2020年09月30日

「ちょっと昔」の感覚

ああああああ。
https://mobile.twitter.com/niconicogalaxy/status/1307980102857191425

ちなみに僕の入社は97年。
ちょっと前の感覚だが。
なぜ時は流れるのか…

この感覚、世代間ギャップの表現に使えるな。
実際の歴史ではなく、
その世界での出来事に変換すればいいんだよ。
部活でも一年生と三年生の「前のインターハイ」の感覚の差とかね。
posted by おおおかとしひこ at 18:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本気で信じるものを映画でつくらないなら

いつもニコニコしてるとか、友達になりたいとか、
人柄で、監督が選ばれるよね。

こうやって、仕事は高スペックを捨てていくんだね。

僕はモーレツで生まれ、
バブルで頂点を目指す生き方を思春期に見て育ち、
尖りまくる90年代に創作をしまくったので、
いまの日本のぬるい作品がだいきらいだ。

ということは時代とずれているのだろう。
いいか悪いかは、正直わからぬ。
posted by おおおかとしひこ at 15:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】MJFPA12GBを磨くと象牙っぽくなる

DMM.makeのプリント素材のひとつ、
MJFPA12GB(グラファイト磨き)は、
ガラスビーズ入りのナイロンらしい。
MJFという積層のない出力方式なのでやや高い。

で、これを磨くと、象牙っぽいいい感じの質感になることがわかった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:46| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも更地につくるように

毎回思うことだけど、
新しいものをつくるときに、
なるべくハイコンテクストにしないことだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:51| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

【風魔】エゴサ、ときどきしてますよ…

放送開始からもう13年。
それでもこれだけの熱量を持って語ってくれる人のいる幸せ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:16| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【親指シフト】打鍵動画をまた見つけたので。

https://www.youtube.com/watch?v=U5vrcWbBsC4
07:31から実際の打鍵。(コピー打鍵)
これを「速い」と見るか「たいしたことない」と見るか。

qwertyの速い人から見たら遅いだろうが、
qwertyを拾い打ちするレベルから見たら爆速。
qwertyをそこそこ打てる人にとっては、楽になると思う。

つまり親指シフトは、qwerty上級者には不要で、
qwerty中級者初心者には乗り換え先としてオススメで、
それはたくさんいる、ということだろう。

もちろん、僕的には薙刀式のほうがより速く楽なのでお勧めですが。
親指シフターの創作打鍵で、
1200文字(変換後)/10分くらいの速度帯の動画はないものか…
posted by おおおかとしひこ at 11:54| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ホイールUpDn廃止

横方向への移動(縦書きの場合)の挙動の差を整理してみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:42| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】実戦文章とタイプウェルは叩き方が違う?

一年ぶりにタイプウェルを起動してみた。
結構速くなってきてるし、今ならXJ行けるかなと欲をかく。
しかしSAまでしか上がらない。久しぶりだとこんなもの?

で、気づいたこと。
タイプウェルのときは、自分めっちゃ強く叩いている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:53| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主人公の性格を変えてみよう

真面目で堅物、陽気でおちゃらけ、
リーダーシップを取りたがる、人前に出るのを嫌う、
他人に基準がある、自分の信念優先、
異性好き、苦手、
酒好き、下戸、
反省しがち、しない、
星座(火、土、水、風)。

色んな組み合わせで人の性格は表現できる。
主人公の性格を変えてみると、話はガラリとかわる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

【薙刀式】撫で打ちと突き刺し打ちと親指

スペースキーとシフトキーを兼ねるSandSというアイデアは、
僕が最初に気に入ったキー変更カスタマイズなのだが、
これ、撫で打ちと相性が最悪かもしれないんだよね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:09| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】編集モードも配列理論になってくる

ということがわかってくる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:22| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】確定アンドゥ廃止

やっぱこれいらない子だと思う。

最初知った時は「すごい便利機能が!」って思ったけど、
単文節変換時代の遺物ではないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鍵は、自分の欠点の克服だ

こうならないと、内面のストーリーは書けないと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:14| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

【風魔】そんな論争が…

ワロタ。直リンだめならコメントください。削除します。
https://mobile.twitter.com/reiwafuma/status/1309869399273209856

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:17| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】Delキーの位置

Delって微妙だよね。使う時は使うし。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:01| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取材の面白さ

ゆえあって幕末から明治の剣術を調べている。
千葉周作やら坂本龍馬を輩出した名門北辰一刀流を調べていたら、
なんと今千葉道場はドイツミュンヘンに移転したそうだ。はあ?

内弟子にドイツ人がいて、最終的に彼が継いだらしい。
知らないところで激動があるんだなあ。
https://hokushinittoryu.jp/歴史/
のおしまいの方です。

すごい事実を見ると、つい「これ映画になりませんか?」
なんて考えてしまうけど、
ええとシチュエーションはあるけど目的がないですね、と思ってしまう。

目的が北辰一刀流の世界普及?
とするとドイツ剣術やハルバートと戦うのかな。あ、映画になる?
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感情移入は「わかる」に起こる

posted by おおおかとしひこ at 14:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついでに

前記事の続き。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分量の寡多

現実を表現に落とすとき、
現実と同じ分量に落とす必要はない。
そのバランスを変えることで、表現になることもある。

面白い例を見かけたので貼っておく。
https://mobile.twitter.com/purinharumaki/status/1134426373248888832

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【腱鞘炎】棒ストレッチは深層筋に効く

手首や肘周りや肩の、筋肉や筋のつきかたは非常に複雑で、
大抵のストレッチでは全部は凝りが取れない。

しかも大抵のストレッチでは、表面的なところには効くが、
深層部が凝ったままであることがとても多い。
(深層部のストレッチは危険だから、ネットでも発表されないのかな)

それが、棒一本でだいぶ楽になることがわかった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:25| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できているストーリーと、感情のダダ漏れと、テーマ性

理想はこれだと思われる。
この三角形が成立しないと、
完全ではないと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:12| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

劣化してたらパクリ、凄かったらインスパイア

パクリたかったらパクリ元を越えなよ。
言いたいことはそれだけだ。

青は藍よりいでて藍より青しですわ。

まあ、そもそもパクるほど実力がない人は、
劣化藍を青だと思い込んでるからタチが悪い。
posted by おおおかとしひこ at 14:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーとは「あるシチュエーションと、ある目的」である

池田エライザの映画の件で、ものすごく短くまとめられたかもしれない。

ストーリーとは、
「ある面白いシチュエーションに放り込まれた人(たち)が、
ある目的を達成しようとすること」
であると。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】センターシフトの訓練

センターシフトは、新JISとSKKと、カタナ式と薙刀式でしか採用されていない、
意外とレアなシフト方式だ。

僕はすっと出来たけど、
誰もがそうではないと思い、独特のつまづきがちなところをチェックしてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:00| Comment(8) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアリティの基準

もう少しリアリティの話を詰めてみる。

同じことが他の人にも起こったらどうなるか?
を考えてみると参考になる。
(日本人は周りを見て反応を決めることがよくあるからね)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「と思った」はストーリーではない

小説においては、巧みな内面描写が主題だったりするときがある。
あるいは、Twitterや日記はお気持ち表明の場だったりする。
人は自分がどう思ったか、感じたかについて敏感だ。
他人のそれについてもだ。
それは生活の大半を占めるかもしれない。

しかしそれはストーリーではない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:58| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

【薙刀式】v13(カナはたぶん決定)

色々の試行錯誤の結果、しっくりきた。

実のところv12から5カナしか動いていない。
しかし編集モードを大幅変更の予定なので、
ナンバーバージョンアップするかも。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:51| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアリティとリアル

ネタツイかもしれないやつに、マジレスしてみる。

> 昔、漫画家志望の大学生に「リアリティの高い作品が描きたいんです。ネーム読んでください」と言われ読んだら、1ページ目で主人公のクラスにアイドルが転校して来た。僕がもう少し現実的な設定の方が、と言うと「僕の高校、単位制でよくアイドルが転校して来たんです」と言われ「ごめん」と謝った。

リアリティとリアルの混同について。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:20| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「龍が如く」ハリウッド映画化?!

是非ベトナムの「間違った日本の歌舞伎町観で作られた施設」
でロケしてほしい!
ニンジャスレイヤーズみたいな間違ったヤクーザ観でよろしく!

ストーリー?たぶんいらんやろ!珍作期待!
posted by おおおかとしひこ at 16:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】3Dプリントキーキャップのステムがゆるゆるのとき

3Dプリントは、どうしても材料が縮むことがある。
0.05mm精度でステムの緩みが変わるので、
たまにゆるゆるステムが出来上がってしまうことがある。

特にDMM.makeのだと作者が検品出来ないので、
避けられない事故だ。

マスキングテープを使った補修のライフハック!

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:31| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする