2024年05月24日

馬脚をあらわしていく

何故最初は勢いよく書けても、
途中でぐだり、書けなくなってしまうのか?
作者の馬脚があらわれてしまうから。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月23日

模写はまじで捗るぞ

模写をして上達するのは絵だけじゃない。
音楽や歌(○○風、をマスターする)、
小説、コーディング、コピーライティングなどでも、
模写、写経の重要性はそこかしこで聞く。

そして漫画のネームもそうなんですってよ。
https://x.com/kong_doing/status/1793552150741889283

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「参考書の読み方」が参考になる

これはほんと。
ていうかこれが出来ないと、本は読めないとすら言える。
https://x.com/hpeo_jp/status/1789220177869242449

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: デジカメが絵を変えてしまった

昔のアニメは夜が青かったのが好き
→昔はオレンジ灯が多く補色の青が見えた、
 今はLED環境白色灯だから夜は黒く見えてる
説は、違うと思う。
https://x.com/rosso016/status/1793294783948931118

みんなデジカメの色の方を参考にするようになったから、
だと思う。
つまり、デジカメが人の認識を変えたと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ローマ字→カナの切り替え

長年ローマ字でやってると、
カナで書くということに、
脳を切り替えるのにある程度時間がいるかもしれない。

Twitterから。薙刀式を習得中のよう。
> 人生初のかな入力なので、この年だと慣れるまでまだ時間がかかりそう 当初は「か」を打とうとすると「K」「A」のキーに指が引き寄せられて指先がプルプルする謎現象に悩まされた笑

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予告編を書く練習

なんでもいいから、予告編の原稿を書いてみよう。

絵つなぎは無視してよい。
ナレーションだけで予告編をつくることを考える、
という縛りで何かをやってみることは勉強にものすごくなるよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月22日

【自キ】HMX Hyacinth v2レビュー

界隈で評判のHyacinth、talpさんとこで買えるので試してみた。
評判の正体はわかったので、レビューします。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】かつての親指シフターはJISに恨みがある説

大日本帝国がアジアを植民地にした時、
日本語を強要したり、日本文化を強制した。
それでいまだに恨みが残っている。

親指シフターたちは、
かつて無理解な上司やシステム部から、
JISキーボードを強制され、
母国語を変えさせられた恨みを、
いまだにもってるのではないか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「sky」はわざとなの?

スカーレットヨハンソンの声に激似で、
AIとの恋愛を描いた「her」の彼女のAI役の声に、
Chat GPTの生成音声「sky」が物議を醸しているそうな。

最近のAIさ、わざと「スカイネット」に寄せてきてる?
みんな微妙にそれに恐怖してるのに気づいてないふりをしてる?
なんらかの陰謀論すらここでつくれるよなー。

Open AI社のロゴをひっくり返したり鏡に映したり、
社長のサムアルトマンの文字を並び替えたらダイソンになるとか、
次移転する本社は元溶鉱炉の跡地とかさ、
もっと色々仕込んでくれよ!
posted by おおおかとしひこ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ダイアクリティカルマーク

というっぽい。
基底文字に対してなんらかの記号を合成して、
新しい文字を生むパターンのもの。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】コウノエバンドを見てきたが

さっぱり分からんかった、
という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠に変わってしまうのは何か

ストーリーが始まる以前と、
終った直後で、
永遠に変わってしまっているのは何か、
チェックしておこう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月21日

小説「てんぐ探偵」完結のごあいさつ

2014年に初稿を書いてから、10年かかってしまいました。
脚本しか書いたことのなかった俺が、
小説的文章力には自信がなかったけど、
お話はおもしろいだろという確信だけで、
10年間こつこつと108話を書きました。

遠野物語100周年で映画を企画できないか、といわれて、
原作(民話を収集したもの)で気になったのが天狗の人攫い。
たったそれだけからここまで膨らませたのは、
まあまあ偉業だったんじゃないですかね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【予告】てんぐ探偵第百八話「青い炎」 妖怪王「鏡」(後)【最終回】

次回予告

 何故オレはてんぐ探偵になったのか。
 何故心の闇は生まれたのか。
 すべてに答えが出る日がやって来た。
 富士山麓で。東京湾で。シンイチの戦いに、ついに終止符が打たれる。
 ありがとうてんぐ探偵。シンイチの最後の決断を、刮目して見よ。
 次回てんぐ探偵、最終回第百八話「青い炎」に、ドントハレ!

5/21(火)22:09公開!
https://ncode.syosetu.com/n0683dj/
10年かけてたどり着いた最終回です。
おたのしみに。
posted by おおおかとしひこ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品置き場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】my new gear...

2A5BBCD5-0EBA-45DC-8735-DF399D898BA7.jpeg

ペンタイプのマウスというへんてこなものを買ってみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】文字と文字記号

一般になんというか分からないので、
「文字記号」と表現してみた。

「」や?!などの役物ではなく、
外国語で言うウムラウトやアクサン記号のような、
基本文字を変化させるもの、みたいなやつ。

日本語でいうと、
゛゜小書き、長音符、拗音外来音の1モーラ2文字表記を、
仮にそう呼ぶとする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】Paalonさんのキーボード配列まとめがすごい

こんなに配列が集まってる図鑑、
最近なかったのでは。
https://zenn.dev/paalon/articles/914f22aea7ecf9

特筆するべきは、2015年頃〜2023年の、
最新の英語配列をたくさん踏まえていること、
Eucalyn以降の日英共用コンセプトに主眼があること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【追悼】なにわのモーツァルト

(脚本添削SPを途切れさせたくなかったので、追悼記事を遅れて投稿します)

そもそもキダタローが活躍していたのは、
大阪のTVが元気やったからや。
新婚さんいらっしゃい、ラブアタック、
鶴瓶と花の女子大生、ノンストップゲーム。
僕は全部見てた。

大阪のバラエティが元気があり、
大阪のテレビが元気があり、
東京にはまかせへんぞ、
俺らがやったるぞ、
という流れがあったから、
才能が活躍できた。

大阪を離れて25年経つので今の状況はわからないが、
あの時の元気な感じはこちらには伝わってこない。

オモロイオッサン、という感じでトークショーにいたけれど、
あの人多分ごっついまじめで、
ごっつい繊細な人やったんちゃうかな。
あんな楽しいメロディ書ける人は、
人生の哀しみや辛さや不条理の中から、
楽しい成分だけ寄りすぐれる人だと思うんよね。

大阪で生まれたことを誇りに思う。
キダタロー先生は僕を知らんけど、
尊敬できる人に会えてよかったです。

上岡龍太郎も浜村淳も藤本義一もキダタローも鬼籍かー。
新野新と鶴光はまだ元気やろか。
posted by おおおかとしひこ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【脚本添削SP2024】12(終): 次にやるべきこと

最終回です。
今夜のみ2記事連続なので、11を読んでない人は前記事をどうぞ。


全体の講評をして、
次にやるべきことを書いておきます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【脚本添削SP2024】11: 細かな解説

をしてみます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月20日

【脚本添削SP2024】10: 構成と解説

これまでと同様に、
リライト版の尺、柱、出来事をチェックします。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月19日

【脚本添削SP2024】9: リライト版「テンカウント」

早速ですが、
僕が書き直した「テンカウント」です。
テンカウント_リライト版.pdf

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月18日

【脚本添削SP2024】8: 複合の視点

脚本を書く上で、
リアリティが欠けていることにどう気づけるか、という話をします。

基本的には、
自分の想像力の中で目の前にありありと思い浮かべられるか、
ということです。
だけど、自分から見た視点しか思えないのは、
まだ想像力が足りていません。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月17日

【脚本添削SP2024】7: リアリティ

「テンカウント」において、
「アマチュアボクシング」という設定に、
僕は首を傾げました。
プロの、普通にみるボクシングでない理由がわからなかった。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月16日

【脚本添削SP2024】6: テーマとログライン

「AなBが、Cに出会い、Dする話」
というのが大岡式ログラインの考え方でした。
Dが大きくいうとジャンルを規定して、
Cが新しい面白さ、コンセプトに関係のある何か、
であることがわかると思います。

さて、Aは?
これがテーマに絡みます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月15日

【脚本添削SP2024】5.5: あまりにも典型的なメアリースー

を見たので貼っておく。
脚本添削SPの途中だけど、あまりにもタイムリーなので。
https://x.com/shin0407/status/1790162534894596593

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【脚本添削SP2024】5: 面白さとは何か

ログラインを見れば、それが面白いかどうかわかる?
それが正しく作品を示している限り、
わかると思います。

何がわかれば分かるのでしょう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月14日

【脚本添削SP2024】4: ログラインと全体

ログラインを見てみましょう。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月13日

【脚本添削SP2024】3: 構成を書き出す2

同様に、「テンカウント」でも、
分数、シーン柱、重要な出来事を抜き出してみます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月12日

【脚本添削SP2024】2: 構成を書き出す

全体を俯瞰する方法。

「ママのかわり」からやってみます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月11日

【脚本添削SP2024】1: 応募作品と印象

さて、今年も始まりました脚本添削スペシャル。

集中するため、
完結するまでこの記事のみ投稿します。
事情によってノイズが増えるかもですが、
脚本論カテゴリ(PC版で選択可能)で通し読みできるようにしたいです。


応募作品はどこが足りないのか?
どうやったら「足りる」ものになるのか?
なぜ足りないのか?
どうやったら足りるのか?
そんなことを今年も考えていきます。

時に酷いことを言いますが、それはオブラートに包まない本気だからです。
酷いものを酷いと言ってるだけで、
誇張していないことはご確認を。

では試合開始ッ!

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】うで体/あし体とタイピングまとめ(更新)

鴻江理論は、
体の体質がうで体/あし体の二種に分かれ、
そもそも体の使い方が違うから、
適した運動をして、適してない運動をやめよ、
というのが概要だ。

もりやんさんとの議論により、
我々はお互い両極端な、
異なる体をもっていて、
タイピングや物語の作り方まで真逆であることがわかった。
一旦まとめておく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】英語との共存

僕は日本語99.9%で、英単語を混ぜる程度しか英語を打たない。
その経験で薙刀式をつくったので、
「英語をどう書くと便利か」に関する知見はない。
なので、
IMEオフ→英語ポチポチ→IMEオン
の間に、やるべきことなど思いつかない。

一応、DvorakJ版では、
日本語と同じ編集モードがIMEオフ時にも使えるように、
定義してある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:20| Comment(4) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月10日

なぜAppleのCMは炎上したのか

プレス機で色々潰したらiPadになったよ、
全部入りだよ、というCMが、
何故か日本でだけ炎上してるそうな。

もったいない精神、付喪神など、
もっともらしい説明はうなづけるのだが、
本音は違う感じがする。

そこにあるピアノやギターを買えるほど、
もう日本人が金を持ってないからでは?

どれも買えるが全部買ったら高いものを、
全部iPadがぶっ壊すぜ、
だったらまあ分かるんだけど、
もう買えないくらいに貧乏になったのに、
それを金で殴ってきてるから腹立つのでは?

もったいない精神は、
清貧と裏表だと思うけどね。
バブルは飽食でスクラップ&ビルドだったじゃん。

なんなら、
「日本にもうあんな楽器をつくる実力がないのでは?」
と薄々感じてることの、
コンプレックスの裏返しではなかろうか。

アナログでもデジタルでも、
もはや日本は骨粗鬆症だろ。
中抜きの結果、中身がなくなってしまった。
posted by おおおかとしひこ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】実写版全話が某所に上がってるらしいが

「存ぜぬ」というのが大人の対応でしょうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人になって叶えたいものは…子供の頃の欲

ということがよく分かる。
https://x.com/arato_san/status/1788355928011755534
「少女漫画の世界観」というのがあまりにも的確なツッコミすぎて、
精度が高い。
今どきホストクラブやToBeでもやらんわな。

他人から見たら所詮はこんなレベルかもよ?
もう少し大人の鑑賞に耐えられるかを考えなさい。

そして、
大人こそ、「言い訳を作れば子供の頃の欲を爆発させたい」のだ。
いきなりうんこちんちんと言ってはいけないが、
最終的にうんこちんちんが好きなのだ。
その、オブラートのやり方を考えよ。
posted by おおおかとしひこ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きいアイデア、小さいアイデア

アイデアには大きさがある。

たとえば以下の例。
https://x.com/AOIKEN72/status/1788290613315772740

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月09日

【薙刀式】打ってて楽しい配列

一体どういうこと?

Twitterより。薙刀式→月林檎練習中の感想より。
> 打ってて引っかかる場面が割と多くて、いまいちこの先速くなってくイメージが沸かない
> ただまぁ、薙刀式の方が圧倒的に打ってて楽しかったのはそう

薙刀式を使った人は、わりと言うのよね。
「打ってて楽しい」と。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】v15編集モードKarabinar-Elements版

Macを持ってないのでノーケアなのだが、
Macで動くキー配列エミュレータ、
Karabinar-Elements版薙刀式の、
編集モードがv15に追随された模様。
https://kazuki-mizuc.com/naginata-v15fix-r604-for-karabiner/

ありがたいことです。
出来ることから、世界をよくしていきましょう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】鴻江理論とか4スタンス理論とか

なんだか鴻江理論のうで体/あし体という二種の分類が、
僕ともりやんさんの間でかなり信憑性が高まっている。

似たような体の分類ってなかったっけ、と思い出したら、
4スタンス理論とか流行ったよなと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】トメ、ハネ、ハライ

書道でこんなことを習った。
ここだけちゃんとしてれば、あとは補完でなんとかなると。
それを理解できる興味深い動画。
https://x.com/keing116/status/1788152993092894925
キモになってる部分さえあってれば、
あとは大体でいいんです。
それが筆で発達した文字の世界だ。

この軌道を簡略化していくと草書や行書になり、
フレーズ単位でやると続け字になるわけだ。

薙刀式はこれを、
フレーズ単位のタイピングの軌跡でやってるイメージです。
posted by おおおかとしひこ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観客は、個人的楽しみを見出すことがある

僕らは基本大きなストーリーの流れや、
感情の流れを矛盾なく丁寧に描くことを考えている。

だけど受け手は、実はそれ以上の情報の探索をすることがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

【薙刀式】英語は日本語より遅い

あー、たしかにこれは面白い。
結論から言うと、単位時間あたりのシラブル(拍)は、
英語<日本語だから、
英語は遅い言語である、という話。

【驚愕の事実】英語が聞き取りづらい理由は「英語は日本語より遅い言語だから」です!「英語は早口だ!」と信じている方のための動画
https://m.youtube.com/watch?v=Ix65WYYUkZ0
(じゃあどうすりゃいいの?と思わせて英会話教室に誘導される、
長い広告です。
しかしその前提になる、単位時間あたりのシラブルの議論が、
とても新鮮で良かったので引用)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ホールドは伸展か屈曲か

単なる「打つ」以外にも、
ホールドというやり方がある。
押しっぱなしで別の何かを打つ時の、
「しばらく押しっぱなし」の状態。

これは伸筋なのか屈筋なのか、
という問題。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深い感情と浅い感情

物語の深さと浅さって何が違うんだろう?
ストーリー? 人間性?
僕は感情の深い/浅いで区別できそうだと思っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月07日

理論の限界

いつも思っていることだけど、
脚本理論をこれだけ書いてきたって、
万能ではない、ということ。

所詮理論だ。限界がある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本添削スペシャルの告知

原稿受け取りました。
読み込んで、記事を始めるまでしばらくかかることをご容赦ください。
それまではレギュラーの脚本論やってます。

今年は珠玉の2名、2本。
対決風にやるかな、それとも普通にやるか。
他人のを添削するのは体力使うので、
仕事が落ち着いてからにしたいなー。
posted by おおおかとしひこ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

【告知】脚本添削スペシャル2024開催【〆切5/6】

今年もやります。GW中を〆切とします。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】((|))の配列

お、ぴろりどんさんが反応してる。
https://x.com/piroridon/status/1787114039807709664
もちろんキー部か何かで触った。
でも予想通り、「凹型のキーキャップ」じゃないと思ったんよねえ。

ドームキーキャップはずして「付けてもいいですか?」
ってやってみたらよかった。次のキー部で見たら言ってみよ。
平らなオールコンベックスでもいいかも?
posted by おおおかとしひこ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】抱球はひとつかふたつか

タイピングは両手剣か二刀流か、という話は、
抱球をひとつと考えるか、ふたつと考えるか、
の違いだと考えられる。
これを考えるには、中国武術の深いところの話が必要だろう。

天キー6で大岡俊彦さん、Murasaki_minさんと話した、キーボードと「球」のこと
https://note.com/catfist/n/n480f37861066

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする