2014年01月25日

プロの素人であれ

テレビの仕事をしてる人は、
言われなくても無意識にしていることだと思う。
それは、みんなはどう思うか?という感覚の維持だ。

世間一般の見方、リアクションを想像できない者はプロではない。
テレビや映画は、お客さんを目の前に出来ないから、
想像のなかで観客をつくりだす。
それは一人ではなく、日本人全体の集合的無意識のようなイデア的観客だ。
その観客は、日本人の平均的知性をもち、
平均的な感性と経験をもち、平均的な笑いや怒りや感動をする。
偏りなく、それでいてコアな反応も可能だ。

その観客像がないと、暗闇に玉を投げるようなものだ。
当たる訳がない。
我々作り手というものは、その観客像を日々更新し続けるのも仕事のうちだ。
個人的反応や考え方と、作り手としての感性や反応と、
イデア的観客の感性や反応を、同時に持ち続けるのが我々プロである。


僕はCM監督を生業としているが、
何年経ってもお付き合いのある企業さんには、
深入りしないことにしている。
もう○回もCMつくってるんだから、
いい加減○社の事情やコードを覚えてくださいよ、
などと煙たがられるが、それはわざとだ。

事情に内通するのは、営業の仕事だ。
我々は、テレビの内側の一番エッジにいる。
この線の向こうが観客だ。
事情の分からない人たちだ。
その人たちの感覚で、毎回CMや商品を見れないと、
内々にしか通じないものがテレビに流通することになる。
観客は、いつもはじめてそのCMや商品や企業に触れる。
その感覚を持っていないと、作り手と受け手の関係になれない。

王様は裸だとしても、我々は日本人の平均的な常識として、
王様には気づかれないように、服を着せてあげるのである。


プロの素人であれ。
アマチュアの素人は、それぞれの反応に偏りがある。
個人的好みやバイアスがある。
プロの素人は、すべてにおいて平均的だ。
知的好奇心もリアクションも、乗せれば乗ってくるし、
詰まらなければドン引いていく。
そんな、イデア的観客を、自分の感覚として持っておく。

テレビを見る、ニュースを見る、映画を見る、ネットを見る、
流行りに乗っかる、人と話す、知らない世界を知る、
そのように世界とともに歩み、全てにフラットであれ。
個人的に片寄っていることを自覚しながらも、
プロの素人の感覚との両方を持て。
どこからどこまでが俺の個人の思いで、
どこからがプロの素人の反応か、
自覚的に分けられるようにせよ。


俺は多分セレブ的な生活が出来ないだろう。
プロの素人であれなくなる。それは困る。
posted by おおおかとしひこ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック