2014年08月31日

絵がなくても面白い話2

絵と話のつづき。
逆に、映画脚本では、
「どれかの場面は絵で勝負する」を決めるものだ。
予算が少ないなら、
それはたった1カットだ。
このカットだけはこの凄い絵で勝負したい、
という執念で撮るものだ。
それはきっとその映画を象徴する絵になる。
「俺たちに明日はない」のラストのスローモーションがその典型だ。



何でもかんでも絵で勝負する映画は、
金ばかりかかるだけで、勝負どころが逆に散漫になる。

例えば全カットノーライト1テイクしか撮れない、
たったひとつの絵だけをライトありで何テイクでも撮れる、
という条件なら、どの絵を頑張るか。

必ず、テーマを象徴する絵になる筈だ。
「俺たちに明日はない」ならラストの銃撃戦、
「ロッキー」ならラストのエイドリアンと抱き合う一連、
「風魔の小次郎」なら姫子との別れの一連だ。
それは、作品全体を象徴する強烈な記憶になる。

一方、
「イージー・ライダー」は、バイクにまたがり走るシーン、
「燃えよドラゴン」は、黄色いトラックスーツ、
「タクシードライバー」は、鏡の前で例の髪型になり銃を構えるシーン、
「マトリックス」は、例の銃弾を避けるところだ。
これらはテーマの絵ではなく、
「この映画でやるべきこと(または、お楽しみポイント)」を象徴するシーンだ。
ヒーローものは、ラストのテーマの象徴ではなく、
ヒーローの活躍(または登場)が、
気合いの入った絵になり、記憶に残る絵になりやすい。
それはヒーローの物語の性質かも知れない。
(逆に、映画そのもののラストはこれほど記憶に残っていない)

映画「変態仮面」は、絵の勝負どころを間違えている。
ラストの大ロボットのCGに金をかけてしまった。
それを適当なものにして、
パンティを脱ぐシーンか、テーマを象徴する何かに金をかけるべきだった。
映画「剣岳」は、途中凄い絵が撮れているのに、
クライマックスの登頂成功がそれ以上によく撮れていない。
それは大失敗といっていい。
他が全てショボくても、登頂成功だけは凄い絵で見たいのに。

さあ、
あなたの書く話だ。
1カットをのぞいて、どんなショボい絵でも面白い話を書くべきだ。
たった1カットだけ勝負する絵を選ぼう。
それがいい絵になるように計算しよう。
それは、「解決する瞬間」(=テーマ)であるべきだ。
posted by おおおかとしひこ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック