思う。

それがどういうフォーマットかはおいといて、
どんな図でもバランスの取れたようなものを書くとよい。
そうすると、書き上がったものは、だいたい構成がしっかりしたものになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】てんぐ探偵、5000UU突破。

第1章からの通算で、10000PV、5000UU突破しました。

なろう小説に比べれば大したアクセス数ではないけれど、
じわじわと広まればいいかなあと思っています。
最初の頃に比べれば、多少は小説っぽくはなってきたかな。
書き続けるのは力なり。

まだまだ続きますので、
シンイチの旅を見守ってやって下さい。
posted by おおおかとしひこ at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

人はそんなにたくさんを認識、記憶できない

リライトでよくある過ちは、
「設定を増やしてしまう」ということだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:59| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自ら行動するのが難しければ、呼び水を

という手もある、という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:13| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

【薙刀式】指使用頻度の左右段差

薙刀式は、
左手が中上段重視、
右手が中下段重視と、
左右の頻度のある段が異なっている。

これは、「キーが左に傾いている」からだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:24| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感情移入と共感と商売

久しぶりにエゴサしたらこんなものを見つけたので。
https://mobile.twitter.com/nagamiyukito/status/1074178371565699072

面白いストーリーを書くことと、
ストーリーを書かない人が売れるストーリーを書かせることは、
異なる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挿入の難しさ

「このあとは良く出来てるから、このままにしておいて、
この前に○○だけインサートしておけばいいんじゃないか」
というのは良くあるリライト時の判断だ。

ところがこれがほぼ必ずうまくいかない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

分量を増やすことの難しさ

脚本の世界では、昔から「増やすやり切る方が簡単」
と言われてきた。
「だからいっぱい書いて切りゃいいのさ」なんて安易に言うけれど、
切る辛さを知っているから、
そんな簡単に言うんじゃねえよとずっと思っていた。

で、現在「増やす辛さ」を味わっている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】「てみて」と「しかし」の運指

ABの二連接を考える。
ABとBAが同程度に出現する組み合わせは、わりとレアだと思う。
仮にこれを二連接対称頻度ということにしよう。

その中でもよく使われ、しかも連続するのは、
「てみて」「しかし」ではないかと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

カロリー

昔の歌、70年代や80年代の歌は、
カロリーが半端ないと思う。

クールとか省エネを知らなかった、
拡大すること、パワフルであることが正義であった、
エネルギーの無駄遣いこそが音楽である気がする。

クイーンの音楽もそうだ。
どれだけこの数分間にエネルギーを費やせるか、
そのカロリー勝負のような気がする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

極端にする

一方に尖らせる。
そうすると逆方向もはっきりする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】キー入力を改善するファクター(この二年でやったこと)

これまでのまとめをしておく。

キー入力を改善するには、さまざまな要素がある。
いいキーボードを買う、配列を変更する、
などが直感的に考えられるものだけど、
細かいファクターがもっと沢山ある。
それのどれがあなたの指や環境に合うのか、
どの程度の効果があるのか、
「人次第」であるように思う。

以下に、それぞれのファクターを整理してみる。
あなたの入力改善(効率化、スピード化、疲れない)の、
参考にしていただきたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:55| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

梗概を縮める練習

梗概を書くのはとても勉強になる。
まったく知らない人に自分の書いたものをプレゼンすることであるから、
自分が何を書いたのか、客観的に把握できていないと書けない。
で、さらに言うと、その梗概を縮めてみる練習は、
とても役に立つ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】僕の指は17mmキーピッチがベストだった

17mmキーピッチのパンタグラフキーボードを試しに買ってみた。
あれ?今までの運指の苦しみが全然ねえぞ?

なんだ、俺の短い指は、19mmのフルキーボードに、
そもそも向いてなかったんじゃねえか!

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:26| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

新連載表紙で掌をこちらに向けると打ち切り説

というのを発見した人がいて、なかなか面白かった。
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/52059459.html

お芝居と物語性で、これを論じてみたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考え抜け

今回の瞬騒動で暴露されたことは、
バカな脚本家は考えが浅いことだ。

性差別を除くポリコレをやろうとして、
逆に自分の中の性差別(なよっとした優しいのが女)を、
浮き彫りにしてしまったことだ。

そしてネットの時代、
それよりもわかっている、頭が良く、ユーモアもある、
集合知であるところの「一輝姉さん」に、
全然負けて、フラットに比較される。

僕は恐らくネトフリ版聖闘士星矢を見ることはないが
(予告がダサいから)、
見たとしても一輝姉さんを見たかったなあってなるだろう。
だってそっちの方が面白そうだもん。

脚本家は考えぬくべきだ。
知るべきだ。調べるべきだ。
それが足りない脚本家は、死んだ方が世の中が良くなる。
脚本家が尊敬されるのは、才能があって、かつ良く分かっているからだ。
posted by おおおかとしひこ at 07:30| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じゃあ、ビジネスってなんだ

ポリコレと瞬と、物語ビジネスについて。東洋経済オンラインの論調。
https://toyokeizai.net/articles/-/254905?page=3
前半は間違っていないが、
結論は「だったら新しい時代にあうオリジナルアニメをつくれ」
だと思う。

その投資をしないで、
かつてのヒット作神輿をかつぎだし、
その神の内容を理解せずに改変するとは、
宗教戦争になってもやぶさかではない。

神を持ってくるなら神をそのまま出すべきだ。
時代に合わせるならば、その時代の神のあり方の中で、
ベストを出すべきだ。
Xメンからヒットを連発したマーベルスタジオは、
それを分かっていたし、今回の瞬騒動は分かっていない最低の出来だ。

都合よく客を呼んできて、
オリジナルの神を作ろうとしないその安易さこそ、
我々観客がずっとノーを言い続けているもので、
僕がもう邦画に期待しない「ビジネス的」考え方だ。

映画ビジネスは、神を作るビジネスである。
私たちは神がかった何かを見るために金を払う。

我々が何故激怒しているか、何に喜ぶか、
ビジネスマンはかつて観客だった自分を理解した方が良い。
posted by おおおかとしひこ at 06:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】3万字原稿のリライト作業

全部で12万字程度の小説原稿の、
冒頭3万字程度のリライト作業を、
薙刀式でやってみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

エキゾチズム

聖闘士星矢の件について、
脚本的なフィードバックを考える。

エキゾチズムはそれだけでなんかやった気になる、
ということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついでに予告編を見た(ネトフリ版聖闘士星矢新作)

こりゃ、つまらんわ。
ジャリ番じゃねえか。

瞬を女にまでして作るからには、
Xメンなみのきちんとしたシナリオ構築を望むが、
その規模ではなさそうだ。
レベルが低過ぎて、怒った俺がバカだった。

少女を守る鍛え上げられた戦士、
秘宝を巡る戦いというテンプレ(敵はナチス風でしょどうせ)。
たぶんバットマンビギンズでも同じテンプレ。
それに聖衣と必殺技とコスモのふりかけをかけただけの、
テンプレのガワだけ交換した、
パチンコ風魔みたいな間に合わせ作品になりそうだ。

東映はいつになったらマーベルのようになれるんだ?
このままじゃ日本のアニメは食いつぶされて終わりだぞ?
新作が生まれてないんだから。
posted by おおおかとしひこ at 12:25| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リライトの時、キャラが勝手に喋る現象

に遭遇した人はたくさんいるだろう。
ストーリーの後半では、
キャラが勝手に動き出すことはとても良くあることだ。
そのキャラが掴めてきたとか、
そのキャラが自分の分身になってきたとか、
そのキャラが自分の分裂した自我として定着した、
ということになるわけだ。

一回書いておしまいならそれは役に立つ。
ところが、リライトをしようとする時、
これは邪魔になる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語は快楽であって、政治ではない

瞬の件の続き。
僕の怒りは、
快楽原則で書かれ、快楽原則で受け取られるべき物語が、
政治的事情で改変されていることに腹が立ってるのだろう。

「瞬が女になったことで、快楽が増した」
ことになったらお前の勝ちだ。
聖闘士星矢がこんなに面白くなるなんて!
と俺たちを驚愕させ、感心させてみろ。


今テレビが詰まらないのは、
政治的横槍によって、快楽が減じられているからだ。
昔は番組タイトルにいくつ「過激!!」が付いてたと思うんだ。
ヅラいじりやおっぱいポロリぐらいやれや。

人の快楽は、残酷さとペアだぞ。

物語は政治から自由になるべきだ。
残酷になるのも、快楽を得るのも自由だ。
政治的なことは、政治でやりなさい。
posted by おおおかとしひこ at 02:47| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おまえなんもわかってへんな

風魔カテゴリかも知れないが、脚本論に絡むので、
脚本論記事で。

聖闘士星矢再アニメ化がアメリカであるという。
瞬が女にされたそうだ。
はあ?

じゃあ麗羅と霧風も女にする?
バカじゃねえの?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

【薙刀式】各国のキーボードレイアウト

を比較してみることのできるサイト。
DCSプロファイルキーキャップのサイトで、下の「SELECT LAYOUT」で、
US/UK, Nordic, French, Germanの4種を比較できる。
https://mionix.io/keycaps-ice-cream

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:40| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】谷型キーボードのススメ

キーボードは山形がいい、なんてこれまでエルゴノミクスで言われてきたけど、
逆の谷型の方がいい、という説を出す。
現在の僕のNiZの物理セッティングはこんな感じ。
WihiteValley1.jpg
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:37| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムードの練習2

短編のいいところは、何本でも書けることだ。

長編は一ヶ月(人やモノによっては年単位)かかるし、
短編なら5分でプロット、30分で執筆、
なんてことも可能だ。
「今日はプロットを出す日」と決めて、
「10本出るまで終わらない」とすれば、ストックは溜まり続ける。
(うち7割はゴミでも、上澄みの3割は使い物になる)

ムードの練習のつづき。
あるムードで作ったプロットを、別のムードで書けるか?
という実験。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:42| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする