2020年11月29日

主人公は半歩先にいる

ストーリーというのは、
ごちゃごちゃした状況ほど面白い。
切羽詰まった状況ほど面白い。
我々観客は、そのピンチを、右往左往しながら楽しむのだ。
その時主人公はどこにいるべきか?
観客と同じ目線でよいだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:47| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

【薙刀式】斜め親指キーを僕はどう打っているか

最新の3Dプリント自作キーキャップ、サドルプロファイルは、
大きく二つの特徴がある。
1. 球を掴むように打てる人差し指〜小指部
2. 斜め横に大きく傾き、斜めに押せる親指

2.に関しては、僕が自作キーボードを始めた頃からの課題で、
今のところこれが一番楽だなと思えるものに仕上がっている。
で、「どういう風に打つのか想像できない」との声を聞き、
たしかに、と自分の打鍵を動画で観察してみた。

https://www.youtube.com/watch?v=tbkEqAV6eFQ&app=desktop
の、12:43あたりからの左手がわかりやすいかな)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:48| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】歩ニコラ

「親指シフトの親指キーは物理キーボードで再現するのは難しいので、
3段の文字を1段上げて、下段キーのVMあたりで親指キーにしてしまうのはどうか?」
というアイデアを、昔VMニコラとして発表したが、
似たことを考えていた人がいた。

僕のアイデアよりもすぐれているのは、
VBの2キーを左親指キー、NMの2キーを右親指キーとして、
右一列シフト、orzシステムで実装しているところ。
https://urimaru.fanbox.cc/posts/1633276

独自の工夫としては、上段小指の句読点を下段に移動したことや、
右小指中段の「ん」を右中指中段へ移動したところ。
僕がまっさきに親指シフトで疑問に思ったところが改良されていて、
なかなか興味深い。

個人的には親指シフトの配字にはかなり疑問符がつくので、
この配列が良いとはまだ思えない。
これから使い込んで変遷していくのか、
それともやっぱやめて別の配列へ行くのか、みものだ。

(追記: 親指同時でなく、親指前置だそうです。親指前置って新しいな)
posted by おおおかとしひこ at 15:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼滅に感じる違和感の正体

・敵は鬼畜米英でなく、人間で、
それぞれの事情があり戦争している(視点の複眼性、多様性)
・悪は斬り殺してよいのか?
冤罪の可能性もあるし、悪であれ法に則って裁くべきだ(近代法治主義)
・仮に鬼や妖怪や女や黒人や黄色い人種でも、
生きる権利があり、彼らの生活を等しく尊重するべきである(多様性)
・人工知能や宇宙人は、その「彼ら」に入れるべきか?(多様性のSF、思考実験)

という、近代の「人」や「敵」や「法」や「人権」や、
現代の「多様性」という、人類のたどり着いた「考え方」に反して、
「鬼は切ったろ!」
という、前近代チャンバラに、世界を戻してしまったところ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:47| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】これは僕から見ると遅い打鍵

自作キーボードergodash+銀軸(おそらくチェリー)の動画。
ただし手元なし、画面と音声のみ。
画面からローマ字と推測。特に注記がないため、qwertyと推定。
https://www.youtube.com/watch?v=qKBmexBf5tw&feature=youtu.be

全部見たわけではなく(1時間配信のため)、飛ばし見だけど、
qwertyがいかに無駄かよくわかる。
だって遅いもの。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:44| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後世の歴史家3

前記事の続き。

あなたはWikipedia編纂者だと想像する。
主人公が実在の人物と仮定した上で、
実際にその記事を書くと想像してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

【薙刀式】得意な指、苦手な指

配列とは使用する文字の論理的配列だが、
そもそもそれを使う指の、物理能力は人によって異なる。

配列との相性を見るために、
自分の指の強度を数値化しておくことをお勧めする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#全日本失敗写真協会が面白い

Twitterで流行ってるタグ。

世の中にはダメな瞬間がたくさんある
(いい瞬間は、ダメな瞬間たちの氷山の一角)、
写真には表現意図があり、技術がともなってはじめて意図を実現できる
(失敗から、どの技術をどう間違えたか、
どうするべきだったかは学べる)、
の例が山ほどあって面白い。
posted by おおおかとしひこ at 10:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後世の歴史家2

そもそもこのやり方は、
「語り部」というもっとも古い物語形式でもあるわけだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

頭のいい人と馬鹿のちがい

世の中には極端な相反する要素、AとBがある。

頭のいい人:
「A70%B30%のものと、A40%B60%の、二人が対立している」
のように、成分分析して世の中を見る

馬鹿な人:
「A100%B0%と、A0%とB100%の二人が対立している」
のように、極論に縮約して世の中を見る


例: 「映画鬼滅のヒットは特典商売のおかげ」
→内容0、特典100に見えている。
「いや、内容の良さもあっただろ」と反論すると、
内容100、特典0の映画と比較してくる。

内容70、特典95がヒットの原因、のように見えていない。
posted by おおおかとしひこ at 13:59| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂敷を広げる覚悟、畳む覚悟

第一ターニングポイント、第二ターニングポイントは、
作者にとってこうではないか、
と最近考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

【薙刀式】サドルプロファイルバラ売り開始

親指島のセット12個: 3850円 https://make.dmm.com/item/1257328/
薙系の斜めキーのみ6個: 3080円 https://make.dmm.com/item/1257333/
アルファベットのみ30個+DSA6個: 7920円 https://make.dmm.com/item/1257329/
です。

予告より高かったのは消費税とか手数料とかの関係で、
キーが少ないほど割高なのは初期費用が高いからです……
とりあえず、バラで試したい人どうぞ!
posted by おおおかとしひこ at 11:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】一万字インタビューって昔はすごいと思ったが

薙刀式と自作キーボードを整えた現在のシステムでは、
集中した半日でやれる作業量だということがわかった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:46| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】短距離は4000字まで説

先日、一気に文章を書いた。
「一気に」というのは、呼吸を一回もせず、
くらいの勢いだ。

実際は呼吸をしているが、脇目も振らず、
一度も文字が止まることなく、
ずっと打ち続ける文章書きを、「一気」ということにしよう。
短距離走では無呼吸らしいので、これを短距離文章と呼ぶことにする。
それが、大体4000字くらいじゃない?って話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:19| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】phoenix real time入力

phoenixが知らぬ間にアップデートされてて、
Google日本語入力のreal time入力の操作系を入れ込んでいるようだ。
http://phoenixrt.kachoufuugetu.net/
の最後の項。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後世の歴史家になったつもりで考察する

主人公が、仮に実在の人物で、
50年前にこの活躍があったとする。
(あなたが50年未来の設定でもいい)

リアルタイムで体験してないとして、
はじめて主人公たちの成したことを見た時、
歴史家としてどう考察するだろう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

【自キ】ファームウェアで何ができるか

キーボードのファームウェアって? 役割とその仕組みを知ると自作キーボードがもっと楽しくなる
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2011/24/news029_0.html#utm_term=share_sp

大体なんでもできる(容量の問題はあるが)けど、
その前に知っておいたほうがいい基礎知識。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:59| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】()←の話

最初にこのマクロを知った時はすげえ!と思った。
「カッコひらき、カッコとじを一気に入力して、
確定して、さらにカッコの真ん中にカーソル移動だって?
なんて便利な!」と思ったものだ。

かつては薙刀式の編集モードでも色んなパターンを取り入れたが、
現在それらは全廃止している。
たっぷり使ってみて、効率が悪いと判断したからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】ピアノの世界の別配列

ヤンコ鍵盤というのがあったらしい。
http://www.musashino-music.ac.jp/guide/facilities/museum/web_museum/0072/
音楽理論に詳しくないが、数学的合理性は理解した。

ブラインドタッチより恐らく難しいと思われるピアノ演奏技術を、
一から崩して再習得する手間を、皆嫌ったのだね。
「せっかく積み上げたものを崩す」を、人は極端に嫌うらしい。

それがほんとうに合理ならば、体内の生理を崩し、
新しい秩序の生理に再編成すべきだと僕は思う。
ハンカチ王子はそれに失敗した人生だそうだ。

今から思えば、「最初からヤンコ鍵盤をマスターした人」が、
「最初から従来の鍵盤をマスターした人」より性能がよければ、
一定の派閥になったのかもしれないね。
posted by おおおかとしひこ at 08:10| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】論理演算

時期を外れてるけど、
「トリックORトリート」と同値の論理演算が面白かったので。
https://mobile.twitter.com/Pajoca_/status/1322469579847725062
論理演算が、言語の論理とどう違うのか?
は、人工知能が人間の知能とどう違うのか?
の、最初の分岐点かもしれないよ。
だってこれが電気回路の基礎になってて、
ディープラーニングのノード接続アルゴリズムに使われてるわけだからね。
ついでに映像の合成にも使われてるぞ。
posted by おおおかとしひこ at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケジューリング

期限ギリギリで低品質な物を作る人と期限内に高品質な物を作れる人のスケジュールの違い
https://jmatsuzaki.com/archives/27107/amp?__twitter_impression=true

なかなか面白かったので引用。
自分は右型だなあ、と思いきや、
そうでもないことに気づく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:31| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

【日記】壊死ニキ生存確認!

なんか山手線が臭うと思って、
席が変なのかと移動したら、
お前…生きていたのか…!
第二ニキの可能性もあるが、良くみんな乗ってられるな…
一駅で降りて浜松町なう。
posted by おおおかとしひこ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】手の位置

僕はタイピングを真面目にやろうとしたとき、
「FJを体の中心線に対して対称に構えるべきだ」と考えた。
現行のキーボードではどうやらそうなってなく、
それがゆえに腱鞘炎になり、現在自作で左右分離対称を使っている。

しかるに、マウスの位置があったか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪役は、世界を良くしようとしたもう一人の俺

と考えると、ドラマを盛り込める。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:30| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

【薙刀式】サドルキーキャップバラ売り予定

親指セット6個(薙キー系のみ3種左右で計6): 2500円(税抜)
親指セット12個(コルネ版の親指10個とサービスでDSA2個): 3500円(税抜)
文字部分のみセット36個(3段10キーの30個と、小指外用DSA6個): 7200円(税抜)

くらいで見積もりきました。出品申請しますのでしばしお待ちを。
価格はDMM手数料や源泉徴収で多少変動するかもしれません。

DSAキーキャップはダース単位に揃えるための埋め草で、
あってもなくても殆ど価格が変わらない(空間費が高い)のでつけときました。
親指キーだけ試したい人は3000円切ったので、お求めやすくなると思われます。
単価が高くなるのは初期費用が高いためです…
posted by おおおかとしひこ at 23:06| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ英語は動詞といい、日本語は述語というのか

が面白かった。
http://dupler.co.jp/eng_school/ここが変だよ学校英語/ここが変だよ学校英語(002):「述語」vs「動詞」/

結論から言うと、
日本語では述語(文の結論になる語)は、動詞以外の品詞もありえるが、
英語では述語になる語は動詞しかないため、
述語と動詞が混同されている、という話。

だから英語のそれは、「述語動詞」と呼ぶべきだと。
(でも二熟語の複合語なので、省略されて動詞呼ばわりされるのがオチだろう。
せめて述詞などと一概念に畳み込むべきだ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】人差し指前置

なるものをめんめんつさんが研究し始めた。
https://menmentsu.hateblo.jp/entry/2020/11/18/010747

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:00| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】省略入力

カナ配列は、1カナを出すのに1操作(単打)から
複数操作(シフト)を当てるものだが、
まれに1操作で複数カナを出力させる配列もある。
(厳密には「しょ」などは1モーラだが2カナだ)
これを省略入力と呼ぶことにする。(一般的な呼称はないと思う)

まだ作成中だけど、興味深い配列をみかけたので。
https://mobile.twitter.com/haples/status/1329792768479117318

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:41| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完璧な人間はいない

わかっているが、それを表現として落としていくのは難しい。
逆に、
「限界が色々ある」を考えたほうが表現になるかもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:57| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする