2014年10月27日

つくる話の好み

12星座別、もしも映画監督になったら、 というおもしろネタ。
http://www.e-shinro.com/dnk/MANTEN/info/2004/1012/1027_1103b.htm

乙女座の俺は、まあ向いてる話をつくってるってことだ。
派手でぶっ飛んだこととか、おしゃれなミュージカルとか
ミステリアスなものは元々苦手なんだねえ。
(このブログのような延々の分析も、全く苦じゃないしね)

これは、自分の「好み」とか、「向いてる」を意味してて、
同時に、他人のものを「好みにあわないから否定する」ことも意味している。
好みと評価を分ける理性は、好みの衝動に無意識に負けるってこともある。

獅子座や射手座はいつも人気者だけど、
星占い的には12年周期でその星座の年が来て、
時代がそういう雰囲気を求めるんだってさ。
その年が来たとき、名作をものに出来るように鍛えよう。

信じるも信じないも。
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック