2019年12月10日

【キーボード】HHKBユーザーミートアップ3、行きます

これ持って、自キ勢として殴り込みだぜ。
C6CC6991-1793-40DF-898E-AA1E1009C69D.jpeg

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:41| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】HHKBフラッグシップモデルチェンジ

BT/USB接続両対応
TypeS対応
墨、白、US、JIS、無刻印対応
は、よくやったと拍手。

さらに、キーマップ変更可能だと?
https://happyhackingkb.com/jp/products/hybrid_types/

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーと設定の違い

時間軸があるのがストーリー、
ないのが設定。
設定は、「これまでこうで、いまはこう」だ。

ストーリーとは、その設定のもとに、
「何をしたか」「その反響は何か」
で記述される。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうすればアナに感情移入できたか(「アナと雪の女王」評3)

ダブル主人公のエルサとアナ。
エルサにはアイデンティティ探しという動機がある。
アナに動機がない。
だから感情移入しづらかった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】目標は手書きより楽になること

僕が足掛け3年もかけて、
キーボード入力の改善をしている理由は何だろう、
と俯瞰してみると、
「手書きよりキーボードが苦痛」という一言に尽きると思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:54| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

何故点Pは動くのか

なんと点Pを固定した勇者が現れたという。

「世の学生のために...二度と動くな」 アロンアルフアで「点P」を固定する勇者が現れる
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17500937/

あくまでネタとしては面白いが、
点Pが嫌いな人が思うほど多くてびっくりした。
この理由を、物語論的に解釈してみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】自作キーボードadvent calendar2019にしてほしかったな…

自作というと自分で設計しないといけない、
みたいな余計なプレッシャーを与えることになるから、
キーボードに関することならなんでもいいんだよ、
という意味でキーボードadvent calendarに名称変更したのは、
よく分かるのだけど…

感想を拾えなくて困る。
去年までは#自作キーボードで大概感想は拾えたのになあ。
昨日の親指記事は既に400UUが読んだけど、
どういう影響を与えたのか知りたい…
posted by おおおかとしひこ at 14:06| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少しファンタジー風味がきつかったか(「アナ雪2」評2)

良く良く考えてみると、
ベタな構造で新鮮味がなかったね。

以下ネタバレ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】【自キ】QMK薙刀式の移植改造ガイドが。

eswaiさん自身の解説が!
http://eswai.hatenablog.com/entry/2019/12/09/001009

やばい全然わからん…
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:53| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Do the next right thing(「アナと雪の女王2」評)

アイデンティティ探しは、
たしかに1で追求しなかった要素だ。
うまい鉱脈を探してきた。

ターミネーター2並みの、
完璧な接ぎ木だった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

字書きと絵描きでペンの持ち方違う説

非常に興味ぶかい。
https://mobile.twitter.com/2saKae5/status/927204135178555405

ちなみに僕は両方やるが、
字を書くときと面相筆、小筆は中指支え、
大筆や平筆のときは薬指支え。

無意識に使い分けているようだ。
タイピングにもいくつかスタイルがあるので、
ペンでのこれはとてもよく分かる。

違う使い方なのに、同じ物体を使っているのも興味ぶかい。
異なる使い方の間で、共通言語がないかも知れないのに。

タブレットメーカー、ペンメーカー、
そしてキーボードメーカーは、
これらのことを把握してるだろうか?
posted by おおおかとしひこ at 20:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】手を浮かしたほうが、押下圧が軽く感じる

という発見をしたので、メモしておく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:18| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設定、目的、ストーリー2

逆に、目的のない設定を見てみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:05| Comment(5) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】親指キーはそれでいいのか?

この記事はキーボードAdvent Calendar2019その2(https://adventar.org/calendars/4332
の12/8の記事です。


ずっと疑問に思っていた。
「親指キーはそれでいいのか?」と。

親指は他の4指とは違う角度についている。
人差指から小指までは同一平面についているが、
親指は斜めに出ているではないか。
なのにふつうのキーボードは、親指を4指と同様に扱え、とでも言わんばかりだ。

この記事は、
hhkbを使っていた僕がスペースキーの角度に疑問を持ち、
自作キーボードに入門して3Dプリントキーキャップをつくるまでのお話です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:03| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

【薙刀式】私家版4

また変更した。左薬指をさらに下げる。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:25| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設定、目的、ストーリー

面白い話は、設定もストーリーも面白いものである。

設定が面白くないストーリーは興味が持てないし、
設定だけしか面白くないストーリーは出落ちだ。
両者は両輪である。

ところで、それ以外の面白さも「面白い」
の中に入ってきてしまうことがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】バビロン続報

小型のminiAxe用は完成。

コルネ(cherry、chocとも)、
helix(5行、4行版とも)およびpico、uzu42、
その他横6U×縦5Uのキーボード対応の、
中型トレイが出来たら全部発売します。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

内容と文体

たとえば昔の小説を読むと、文体がしんどくて古いと感じることがある。
内容はどの時代にも共通の、人間の本質的なことにも関わらず。

映画もモノクロだったり、録音が古かったりすると、
そんな感じがしたりする。

面白い例を見た。
1996年のデジカメには平成初期の景色が写る
https://dailyportalz.jp/kiji/photo_like_early_heisei

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】ジライヤが戸隠流宗家に?!

戸隠忍者のことが知りたくて、戸隠忍者村行ったなあ。
(ちなみに甲賀忍者村の、ミス忍者村が知り合いにいます)
そこで買った「忍者入門」はもちろん宗家初見良昭氏の筆だった。

初見氏は昔から忍者の本を沢山書かれていて、
いくつかの古武術のビデオも見るくらいには、
僕は武術マニアだ。
なのでジライヤもわりと武術家目線で見ていた。
武術家目線で見ると特撮アクションは詰まらなくなるなあ、
などとその時に気づいたものだ。
東映アクションはやっぱスパイダーマンくらい弾けないとダメだね。
その後この路線はなかったことになり、
ウィンスペクターやエクシードラフトなどのメタルヒーローへ戻るけど、
僕は宇宙刑事派だったので、
いまいちだったなあ。

で、そのジライヤの俳優が戸隠流を継ぐとは、
どんなニュースやねん。
祝後継者誕生。
OPの、「闘うのさお前の弱さと 若さの剣を唸らせて」
の所が大好きです。
posted by おおおかとしひこ at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喪失と再生

映画やドラマではよく人が死ぬ。

現実で人の死に直面する機会はほとんどない。
老人の穏やかな死に付き合う程度で、
映画やドラマのような死に付き合うことは、
平和な日本ではレアだ。
つまり、多くの人にとってリアリティがない。

じゃあなぜフィクションでは人が死ぬのか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:30| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

【薙刀式】手首を浮かすと速くなる

ということはこれまでの経験でわかっていた。
バビロンを使うのは、この為なのだ。
ちなみにさらっと測ってみたら1460文字/10分がでました。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】撫で打ちのこと3

撫で打ちにせざるを得ないのは、
僕にとってキーボードが広すぎるからではないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必然性を高める

毎度毎度めんどくさがるキャラがいるとしよう。
毎度毎度言わせてみるとよい。
「え〜それやる意味なくな〜い?」と。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】打ち下ろしと撫で打ちの比較

今日一日打ち下ろし法で打ってみた。
評価打鍵1万字程度。

結論からいうと、撫で打ちの方が疲れない。
(ただし慣れない打ち下ろしによる、余計な疲れの可能性はある)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:48| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

【自キ】忘年キーいきます!

あと12/10のhhkbミートアップもいきます!
忘年キーではLTもします!
配列の話か、親指キーの話か、バビロンの話をします!
posted by おおおかとしひこ at 14:22| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題、解決、障壁2

なぜこの順で書くかというと、
これが作る順だからだ。
実際には、問題の提示、障壁のクリア、最終解決、
の順でストーリーはすすむ。

で、障壁のことを考えてみると、
この中が入れ子構造になっていることに気づくだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある情報を伏せたまま続ける

わざとやるテクニックのひとつ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

【薙刀式】撫で打ちのこと2

指を立てるか寝かせるか、
よりも僕にとって大事なことは、
「指のどこでキーに触れるのか」かも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:49| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題、解決、障壁

この順でつくると間違いがない。
なかなかそうはいかないのだが、理想の作り方を書いておく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

【薙刀式】撫で打ちのこと

RTC2019での手元を、会場で撮ったと思われる、
横からの短い動画を見た。

ああ、割と上から突き刺すように打っていて、
僕の物理的運動と違うぞ、ということがわかった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:19| Comment(4) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする