2014年03月31日

シーンとシーンの繋ぎは、ストーリーラインの繋ぎ方である

シーンとシーンの繋ぎ方は、三種類しかない。
順、逆、別方面だ。


順と逆は分かりやすい。
前のシーンで期待されたこと、残された課題が、
次のシーンで進展することが順だ。
順は当たり前すぎるなら省略されることもある。
朝家を出たら、事件の起きる夕方まで、
学校や会社のシーンは省略したりする。
話の本筋に関わるところ、
しかも見たいところが、順で繋がれる。
面白いオリジナリティ溢れるシークエンスは、
大抵順で繋がれてゆく。
次々に事態が進展し解決していく、気持ちのいい流れになるだろう。
導入部や、後半部の怒濤の展開などに多い。

逆の繋ぎは、
意外な展開、前と逆の展開のことである。
幸福から不幸、前進と後退など、コントラストが激しいほど強烈だ。
前半戦の混乱期や、後半の怒濤の展開に多いだろう。
順で飽きたときのスパイスにも最適だ。
(使いすぎはスパイス同様厳禁だろう)


最後は別方面だ。
今語っているストーリーラインとは、
別のストーリーラインに繋ぐことだ。
同時進行する複数のストーリーラインを絶妙に切り替えることは、
映画だけの醍醐味である。
短時間のカットバック編集で両陣営の緊張を描くことや、
複数の同時進行の緊張感は、小説や漫画より、
リアルタイム芸術である映画が、最も臨場感がある。

緊張を要する場面だけでなく、
通常運行のストーリーラインでも、
別方面に繋ぐことはある。
一見別の所から話をはじめて途切れた本線に繋ぐ(浦沢直樹漫画に多いパターン)、
一端話がまとまったので、全く別の話に飛ぶ(これが並行する焦点となり、
本線に影響を与えてくる)、
などの巧妙なやり方である。

上手く繋げればよいのだが、
これを初心者は逃げに使う。
つまり、続きが思いつかないので、
一端気分を変えたくて別方面を書き始める、というパターンだ。
多くの失敗した群像劇は、そのようにして出来ている。
(「survive style 5+」など)
続きを思いつく力がない者は、
他のストーリーラインに逃げても、
そこでまた続きを思いつかない同じ現象に出会う。
で、また場面を変えて、などをやり、群像劇は出来上がるのだ。
結局どの話も中途半端なストーリーラインになるのは、
火を見るより明らかだ。

別方面の繋ぎは、意図的にやるべきだ。

全てのストーリーラインの計算が出来た上で、
その各ストーリーラインの接続点として、
狙って面白くするポイントである。

同時進行する複数のストーリーラインは、
慣れないと手綱を握るのが難しい。
例えばラブストーリーにおいて、
男側も女側も話が面白く、絶妙に絡み合う例は希である。
大体は、そのストーリーラインが行き詰まったので、
もう一方では、とお茶を濁すために場面転換が使われる。


複数のストーリーラインを、どのように進行させたり、
期待させたり、期待を裏切ったりするか。
この計算は、ミクロ的にはシーンとシーンの繋ぎとして表現される。
展開とは、これらを繋いでいくことであり、
これらが分岐したり集約したりすることだ。
影響しあうストーリーラインでない限り、
ストーリーラインは一本でも構わない。

大抵、順逆しか展開がないから、複数の焦点が生まれるのだけど。

複数のストーリーラインを捌こう。
それは計画的に、狙ってやるべきであり、
その場しのぎでやるものではない。
良くできたシナリオは、ここが計算され尽くしている。
アドリブで書いたものをリライトで練り直したのか、
最初から計算しつくして書いたかは、脚本家のやり方にもよるかもだが。
posted by おおおかとしひこ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック