2014年12月06日

ペプシ桃太郎批判:出落ちの何が問題か

ストーリーもののふりをしていること。
あれはストーリーではなく、出落ちである。
出落ちの癖にストーリーを名乗るから、僕は不快なのだ。

ストーリーの下手な人は、出落ちばかり続けて、
ちっとも話が進まない。
多くのCMは、殆どが登場編で終わり、展開編にならない。
「続きがいったいどうなったか」を「興味を持って追い続ける」ことが、
ストーリーを楽しむことである。


ストーリーは、
1/4が登場編、
1/2が展開編、
1/4が解決編である。

これはハリウッド映画の経験則だ。1:2:1のバランスだ。
僕の短編理論では、それぞれ、1:1:1や2:2:1でもよい。

しかるに、桃太郎は、
Episode0:全キャラの登場編
Episode1:桃太郎と師匠の登場編(0よりも前)
Episode2:犬の登場編(0よりも前)
おそらく、
Episode3:猿の登場編、
Episode4:雉の登場編(いずれも0よりも前)
であることが2から予想される。

Episode3:猿と雉の登場編、
Episode4:鬼の登場編、
という構成も予想される。

さて、ストーリー構造的には、
ここまでが登場編だ。

この2倍の展開編、同等の解決編があれば問題ない。
つまり、これは全15話、全20話の一部であれば、
僕は文句を言うこともなく、土下座して謝ると思う。
よくやってくれたと。
しかし、本当にそんな壮大なものの一部であるとは思えない。
何故なら、012が時系列で繋がっていないからである。

1→0、2→0は時系列で直結だが、
予想されるのは3→0、4→0の直結であり、
たとえば、
1→2→0→3→4
などの、一直線の構造ではない。
バラバラなエピソードが、扇形に0に繋がる構造を予測させる。
これはスプレッドという構造であり、
八百屋のようにバラバラなものを陳列するやり方である。
スプレッドはストーリーではない。
一直線でないからだ。

あることが次に影響し、それゆえ次のことが起こり、だから次のことになり…
という、因果関係こそがストーリーである。
その因果関係の長さが、登場、展開、解決で、1:2:1であるべき、
というのがハリウッド的ストーリー構造だ。
八百屋の陳列物を、順に因果関係で一直線に面白おかしく繋げたものがストーリーだ。、

今のところ、1→0という、2エピソードの長さしか、因果関係の長さを持っていないから、
最低でも、展開に2エピソード、解決に2エピソード必要だ。
それにしても、頭が重い(登場するばかりの)物語になってしまう。

僕がこれはストーリーではないという根拠は、
2と1に因果関係がないからである。
ここにあれば、事態は一直線になり、
ストーリーの歯車が回り始める筈だ。
たとえば2は1の更に過去でもよい。
犬は宮本武蔵に出会った、という話でもよかったのだ。
そうすれば、(詳細は出来ていないが)2→1→0という、
3エピソードに渡る因果関係が出来た筈だ。

それをせず、1→0と2→0のバラバラなものを陳列したことに、
これはストーリーでないと腹を立てている。
(そして、3→0や4→0と、バラバラを増やすだけなんだろ?という予想に)

ふたつのエピソードを繋げることは、
素人でも出来る。
それは、前項までの議論、ABC伏線方式での議論で少し触れた。

素人はバラバラのものをA→Bと繋げてストーリーらしきものをつくれるが、
A→B→Cと三つを繋げて語ることが出来ない。
正確には、三つ目で詰まらなくなる。
ストーリーテラーは、三つ四つ…と面白おかしく繋げられる者のことである。

三つ以上を繋げて因果関係に出来るのは、
ストーリー創作という特殊技能だと思う。
(三題噺をトレーニングにするには、このような理由がある)

二つのものを繋げるのが素人で、
三つ以上を繋げて一本のわくわくする話に出来るのがストーリーテラーだ、
という定義すら出来そうだ。


桃太郎に話を戻すと、
つまりこれは、三つ以上の因果関係がない、
すなわちストーリーではないと言える。

なのにストーリーのふりをしていることが、腹が立つのだ。
エピソード0のインパクトはなかなかあった。
それは一本なら出落ちが許されるからだ。
シリーズになるからには、それがストーリーにならなければならない。
ストーリーを書く能力がないから、
次も出落ちにしてしまう。
次も出落ちにしてしまう。
かくして、殆どのCMは、登場編のあとに展開編や解決編がない。

ストーリーとは、登場編は全体の1/3や1/4だ。
大河ならば1/10や1/50だろう。
登場は刺激が強い。
その刺激が収まらないうちに次の展開へ繋ぐのがストーリーテリングだ。
桃太郎は、登場編の刺激の次に、また登場編の刺激を持ってきた。
そしてまた登場編の刺激を持ってきた。
ちっとも展開しない。刺激だけで持つはずがない。
登場だけのやり逃げである。

サントリーもペプシも、やり逃げされて何億もどぶに捨てたのだ。



ちなみに、エピソード0を見た直後に、
これがストーリーだったら、と僕が試しに書いたものがある。
中盤以降に、犬猿雉が登場する。
これは出落ちではなく、展開の構造を持っている。
あることが次のことの原因となり、それゆえ次の行動をする、
という因果関係が、中盤でずっと繋がっていることに注意されたい。
(それが面白い面白くないという評価はあってよい。
問題は、因果関係のアリナシである)

エピソード2→3→4と、因果関係を繋げてきたら僕は脱帽するが、
2の終わりで3に繋げる糸がないため、そのつもりもないのだと考えられる。



ストーリーとストーリーじゃないものの差は何か。
一本の因果関係かバラバラかの違いだ。
(RPGなどで、一本道は詰まらないなどとよくいう。
それは一本道が詰まらないのではなく、
「その一本道」が詰まらないだけだ。
「物凄い面白い一本道」を作ることが、ストーリーを作ることなのだ)

バラバラのものはストーリーではない。
それをストーリーのふりをする桃太郎シリーズは、
それすらもイミテイティブである。


ちなみに、調べれば分かることだから書いておく。
僕の生涯のワースト10に入る「survive style 5+」の脚本を書いた男が、
今回も筋を書いている筈である。
同じ質のものを作り続けるのか、
ストーリーテリングでブレイクスルーを果たすのか、
注目していたが、前者であることが確定した。
posted by おおおかとしひこ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック