2020年06月17日

願望を形にしたものはポルノである

仕事でVRムービーをたくさんみたのだが、
キツイわこれ。

「イケメンたちが私(女)を取り合う主観もの」
企画の多いこと多いこと。
これ、AV女優がおれのちんぽを取り合うVRAVとどう違うのや。
つまり、
「その欲望のない者がその欲望の実現を見ても、不快」
ということだ。

で、じゃあ「その欲望がメジャーなところを狙って作る」
のがマーケティングだって?
ちがうな。それは飽きられるし、すでに見たすごい金かかったやつに負ける。

わたしたちは、新しい欲望をつくらなくてはならない。
企画の根本の話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

【薙刀式】40gシリコンシート改造銀軸はエンドゲームじゃないかも

二日続けて打ったら、腕全体や首まで痛え…

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:31| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列動画】1音節同時打鍵行段系iPerky

最大3キー同時押しにより、
1音節を1アクションで打つ左右行段系。
母音とア段は単打、その他は左右同時。
Phoenixカナ配列の上位互換的な配列だろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:15| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列動画】Eucalyn改

びあっこさんによるEucalyn改。

★● Ergo42 + Eucalyn 改配列での打鍵の様子
  https://m.youtube.com/watch?v=PReoKcJSlbg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も知らないで書いた方が新鮮なものが出来るのでは

なんて初心者のころは思うものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:23| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

デジタルは人を幸せにしない: 想像と現実

かねてからデジタル合成は罪だと思っている。
いや、よほど上手な人にかかればマジックなのだが、
よほど上手な人はアナログ合成もうまいわけで、
下手なデジタル合成にかかるとこうなる。

ボルシチと鍋とキメ顔
https://mobile.twitter.com/LoveFromMinsk/status/1271466536146960386

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白髪三千丈2

そもそも前記事を書こうと思ったのは、
例のクソデカ羅生門の冒頭部だけ見たからだ。

で、気になってたので全文読んでみた。
これがガワの面白さというものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

ばかばかしい(笑

クソデカ羅生門もばかばかしかったが、こんなのもあった。

意識高い系昔話『ブルー・オーシャン太郎』
http://ktzkn.hatenablog.com/entry/2016/02/01/130000

言葉を変えるだけで、プロットが同じでも手触りは変わる。
これをガワというわけだ。

なぜか最後まで集中力が持たないね。
浦島太郎は、テーマ不在が物語としての特徴だ。
ガワだけでは飽きてしまうんだね。
posted by おおおかとしひこ at 21:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】手書きの威力

夢枕獏: 時速12、3枚
(4800〜5200字、ただし30%空白を含むとして
3500字/60分前後。600字/10分)
栗本薫: 時速50枚(乗ってる時)
(2万字。同様に2300字/10分)

いずれも手書きで、ワープロ不要派。

https://mobile.twitter.com/songmu/status/1272120700321427457

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:29| Comment(4) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】自分の手の延長の歴史

はどういう感じかな、と思ってまとめてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:13| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】子供に教えるタイピングはなにがいいだろうか

何が日本語を書くときに、妥当だろうか?
ブラインドタッチ前提で考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:50| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】同じこと考えてる人がいた

お椀型がベストかどうかに、
僕と同様の疑問を持ってる人がいた。
この絵でいう下の方の曲面をつくったのが、
僕のサドルプロファイル。
https://mobile.twitter.com/417ep/status/1094622587676573698

この絵以上に僕が考えたことは以下。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:10| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素晴らしきどんでん返し(「アイデンティティー」評)

嵐のモーテルに偶然集まった人たち。
そこで起きる惨殺事件。
犯人は誰か。

こんなんわかる訳ないやんけ。
素晴らしい反則クラスの大どんでん。

これ以上情報を入れるな。
そのまま見ろ。

以下ネタバレ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:55| Comment(6) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界はそうできている

この感覚は難しい。世界観とも少し違う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:13| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

【薙刀式】スペースカデットキーボード

現在のキーボードの形はどうしてこうなったんだろう。
qwerty配列に関してはタイプライター由来だとわかっている。
しかしわからんのはその周囲の沢山のキーだ。

興味のまま調べていくと、
どうやらスペースカデットキーボードというものにたどり着く。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/スペースカデットキーボード

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:05| Comment(4) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【親指シフト】現在の有名なシフターの共通点

ごつい人が多くない?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:44| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】手の延長がエンドゲーム

武術の世界では、「武器は手の延長」などとよく言われる。
剣、槍、棒、トンファー、ナイフ、薙刀。
弓や銃の世界でも、的に手が触れる感覚になるのがベストだそうだ。

武器に使われず、振り回されず、
自分の意思を遂行するのに一切の抵抗がないように。
体の一部になり、手を伸ばすことが武器を伸ばすことと同じになるように。
ボールと一緒に寝るサッカー選手のように。

最近、その近くまで来ている。

微調整後のサドルプロファイルキーキャップが到着。
エンドゲーム感が益々増す。
211B284D-8666-41C5-957D-C03506989EA5.jpeg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】バネルブするだけで押下圧が変わるね

ギシギシ言ってるバネは、本来のスペックより重いのだ。

Kailh Speed Silverのバネはなんだか古臭い。
ギシギシ錆びた感じの昔のベッドみたいな。
バネルブをすると、たおやかで軽やかな、新鮮な若者のようになる。
押下圧にすると15gぐらい違う気がする。
(ロット差もあるかも)

ルブはrecompileさんのキースイッチベストプラクティスが参考になるよ。
https://keys.recompile.net/docs/keyswitch-best-practice/
バネルブは塩揉みや浅漬けに似ている…
posted by おおおかとしひこ at 15:22| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落ちのつくりかた

非常に綺麗な落ちを見たので貼っておく。

僕が考えたアンジャッシュの多目的トイレのコント
https://mobile.twitter.com/yamagemoto/status/1271046989258477569

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白髪三千丈

大袈裟にしてみよう。
(中国の話は、白髪が伸びた、という小さな話を、
三千丈(9000m)のスケールにするという故事から)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

触覚の話2: 加加速度

こないだこのような新しい概念を知ったので議論する。

結論からいうと、
「加加速度が0の車は、乗り心地がいい」らしい。
物語の勢いの制御の話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】いいぞもっとやれ

【検証】余ったキーキャップは、箸置きとして使えるのか
https://t-shino.hatenablog.com/entry/2019/05/26/025008

好奇心がものづくりのエンジンだ。
あり得る可能性をしらみつぶしにしていくことは、
気づいていない可能性に気づく綿密な仕事だ。
予想して検証し、思いもよらぬ真実にたどり着き、
認識を変えていくことは、
科学の真骨頂である。

自作キーボードとは、
ものをつくらない人々
(投資家とかサービス業とか、右から左に流してマージンとる人とか、
口先で仕事を受け奴隷に丸振りする人とか、
いっちょかみして上がりを掠める人とか、
人気を得て広告収入で食っていく人)
に追いやられた、
ものづくりの人々の砦だ。
posted by おおおかとしひこ at 13:16| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

【薙刀式】ピンイン入力について少し調べてみた

日本語の入力は、英語に比べれば10倍以上複雑だと思う。

変換、候補選択、文節選択伸長、確定、補完入力などをするには、
ホームポジションから遠いキーを使い続けなければならない。
(僕は30キーと親指以外のキーは全部遠いと思う)

ところで、こんなに大変な言語は他にあるのだろうかと、
視野を広くして考えてみる。

IMEというのはWindowsの共通機能であり、日本語だけが対象ではあるまい。
僕に言語学の知識があれば○○語はどうだろう、
などとすぐに検索できるのだが、
よくわからないので、中国語の入力法を調べてみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

触覚の記憶

3DCADの話なのだが、
物づくりの根本であるところの、「手の感覚」のことなので、
脚本論にて論じる。

アップル製品の角Rは曲率連続が云々のページでよく目にする比較
https://mobile.twitter.com/HighOctaneToys/status/1270334365008969728

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テヅカチャートと展開の技法

テヅカチャートは展開を考える道具として優秀だ。
なるべくダイナミックな展開を構想するときに役に立つ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:02| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

【自キ】シリコンシート仕込みスピードスイッチ

というのを試しに作ってみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:01| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】文末は右手の原則

小梅アーカイブをちょいちょい探っていて、興味深い記事を発見。

文末(。?!の前に来る2gram)の上位35がまとめられているのだが、
薙刀式においてこれらがほぼ
右手のアルペジオ、または左→右の左右交互になっていて、
びっくりした。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:44| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひねりを加える

ツイストはむずかしいターニングポイントのひとつである。
そのコツについて。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする