2019年01月19日

【風魔】映画刀剣乱舞を見てきた

風魔からはじまった東宝の2.5次元ビジネスが、
なんだか完成形を迎えたようだ。
鈴木拡樹、主演おめでとう。
いまやiPhoneの変換でも鈴木拡樹が第一候補に出るねえ。

東宝だし、
タカラヅカでやったほうが面白そうな内容だなあ、
と思いました。


これは風魔カテゴリの記事。
映画批評は脚本論カテゴリにて。
posted by おおおかとしひこ at 23:45| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】タイプウェル微更新

カタカナ、漢字を半秒ほど更新。
常用SC カタSI 漢字SD 慣こSH
総合SE。

慣用句はミスしたときのリカバリーが課題。
何文字前のミスなのかわからなくて、
結局最初から打つ事が多くて、結果遅い気がする。

配列変えて間もないときにこれだけ行けば、
慣れればもっと速くなる、かも。
posted by おおおかとしひこ at 19:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒頭の伏線が、解決の瞬間と関係するようにせよ

おそらくこれが理想。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪貨は良貨を駆逐する

売れることと、評価されることは、どちらが大事だろう。

ドラマ「風魔の小次郎」は、評価されているが売れていない。
AKB商法は、売れているが評価されていない。

商売人がやることは、どちらがいいのだろう。
商売だから利潤追求は是だが、
社会的に評価のないただの金儲けは是なのだろうか?
歴史的にユダヤ人が嫌われたのは、
評価されない(汗を流さない)金利商売をしたからだ。

評価されるものをプッシュして、
そして売れることがもちろん理想だ。

今、フロントには、
売れることしか考えていない悪貨ばかりが並んでいて、
良貨がなくなってしまったように見える。
そして、良貨を知らない人が悪貨だけをみて、
「これはこれよりまし」というような事を言っているように見える。

こまった。


あなたは売れたいか?
それとも評価されたいか?
どちらかを選ばなければならないとしたらどちらか?

作品を買ってきて棚に並べる人(プロデューサー)と、
作品を作る人(監督)が、別の仕組みになりすぎたことが原因かもしれない。
同一人物による自主制作なる同人は、盛況にみえる。
システムがおかしなことになっている。
posted by おおおかとしひこ at 14:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

【タイピング腱鞘炎】左肘付近のストレッチ

僕は左薬指の使いすぎが原因と思われる、
腱鞘炎に苦しんでいる。

痛む所は、左手尺側主根屈筋が中心で、
そこと接続している、上腕三頭筋内側、肩あたりが痛む。
一番ひどいのは、
肘を中心とした部分で、野球肘と同様の感覚である。

それを伸ばすためのストレッチ。
同様に苦しんでいる人がいたら、参考にされたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:26| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害

障害が多い方が燃える、という。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】暫定v11(テスト中)

寝て起きたら脳内で色々組み変わって、
新しいアイデアになるのは、配列もおなじ。

以下のようなバージョンを試すことにした。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:23| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ正義の炎上をするのか

「間違うと怖いから、絶対正しいことなら言っても安心」
だからだと、鴻上尚史が書いてた。
なるほど。何か大声を出したいのだが、
間違うことが怖いのか。
人の動機は時に恐怖であったりする。

間違ったらごめんなさいって言えばいいのに。

間違ったらダメな社会より、
間違ったら直せる社会になるべきなんじゃないのか?
posted by おおおかとしひこ at 01:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

【薙刀式】あちらを立てればこちらが立たず

配列作りとは所詮整数組み合わせ最適化問題なのだが、
あちらを立てればこちらが立たず、
という問題で悩んでいる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:43| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つくりこみ

ストーリーを作り込むということは、
どういうことだろうか。

僕は、オリジナルな構造のことだと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

【キーボード】iPadのキーボードカバー2万もすんのかよ!

だったらhhkb買った方が圧倒的じゃね?
いや、だったらNiZ買うべきでしょ!

静電容量式は同じ。スコスコ感最高。
押下圧は35gでhhkbの45gより軽い。(付属バネで45も可)
矢印キーついてる!
MX軸対応なのでキーキャップ交換可能!オシャレで差をつけろ!
Bluetooth、USB接続両対応!「かえうち」もいけるぜ!
キー配置はプログラマブル!
(単打とFnとの同時押し、計二面をプログラマブル。
Fnキーの位置を動かせない以外は、マクロも組めます)

NiZ Plum 75(ファンクション段あり)
NiZ Atom 66(ファンクション段なし)
がオススメモデル!
価格はhhkbより5000円以上安い!

結局iPad入れ兼キーボード入れも買うことになるけど、
iPad+ NiZはわりと最適解では?

(日本語入力に気を使う人は、SurfaceのほうがDvorakJも使えておススメです)
posted by おおおかとしひこ at 23:50| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】現在のエンドゲームキーボード

いまはこんな感じで打っています。
DSA1.jpg
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:32| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】僕はDSAプロファイルが向いているかもしれない

気になって、DSAプロファイルのキーキャップを買ってみた。
これ、いいかも。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターを生かしたストーリーの作り方

キャラがストーリーに先行してあることは、
とても良くあることだ。

キャラを思いついたが、ストーリーが思いつかないとか、
既存のキャラを使いまわしたいとか、
原作もののアナザーシナリオを書かないといけない場合とかだ。

そういうときに使える方法論。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:31| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ファンクションキーって日本語入力に使う?

僕は全く使ったことないので、
「ファンクションキーがないと日本語入力に不便」
と言う人の意味がわからなかった。

で、使っている人の生の声を拾えた。
「F2、7、8、10」を使うんですって。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:27| Comment(4) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

貴種流離譚

昔から、物語の一つのパターンである。
なぜ人気なのか、分析してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】EAの運指に悩む

この運指、速いのか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:17| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自作キーボード】なんで全てのキーは同じ大きさなん?

小指のキーが小さくてもええやん。
中指のキーだけ4段あってもええやん。
人差し指は器用だから、
小さくて細かいキーを10個ぐらい担当してもええやん。

全部同じキーの大きさで、全部の指が3段なんて、
頭固すぎひんか?
せっかく自作するのに、
そんな昔の工業製品の枠に収まってどうするんや。

まだアイデアはない。
しかし画一的すぎる自作たちを見た感想。
「指で扱うデバイス」なんだから、
Perkyの先駆性を見習えばいいのに。
posted by おおおかとしひこ at 00:13| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

【宣伝上げ】てんぐ探偵第六章「鞍馬へ」スタート!

「鞍馬天狗に、剣を習いたい」。
シンイチは光太郎とともに、天狗の山をめぐり京都・鞍馬山を目指す。
そこに待ち受ける、各地の心の闇とは。
6章表紙.jpg


今週より再開します!
posted by おおおかとしひこ at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自作キーボード】リアル遊舎工房してきました

人がざわざわしていて、静かなブームを確かに感じる。

実際に行った理由は、押下圧20gのバネを触りに行くため。
うん。全然この軽さで十分!
NiZの35、リアフォの30を下回るキーボードを使ってみたい。
ないなら作るしかないと。

Kailhロープロのキーキャップがあんまり気にくわないので、
20g押下圧を中心に色々と考えて、
デビューしてみようと思いました。
色々調べるところからだな…
posted by おおおかとしひこ at 18:07| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッキーはタオルを投げるべきではなかったか(「クリード2」批評4)

ロッキーの内的問題は、
アポロのセコンドについた時、
「タオルを投げずに、アポロを殺してしまったこと」だ。

これの解消が行われていない。

以下ネタバレ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完成というのはいつ決まるのか

これはとても難しい。
「あなたの思うようなものが出来たとき」
が完成ではない。
それはあなたの自己満足だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】暫定v11

「せ」を「ひ」と入れ替え、単打に出すことで、
割と楽になった模様。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:49| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

ほんとのことを言っていいのは、数学だけらしい

社会学も歴史学も法学も、
忖度が存在するからだそうだ。

日本人がバカなのは、数学やってないからだな?

つまらない映画はつまらないといえるし、
面白い映画は面白いといえるぞ。
posted by おおおかとしひこ at 14:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】書くこと

posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳が聞こえないことがそんなにマイナスか?(「クリード2」評3)

気になったのは、
「耳が聞こえない」ことを逆境のひとつとして扱うのは良いが、
多様性がこんだけ叫ばれている中、
「ただの嫌な、差別するべきもの」
として扱われていたことだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故ぶつ切れが起こるのか

脚本の問題で良く起こる。
「クリード2」でもよく起こっていた。
何故、すぐストーリーはぶつ切れになってしまい、
流れるように進まないのか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕はダンガルを見てしまったから(「クリード2」評2)

ダンガルを見てなかったら、
もう少し燃えたかもしれない。

ダンガルは、全ての微妙なロッキー風映画を陳腐化した。
クリード2見るくらいなら、
ダンガルを見なさい。

これを超えないと、僕は認めない。
posted by おおおかとしひこ at 00:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動機の弱さ(「クリード2」評)

周りは万全のお膳立てだったのに、
真ん中が全然ダメだった。

映画としては中の下か下の上どまり。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

【キーボード】遊舎工房さん開店おめでとうございます

明日の初日に行きたいですが、
仕事の都合で明後日になります。

キースイッチをリアルで触って比較したい。
NiZの感触に匹敵する何かがあるかどうか。
バネを変えれば押下圧を変えられるところまでは学んだ。
miniAxeが委託販売されていればラッキーだなあ。
posted by おおおかとしひこ at 20:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする