2014年02月09日

綿密な計算

僕は乙女座なので、綿密な計算こそが仕事の身上である。
書いている文章や考え方にも、それはにじみ出ていると思う。

全てを理論的に構築し、あらゆることの可能性を考え、
先回りし、合理的な正解を探しておく。
(時に、セカンドベストも準備する)

計算の弱点は、予想外の出来事への対処である。
計算された美しい歯車は、砂利を噛むと機能しない。

これは、脚本にも言えることだ。
ミステリーのような謎解きものは、とくにこれに注意されたい。

しかし、物語には、
綿密な計算をぶっとばすような、何かが生まれることがある。
その何かこそが、その作品のアイデンティティになるようなものだ。
車田作品は、そのようなものだらけだ。
(だから辻褄の合わないところが多く、それを合うようにしていったのがドラマ版だ)
そのパワーこそが、作品にとっては一番だいじなのだ。


綿密な計算は、ときに狂う。
パワーで押し切っていては、辻褄合わせに無理が出る。
その両立こそが、リライトという作業である。
ぶっとんだ要素は陽の力、綿密で繊細な計算は陰の力だ。


撮影現場や編集現場でも、思いもしなかったマリアージュがあることがある。
それをどう拾い、綿密な計算と両立させていくかは、
実は脚本的手腕なのだ。
posted by おおおかとしひこ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック