2014年05月17日

「つづく」詐欺の三つのパターン

世の中には沢山の「つづく」がある。
連載もの、続き物の一連で、強烈な謎を残し「つづく」で終わると、
その謎の解明が気になり、つづきを見たくなる、
という仕組みは、どんなものでもあるだろう。

しかし、その謎を解明せずに、引っ張り続け、
ついに解明されなかったものを、
「つづく」詐欺と呼ぶことにしよう。
これには、みっつのパターンがある。


第一のパターンは、
謎を提出しておいて、その解決をすぐにするのではなく、
遅らせるパターンである。
「解明を遅らせる」と名づける。

難しい謎だから、これの解決はラストであろう、
という期待をさせて、ラストまで引っ張るパターンだ。
オーソドックスなものである。

大きな強烈な謎ばかりでなく、
小さな違和感レベルの謎もあり、それらは物語慣れした人からは、
「伏線」と呼ばれやすい。
それをあとで使って、あの時のあれはこういう意味だったのか!
を期待させるもの、という意味の、ヤヤバレの伏線だ。

しかし「伏線の研究」で述べたように、
優秀な伏線は、ばれては意味がない。
「強烈な記憶に残ることをあとで別の意味で使う」のがベストだ。
したがって、小さな違和感や小さな謎は、下手な伏線である。
その違和感を残すことで引っ張ろうとする、
「つづく」詐欺の可能性がある。

大抵、これを多数やればやるほど、
全てを回収する上手い解決にはなりにくい。
嘘を沢山ついて、全部を上手く説明する大解決が難しいのと同じだ。

あと、伏線がそもそも下手なのだから、
上手く回収出来ないという、実力的問題もある。
(僕は「GANTZ」や「アキラ」「幻魔大戦(小説版)」はそのジャンルだと思っている)

このパターンの詐欺は、意図的でない可能性もある。
単に下手のこともあるのだ。
(伏線を引くだけ引いて、打ちきりになるタイプの連載漫画は数多い)

謎は謎のままのほうがよくて、正体をさらけ出したらガッカリ、
という現実的な問題もある。
女の子の鞄の中は見ない方がいい、とか、
死神博士の正体はイカゲルゲだった!とかだ。
(この二つが同じジャンルとは)
謎を提出し続けておいて期待させ、
その期待に正体が答えきれないことのほうが、多いと思う。
だから「つづく」詐欺は、結果的に頻繁におこる。

「解明を遅らせる」パターンでは、期待が高まり過ぎることを知っておくとよい。



第二のパターンは、
謎の解明を遅らせるために、その謎の前に戻るパターンだ。
そもそもどうやってその謎が生まれたのか、と遡る。
「遡り」パターンとなづけよう。
謎を中心として時系列を普通に進むのが第一の「解明を遅らせる」、
時系列を遡るのが第二の「遡り」パターンだ。

今ホットな、ペプシ桃太郎がそれだ。
歴史や殺人事件、ルーツを探るなどの、ミステリーもこれにあたる。
過去に戻るタイムマシンものも、これに当たるだろう。
宇宙や物質や時間はどうやってできたのか、という科学もこれに該当する。
この世界には神がいる、という民族神話は、この謎の答えのひとつだ。

現状に謎があるのなら、
その前のステップに戻ることで、結果的に謎を引っ張る。
これも第一のパターンと時間の方向が違うだけで、
同じ問題を抱える。

伏線とその解消が上手くいかない、下手または、詐欺に会うことだ。

ペプシ桃太郎は、おそらく鬼を倒さない。
鬼=コカ・コーラを倒すことは出来ないからだ。
(でもペプシマンのときはコカ・コーラを売り上げで上回ったらしいけど)
その前へ戻り続ける、「遡り」パターンの「つづく」詐欺になるだろう。

同じ問題をもつ映画に、「メメント」がある。
ラスト前までは凄まじく面白い。
主人公の病とあいまって、遡り型のバイブルのような出来だ。
しかし謎の解明は、やはりガッカリであった。
衝撃の事実が待っていなかった。斜め上の結論だった。
いくつかの伏線も解けないままであり、公開時批判が集中した。
(例えば主人公に注射を打ったのは誰か?があった気がする。詳しく覚えてない)

これも「つづく」詐欺の典型だ。
宇宙論や超ヒモ理論も、きっと遡り型の詐欺のような気がする。
俺らが生きているときには宇宙の謎は解明されないだろう。
生命の誕生とかも。


第三のパターンは、
時系列をずらすのではなく、場所をずらすやり方だ。
縦方向ではなく横へずらすイメージだ。
浦沢直樹と長崎尚史コンビの漫画がその典型だ。
(モンスター、20世紀少年、プルートなど。ビリーバットは読んでない)

謎をふっておいて、
次の回では、全く別のところから話をはじめ、
前回の謎に関する重大な場面に接続する場面で、つづくになる。
おおおと思って次を読むと、
また別の場所で話がはじまり、盛り上がってきて、
謎に接続したところでつづき、
また別の場所からはじめる。

「別の場所」パターンとでも名づけよう。
このパターンは、複数の場面のカットバックという、
最も映画的な手法のひとつを使える。
同時進行という設定でもよいし、
時間を変えてもいい。

はるか前の時刻、と遡りパターンの併用もあるし、
古代や未来の時代や、別次元すら飛び回った「火の鳥」パターンもある。

これも、「つづく」詐欺になりやすい。
構造が複雑だから、
理解すること自体が面白い、ということになりがちで、
その解明は納得のいかないものが多い。



続き物は、つづくことが使命である。
最終回を迎えるのを、なるべく遅らせる。
そうすれば儲かるからだ。
その解明である最終章がやって来る前に稼げば、
やりにげでも構わないのだ。
下手をうつと信用は落ちるだろうが。
しかしきちんと完結した「寄生獣」よりも、
連載中のなにかのほうが、おそらく評価は高く、稼ぎ続けるだろう。
完結させるのが目的ではなく、
続けて稼ぐのが目的であるかぎり。


さて、「つづく」詐欺の原動力、
「謎」は、マクガフィンとなりえる。
謎は解明されないのだとすると、
「その謎をめぐること」そのものがドラマである、
となってしまうからだ。
「ワンピース」における「ひとつづきの宝」の正体は、
最終回付近で解明されるであろうことを前提としているが、
解明されないこともあり得る。
今の機能でいえばマクガフィンであるからだ。
「火の鳥(未完)」においても、永遠の生命の謎は、マクガフィンとして機能していた。

マクガフィンは、「つづく」詐欺においては、
作者の言い訳に使われやすいだろう。
その謎の解明自体が重要ではなく、
解明しようとした人間ドラマが重要なのだ、と作者が言う可能性が高い。

意図的に騙す詐欺だろうが、
実力不足で結果的に詐欺になろうが、
謎を出しすぎて回収しきれなかろうが、
その言い訳が全てを吸収できるからである。



あなたは、「つづく」詐欺を書いてはいけない。
映画は「つづく」ではない。
一本の完結した物語である。
完結したものとして、テーマがあるもののことを言う。

「つづく」詐欺は、意図的にせよ結果的にせよ、
テーマや本筋から逃げることである。

逃げないのなら、謎を引っ張る三つのパターン、
「解明を遅らせる」「遡り」「別の場所」という時空間の操作は、
テクニックとして使えるだろう。
これとミスリードが、中盤のテクニックのほぼすべてではないだろうか。
posted by おおおかとしひこ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック