2021年04月10日

【薙刀式】バンドネオンとデファクトスタンダード

バンドネオンという楽器を知った。
アルゼンチンタンゴで使われてるやつ。
僕はアコーディオンだと思っていたのだが、
アコーディオンは左手がボタン型キーボードで右手がピアノ鍵盤で規則的、
バンドネオンは左右とも不規則なボタン型キーボードらしい。

で、どうもその配列が不規則なまま複数あって統一されてなくて、
一度ドイツ人によって統一しようとしたものの、
結局は不合理な現在の不規則配列を使用し続けているそうだ。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バンドネオン

人類よ、ここでも同じことをするのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:36| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掘るべきところとそうでないところ

展開を考えるとき、どこを掘ればうまく行くだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

【薙刀式】漢字変換などによる減速

のことをそういえばめんめんつさんが考察してたなと思い、
漁って読んでみた。

タイピングは漢字変換でどれくらい遅くなる?
https://menmentsu.hateblo.jp/entry/2020/06/07/020424

このモデルは、単分節変換程度で逐次確定していく想定で、
僕の動画みたいに、「あ変換間違った、戻って再変換したろ」
なんてことは想定されていない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柔かい剣

僕はとても神経質で細かい、乙女座の星のもとに生まれている。
だから昔はどこまでも思い通りにならないと、
創作物は気持ち悪かった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:28| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

【自キ】縦型のDactyl動画

テントを究極まで煮詰めると、キーボードを立てざるを得ない。
でも実際、快適で快速な打鍵になるのかねえ。
左右分離型かつ一体型で、
Dactylベースで縦型にした動画がきた。
https://mobile.twitter.com/ToolTrackers/status/1379994149001297922

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:26| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】プロに必要なスペックを逆算してみる

かつて「夏目はqwertyを使わない」として、
夏目漱石の文章の指の頻度をかな入力アナライザーを用いて分析してみた。
新配列の方が指の疲労度は自然で、
どちらかを選べとしたら、夏目はqwertyを選択することはないと断じた。

今回様々な文体を打って実地調査したことで、
じゃあ逆にプロユースにはどれくらいの性能が必要なのだろう?
と見積もってみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:25| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】編集モード使用率11%

文字を書いていく行為のうち、
文字そのもののタイピングと、
変換してから以後の瑣末なことの、
割合はどんなもんだろうか。

薙刀式動画の編集モードの使用率
(キーを押す回数/総文字数(変換後))は、
11%という結果になった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主観と客観

表現には客観性があるべきだ。
主観に大きく傾いた表現は分かりにくく、そして独善的である。

その分かりやすい例を自由が丘のロータリー交番前で見た。
「タクシーは学園通りで拾ってください」
という看板の話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

【薙刀式】最新動画公開!

編集モードを実演。
小説冒頭部のコピー打鍵。なるべくいろんな文体を集めました。
https://youtu.be/ksBcFMfMshs

あまりにもカナ部分とシームレスに繋がりすぎてたので、
キーを光らせてみました。

あとで「何文字書くときに、何文字分編集モードを使っているか」
をカウントしてみます。
posted by おおおかとしひこ at 18:46| Comment(5) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーは尽くされたか

ある時、
「音楽は有限個の音符の組み合わせなのだから、
大体いいメロディというのは尽くした」
と、音楽の終わりが論じられたことがあった。
ストーリーだって、
「大体有限個のオイシイ事件やキャラの組み合わせは、
尽くした」と言えないだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

「弱いものは淘汰されても仕方ない」的な考え方の裏に潜むもの

「弱いものは淘汰されても仕方ない」的な考え方に対する教科書的な答えがよく出来ている。
https://mobile.twitter.com/hiraizm/status/1372883810174394369
淘汰は最強以外全部を殺すものではない。
意思を持つ神の仕業でもないし、結果的な問題に過ぎない。

我々脚本家はここから何を読解するべきか?
「お前は弱くて生きている価値がないから死ねとかつて言われ、
傷ついた経験があるから尋ねている」
と、動機に想像を馳せることである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ動画】ステノグラフ自作キーボード

これはすごい。
英語の速記用キーボード、ステノグラフの自作化。
135wpmを叩き出している。こんだけ速かったら気持ちいいだろうな。
https://www.reddit.com/r/MechanicalKeyboards/comments/mgwrdx/135_wpm_on_the_uni_with_stenography/

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:29| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説とシナリオの違い

「地の文の心理描写の差(一人称表現)」
などとよく言われるが、分かりやすい例を仕入れたので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:04| Comment(7) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

【薙刀式】編集モードが滑らかすぎる

よく使うショートカットや記号を集めた30キー2面分を、
薙刀式では「編集モード」と呼んでいる。
次の打鍵動画ではそれを見せようとしているのだが、
あまりにも普通の打鍵とシームレスに繋がってて、
ちょいちょい見逃すくらい滑らかなのに、自分でびっくりしている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:54| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】PAE配列実戦投入

プロ用の映像編集ソフト、Adobe PremiereとAfter Effects
(以下PとAEと表記)を、
なるべく共通のキーバインドで扱うための左手キーボード、
PAE配列on Plette1202を実戦投入してみた。

作業効率が倍くらい上がった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:39| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】my new gear...

F7814174-B9E2-47A6-95A0-52C766495897.jpeg
今回のキーキャップの目的は軽量化。
そのため柱を三角で作って強い形にした(アポロチョコみたいな)ら、
ギリシャ神殿かフジツボみたいになった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】3Dプリントデータハンドとその打鍵動画

すげえおもしろい。
穴に指突っ込んで上下左右に指を動かすことで打鍵する、
データハンドを、現在の3Dプリント技術で作ろうとしてる人がいる。
https://hackaday.com/2021/04/02/adjustable-low-impact-keeb-is-about-as-comfortable-as-it-gets/

しかも動画がそこそこ速い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: ワンオペ

結局ワンオペになっとるだけやん。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

例え話

何かに例えるのは比喩であり、
話をわかりやすくするための手段である。

どうすれば例え話がうまくなるだろう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

【薙刀式】「新配列はこんなに楽に、速くなる」ではない

「旧配列のままだと、
すぐ疲れて、遅いままだぞ」
が、新配列から見た現実だ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:08| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】論理配列と物理配列の分離

ってなかなか発想としてはないのかもしれない。
つまり、
「物理キーが論理キーと同一だと思い込んでいる」から、
人は抜けられないのかも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:19| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】究極最終版の反乱編

誰も触れてないけど、雑誌掲載時とだいぶ違うよね…?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:21| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご都合とは「私は知ってるが、あなたは知らない」ことである

そう考えるとわかりやすい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

シン仮面ライダーだと?

エイプリルフールは終わったはずだ。
真仮面ライダー序章の立場はどうなる。

たしかにFirstシリーズも藤岡弘のシリーズも頓挫して、
リブートには成功していない。
宇宙刑事のリブート失敗もあった。
東映アニメも含め(ハーロックとか)、東映ってリブートが下手すぎる。
リブートさせるなら庵野か。なくもない人選だが。

仮面ライダーが機能したのは、
怪奇ものの実写の積み重ねがあったから。
実写を分かってない庵野がどこまでできるかな。
シンウルトラマンと同様、ウォッチ対象に入れなければ。
posted by おおおかとしひこ at 22:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】飛鳥と薙刀式と脳内発声

飛鳥配列の初期の姿がわかり、
最終形に向けての設計の流れがなんとなく掴めてきた。
意外と薙刀式と近い考えが随所にあり、
僕が最初に手を出したカナ配列が飛鳥だというのもよくわかる。

しかし薙刀式と飛鳥には決定的な、たぶん大きな違いがあって、
それが脳内発声の前提だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:45| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】飛鳥の起源

飛鳥配列の複雑さは一発で理解し難い。
しかし通りすがりさんの情報により、
かつての飛鳥のページのアーカイブを見ることができたので、
その成立過程の推測が出来るようになった。

記録に残る最初のホームポジションの8文字と左右シフト:

 す   と   し   か    う   い   き   た
わ ず よ で の じ ょ が  ま ん そ ゅ ぎ な ね だ

上段が単打、下段の左右はそれぞれ左右シフト。
出典: https://web.archive.org/web/20030810111754/http://www.izu.co.jp/~wizard/key/kana1.html

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:00| Comment(4) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【追悼】田中邦衛

個性的な俳優だった。
施設に入りながらも「北の国から」の新作を待っていたと聞く。

僕が最初に意識したのは、
ルパン三世の初の実写化、「ルパン三世念力珍作戦」。
実写側の都合で原作はいかようにも曲げられる、
という残念な典型例を学んだ。
目黒裕樹がルパンはいいとしても田中邦衛次元はないやろ。

「北の国から」は、途中から入りそびれて一作も見ていない。
もともと愉快な俳優として名を知られた田中邦衛が真面目な役をやってるのも、
興味を惹かれなかったのもある。
雪国にロマンを感じてなかったし、寒いの嫌いだし。
しかし巨大な作品であることは確かなので、
そのうち一気見をしなければ、と思っていた矢先だ。

あのへんでロケをしているシリーズものを担当しているので、
影響を受けてはいけないと思い、わざと見ていない。
見た方がいいのか悩む。

20年以上前、会社に入った頃、
大映の撮影所だったか、山田洋次の現場を見学させてもらったことがある。
(追記: 時期的なことから「学校III」と思われる)
リハーサルを念入りにやり、本番は1テイクのやり方は、
フィルムを無駄にせず、かつ俳優の暴れを繰り返すリハーサルで消していくやり方なのだと、
カメラ後ろから見ていた。
寅さん渥美清が亡くなったあとで、17時に撮影終了するスタイルは、
病気だった渥美清に合わせた山田組の習慣と聞いた。

休憩時にトイレに行ったら、なんと田中邦衛があとから入ってきて、
図らずも連れションとなった。
新人だから声の掛け方もわからず、ただ会釈しかできなかった。
俳優はテレビの中の別物なのではなく、
たかが一人の人間で、そのたかが人間たちがテレビや映画を作ってるのだと、
その時に強く思った。

この時が、僕がイマジナリラインの向こう側に行けた瞬間だと思っている。
つまり作り手の自覚だ。
僕らがつくるんだ。
僕らが僕らじゃないものを演じてつくるんだ。

田中邦衛はただ小便をする姿だけで、
僕にそれを教えてくれた。
いつか仕事をしたかった人がまた一人星になった。

一度主役を張った俳優は、脇役をやりたがらないという。
田中邦衛は脇役でこそ光る人材で、
晩年の彼は脇役をやりたかったかどうか、聞いてみたかった。
posted by おおおかとしひこ at 12:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘めた思い

本当はそんなことを思っていたのか。
それを知るシーンは物語の大きなターニングポイントになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:55| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

【薙刀式】qwertyローマ字超めんどくせえ

久しぶりにqwertyローマ字打ったら、
ほんとめんどくさくてさっさと薙刀式に戻したくなる。
しかし今はテストをしているのだ、と思い、
粘ってやってみた。

ここで不満に思ったことは、薙刀式が全て解決したことだ。
その差分を俯瞰するのもよかろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:33| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】タクタイルは二打系が合うかも

自作系の最近の流行はタクタイルだ。
holy pandaを頂点に、人気はBoba U4なのかな。Durock T1もよく聞く。
僕はずっとリニア派なので興味を持ち、
ちょっとBobaを買ってしばらく触ってみてわかった。

これ、qwertyローマ字に合うわ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:49| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする