2019年07月03日

途中の作り方

ストーリーはスタートからゴールまでの謎解きだ、
と言うことはわかったとしよう。
じゃあその途中はどう作れば良いか?



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「間を取れないか」と作ったものは「間を取ったもの」になる

すごく当たり前のことなんだけど。

尖ったAとBの要素があるとする。
共存はするべきではない。
どっちかですね、なんて他方を切り捨てる要望を出すと、
どっちも捨てられない人が「間はあるのか?」
なんて聞いてくる。

「ありますよ。間を取ったどっちつかずになりますが」
と結果を予言することにしている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:36| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

ストーリーとは基本謎解きなのだ

謎解きというと、ミステリー系を想像してしまうかもしれない。

犯人やアリバイの謎解き、
あるいは隠された秘密を暴露して世界の見方が変わること、
彼や彼女の真意が明らかになる瞬間。
ミスリードとどんでん返し、
伏線と解消も、謎と謎解きともいえる。

しかしこれは根本ではなく、枝葉である。
ストーリーはもっと根源的なところに謎解きを持つ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:22| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

恋ひたる辻占煎餅

ツイッターで見て爆笑し、いずれ泣いてしまった。
ちなみにフルバージョンを貼っておく。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26009297

なぜこんなに心に刺さるのだろう。
古文は「身もふたもない」からではないかと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものを作ったことがない奴の考えたものづくり

腹が立ち、爆笑し、悲しくなった。
こうやってものが作られるという誤解が広まっている。
https://mobile.twitter.com/manabu_hirata/status/1143079005119119365

裁縫とか料理とか米作りとか道具作りとか、
してみたらいいよ。
日本の悲劇は、便利になった生活の代償として、
ものづくりの経験を深くしていないことではないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘のレベル

物語は嘘であるが、
その嘘の粒度というか、階層を決めておくこと。
そうでないと混乱する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする