2019年04月30日

【日記】平成最後に自分の代表作を貼る

【ドラマ】風魔の小次郎
【映画】いけちゃんとぼく
【CM】クレラップ
【キー配列】薙刀式

最後のやつが異常。笑
あと【小説】を令和では頑張るかもしれない。
posted by おおおかとしひこ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】配列は言語に影響するか

tkenさんが面白いことを言っていて、
僕は全然あると思っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:04| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転び方3: 評論家も人である

傷つき方、治り方のシリーズ3つめ。

ボコボコにされたとき、
「誰に」言われたかを問題にする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

転び方2:承認欲求と自己実現

そもそも、創作に手を出そうというのは、
現実に恵まれてないからするのだ。

自分幸せ!これ以上何もいらない!
みんなに幸せを分けてあげなくちゃ!
という人は創作などしない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:55| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

【薙刀式】物理キーボード!

といってもErgoDoxにデカールだけど。
実際に作った人がいる。
http://www.dcc-jpl.com/diary/2019/04/28/dktswh/
印字があると、とたんに公式のように見えてくる不思議。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:56| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転び方1:自分の思いつきはオリジナルか?

転び方をいくつか書けたら、と思う。

一番ありそうなことから。

自分が最高と思ってたのが、そうでもないと知る。
それはひどく傷つく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:46| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】親指シフト系列まとめ

親指シフト方式を採用した配列は、
実はたくさんある。

もちろん元祖富士通の親指シフト
(ニコラ配列。断りなく親指シフトというときはこの配列)
がオリジナルだが、
これが
「親指二本を同時打鍵キーとして使い、
単打とシフトを打ち分けて、約30キーの中にカナを格納する」
という親指シフトキー方式の、
ベストのカナの並びとは考え難い。

みなさんそう考えたのか、
親指シフト方式を採用して、
カナの並びだけを変えた、
親指シフト方式の配列バリエーションは、
わりとたくさんある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:15| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

転び方を教えてくれる人は少ない

歩き方がまだわからない赤ん坊に、
どうやって歩き方を教えるべきか。
手取り足取りか。
歩き方だけでいいだろうか。
転び方や、起き上がり方も重要ではないだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】音と意味

言葉はかつて音だけだっただろう。
そのうち文字が生まれた。

思考は音でなされるのか、
文字でなされるのか。
これは人によって異なることがわかりつつある。
僕は文章を書くとき、
脳内発声がなく、文字(または意味)で考えている。

で、久しぶりにカタナ式で5000字くらい書いてみて、
ローマ字の音が、僕にとってすごく邪魔なことを再確認した。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:38| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

【配列】1アクションで1音節打てる同時打鍵ローマ字、Harmony配列

ついに自作キーボードかつ自作ファームウェアの、
先進的な配列が登場した。
その名はHarmony配列。
https://github.com/bottilabo/harmony-keyboard-layout

同時打鍵ルールは、
https://github.com/bottilabo/qmk-romaji
に詳しい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:16| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】【速報】QMK実装に成功

物語を書くための配列カタナ式、
自作キーボード版出来ました。
ハードウェア内にカタナ式が入っているので、
キーエミュレータなしで動くすぐれものです。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

【風魔】村井が夜神月だって?

どういうことやねん。
しかもデスノート…ミュージカル?
ストーリーは破綻せずに完結するのか?
Lが死に、月も死ぬようなエンドに改変したりしてるのだろうか?
ハッピーエンドでなくビターエンドなのだろうか?
一本の話としての構成が気になる。

まずは実力と人気を買われての起用と思おう。
おめでとう。
乙女達にキャーキャー言われてしまえ!
posted by おおおかとしひこ at 22:02| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【QMK】全角記号に苦戦中

編集モードの全角記号さえ出力できるようになれば、
カタナ式キーボードは完成、というところまではきた。

しかし、これが難しいっぽい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:34| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーとは「成し遂げる」こと

昨日中条あやみのドラマを流し見しながら思ったこと。
もう日本のドラマは、ストーリーなんていらないんじゃないか。
中条あやみがカワイイかどうかしか見て居なくて、
ストーリーを見ていない可能性がある。

それは、日本が「何かを成し遂げることが出来なくなってしまった社会」
に突入したことと、
軌を一にするのではないだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:21| Comment(12) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたしにはばらつきがある

僕が数をやれ(数をやるには具体的には短編を沢山書くこと)
と時に触れていうのには色々な理由がある。

そのひとつに、
「わたしにはばらつきがある」
と理解することがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目的の難易度

僕は大田区民なのだが、選挙ポスターの一覧を眺めていると、
難易度が高すぎる目的(マニフェスト?)があることに気づく。

「城南地区大田区を国際都市へ!」

目的を書き慣れていない人は、
「どうやって?」が分からない、
「達成の瞬間」が分かりにくい、
大袈裟な目的を書きたがる。
(マウントを取ることが目的なのだろうか)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:41| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

【QMK】単打と押しっ放しの実装

キーコードLT(layer, key)は、
「単打でkey、押しっ放しでlayer」を想起させるが、
そのようには作動しない。
しかしそうするように設定を書き換えることが出来る。
そのメモ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結節点

「この一点さえ突破できれば、
さまざまな謎が解け、すべてのことが解決される
(あるいは進展する)」
というポイントを、
ストーリーの結節点と呼ぶことにしよう。

一点に集約されるイメージだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラソン

一日で書けない量の原稿を書くときは、計画がだいじだ。

逆に、一日で書ける量を知っておこう。
僕は1万5千字(シナリオなら40分相当)が限界だと思っているが、
世の中にはもっと書く人もいるかもしれないので、
そのへんは限界を知っておくと良い。

で、それ以上の文章を書くときは、
どういうペースで行くと良いか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

【自キ】半田吸い取り線にフラックス超大事

半田吸い取りが苦手な人へ。
フラックスを活用しよう。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:51| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】どんな裏があるというのだ

人間と人間の社会を考えることは、物語を作る基本である。だがしかし。

山口NGT卒業公演を、メンバー不参加で開催だという。
こんなあからさまないじめ、見たことないわ。
ほんとに21世紀なのか今?

裏があるとしか思えないが、馬鹿のやることかもしれない。
あまりにも不可解で、JFK暗殺より謎だらけだ。
歴史の世界線が改変された瞬間にでも立ち会っているのだろうか。
posted by おおおかとしひこ at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劣悪なキーボードを使うな

昔のキーボードを引っ張り出してきて、
その劣悪さに驚愕した。
緊急に警告する。

あなたが数を書き、たくさん練習し、
物書きをするならば、
劣悪なキーボードを使ってはいけない。
今すぐ手書きにしなさい。

具体的にいうと、
2万円以下のキーボードを使ってはいけない。
2万円以下のキーボード(ノートPCのキーボードも含む。
唯一MacBookはちょっとまし)は、安い文房具以下の品質だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長子は不具合を持って生まれる

母親の胎内に溜まった毒が出るから、
次男次女以降の方がするっと作れて健康、
なんて俗に言われたりする。あくまで俗説。

ものづくりも似たところがあるのか、
大抵「一つ目に作ったもの」には不具合があり、
二つ目以降に作ったもののほうが、
こなれていることが多い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】全音のQMK実装に成功。

QMKと格闘しながら、なんとか50音はファームウェアに焼けました。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:17| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

【薙刀式】もちろん

新下駄配列で「もちろん」が良くない運指であることを知り、
意外な気持ちなのだ。
https://mobile.twitter.com/camisoulmax/status/1119832427856162819

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】常時掴んで打つ木製親指キー!

また新造してみた。
五代目にしてようやく「常時掴みながら打つ」ことが実現したと思う。
親指5-1.jpg

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:03| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「書く」という参入障壁

自作キーボードのほうで面白い話があって、
「半田付けがある程度の壁になって、
民度が一定に保たれている
(へんな輩が来なくて相手しなくていい)」
の発言は面白いと思った。

脚本も同じで、書く人と書かない人は大きく違う。
ここは書く人のための議論だと思っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内圧を高める方法

執筆途中や、プロットを考えているとき、
どうにも進まないときが多い。

それは、創造のエネルギーが足りていないのだ。
しぼんだ風船からは何も出てこない。
内圧を高めて、吐き出しやすくしよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

4つの山と4つの焦点

山に至る時、可及的速やかに対処しなければならない、
「あれはどうなるのか?」が存在する。
それを焦点という。

4つの山があるってことは、
4つの焦点があるってことだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:47| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする