2020年06月09日

【薙刀式】小指が浮いてる…?!

指摘されるまで気づかなかった…

めんめんつさんの薙刀式動画分析。
https://menmentsu.hateblo.jp/entry/2020/06/09/211101

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:17| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あるある

「このプログラムを修正するより、私が一から書き直した方が早い」っていう、
プログラマあるあるエピソードを素人の皆様にも直観でわかって頂ける、
すごく良い例画像をFacebookで入手しましたので、共有いたします。
https://mobile.twitter.com/tsuchidasama/status/1270260082257715200

こういう脚本やコンテ、よくあるわ。
しかも直してる途中からかき混ぜるやつもいるよな。

そういう奴にはこうなってることは、
多分見えてないんだよな。
posted by おおおかとしひこ at 16:59| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】Blenderのbooleanがうまくいかない人へ

ふたつのオブジェクトに、
同一平面、同一辺、同一頂点、接線が存在すると、booleanは機能しない。
この仕様を理解しているかどうかが肝。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:55| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】1万字を書くときの負担

を見積もってみる。

薙刀式は1日1万字を書き続けたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:20| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケールメリット

人間一人が出来る範囲について、まず考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:51| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

【薙刀式】連続シフト率6%

(追記: 141Fさんの分析では、連続シフトで2文字出したものは、
2文字として数えて連続シフト率を出していて、
僕の計算では連続シフトの回数を文字数としていた。
141Fさんの議論と合わせるため、連続シフトで出した文字数で再計算)

最新の動画において計算してみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:49| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】タイピング速度を速くする意味

(素朴に考える)速くタイピングできたら速く書ける!
→(分析1)短距離より長距離が生産性に直結
→(分析2)漢字変換がもたつくと長距離ではかなり不利
→頭から出てくる文の蒸発を防ぐ方が大事では
(今ここ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:15| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良くないバッドエンドの例(「リミット」評)

ソリッドシチュエーションスリラー、
しかも「埋められた棺の中限定」ということで、
少し気になっていた作品。

うーむ、これでええのんか。
ネタバレありきで批評。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

【薙刀式】漢字変換という足枷

漢字変換のない、カナだけ打てば良いタイプウェル。
漢字変換を含む、和文コピー打鍵。
そしてなんでもありの自由作文、創作文打鍵。

漢字変換がどれだけカナのみのタイピングの足を引っ張るか、
めんめんつさんが計算していて面白い。
これはまさにタイピング工学。

タイピングは漢字変換でどれくらい遅くなる?
https://menmentsu.hateblo.jp/entry/2020/06/07/020424

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】NQG打鍵動画

https://mobile.twitter.com/marksard/status/1269570005244362757
格子配列一体型キーボードNQGの打鍵動画。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:17| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】キーキャップなどのまとめサイト

【自作キーボード】パーツ&キーキャップ通販サイトまとめてみた【部品】
https://fmoga.com/buildkeyboard-shop

時間が溶けるぅ〜…

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:42| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒頭の役割

冒頭にはいろいろな役割がある。
面白そうだというつかみ、インパクト、
テーマの象徴的なイメージ、世界観、ルールの提示、
主人公やメインの事件の提示などだ。

しかし、それらはすべてまやかしである。
それらはあくまでガワのことだ。
本当にしなければならないこととは何か。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

【薙刀式】最新動画アップ!

https://youtu.be/RPvdiXy3c6Q
今回の目玉は、文字の色分けをしてみたこと。
単打、シフト、同時打鍵が色でわかりやすく示されます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:01| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】、からの確定は無駄なのに

またまた薙刀式の動画を撮って、
今色々見ているのだが、
何かを打って変換、「、」確定、
の下りが結構多くて、無駄だなあと嘆いている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:56| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山の頂点には、誰もいない

芸術には独自性が必要である。
昔と同じものなんていらない。過去の名作を見ていればよい。
あなたは誰も挑んでいない山に登らないといけない。
それがオリジナリティの宿命だ。

しかし、当然のことながら、
そこには誰もいない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

【薙刀式】書くタイプには二種類あると思う

ひとつには、書いた感触を見ながら直したり、
書くことを変えたりする、泥縄型。

ひとつには、計画はすべてできていて、
それを綴っていけばよいだけの、計画型。

配列には、どちらかに向くようなものがあると思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: 新品と生活感

なにかの映画をHDのマスモニ
(マスターモニター。プロ用のフルHD非圧縮が出る)
でチェックしたときに思ったこと。

部屋が嘘っぽい。
「その人が住んでる部屋」に見えず、
「新品ばかり置いてあるモデルルーム」に見える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:20| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

デジタルは人を幸せにしない: 合成は芸術か

富士山に月を二重露光した写真がグランプリになり、
物議を醸している。
>富士山写真の最優秀賞に「合成」指摘 「満月撮れない」
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18363639/

アナログ写真は、デジタルの出現によって、
よりドキュメント方向へ特化してしまった。
つまり、生の一発撮りしか認めない方向へだ。

僕は、デジタルがアナログをそんな狭いところへ追いやったことが、
悲劇だと考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】親指シフトの罪

親指シフトの功は沢山あるけれど、
罪の結構大きなものに、
「親指シフトキーボードというハードでないと、
親指シフトという仕組みは使えない」
という先入観を植え込んだことがあると思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:53| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこで事情を挟むか

色んなパターンがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

バッドエンドの書き方

バッドエンドにもいいバッドエンドとそうでないものがある。
なるべく絶望に叩き落すのがいいバッドエンド、
「?」しか残さないのは、出来が悪いバッドエンドだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:03| Comment(7) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

【薙刀式】殆ど使わない音がある

清音はほぼ使う。これは最低でも覚えるだろう。
「ぬ」を時々忘れるくらいか。
(「ヌクレオチド」とかぱっと打てないと思う)
問題はそのあと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:39| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】無理解のおそろしさ

> ExcelつかってSUM関数がリケジョの証明なら、あたしゃ今頃フィールズ賞取った幼女ハッカーだよ
https://mobile.twitter.com/paramilipic/status/1267493322869727232
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手塚治虫の作劇法の研究

僕は手塚の中では、
「ブラックジャック」「火の鳥」「アドルフに告ぐ」「奇子」が特に好きだ。
これらには共通する特徴があると考えられる。

「立場がどんどん変わっていく」というポイントかと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

【薙刀式】空間方向の手間と時間方向の手間

どっちを面倒と思うのか、人によるのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:29| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】配列は思考に影響を与える

と僕は思っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いのちの変転(「火の鳥」書評)

手塚るみ子があまりに阿呆な表現をしたことで、
ずっと疑問に思っていた「火の鳥」をようやく再読し終えた。
(漫喫再開を待ってたよ)

大学生以来の二度目。
ものすごい傑作で、ああ、るみ子は阿呆なんだなあということが分かった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:10| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする