2015年01月20日

序破急2:2:1理論

「短編では、三幕構造は序破急の2:2:1にするとよい」
という僕独自の理論は、
どうやら、二時間映画にも適用出来るようである、という話。


45分、45分、22.5分を、序破急の理想尺としよう。

とすると、112.5分の映画ということになる。
エンドロール3分、オープニングクレジット1分の4分を追加すれば、
116.5分。
現実的そうな理論だ。


三幕構成理論の欠点は、
二幕が行方不明になっているところだ。

僕がよく経験する、
「二幕前半に何をやっていいか分らない」という問題について、
この理論は答えてくれない。

ところが、「45分までを序とする」ということを考えると、
30分までを三幕構成理論でいう一幕として書き、
のこり15分を、
二幕前半の「お楽しみポイント」かつ、「破に対する序の部分」
だと思って書くと書きやすいことに気づいた。


もう一度序破急を確認しよう。

序とは世界の構造を示すこと、
破とはそれをひっくり返すこと、
急はその統合、
である。

つまり、二幕の後半45分は、
三幕構成論では二幕前半の後半部、ミッドポイント、二幕後半という役割だが、
これを全部「破」つまり、
それまでの前提を次々に覆し、序と対になるようなことや、
展開して行くことをやればよい、ということになる。

(対になることで思い出されることが、
シド・フィールドの予言したピンチポイントである)

問題の二幕前半の前半15分は、序に属するから、
破でやる部分のセットアップでもある、という結論になる。


これは、ブレイク・シュナイダー・ビート・シート(BS2)における、
「30分からはじまるBストーリーの起点」ということと、
理論的には一致する。
僕がこれまで直感して来た、非日常世界スペシャルワールドへの突入の、
序盤である、ということにも合致する。


図に書いてみよう。ずれてたらごめんなさい。

   三幕構成    序破急   大岡の解釈
00
30 ここまで一幕
45         ここまで序 ここは破のセットアップ
60 MP
75
90 ここまで二幕  ここまで破
105
120ここまで三幕  ここまで急


もちろん、セットアップといっても、ただ設定するわけにはいかないので、
事件の進行をしながらという原則は変わらない。
こう考えることで、急に書きやすくなる気がする。



例を、またまた「てんぐ探偵」20話妖怪横文字から。
三幕と序破急.pdf

この話は、比較的三幕構造を意識的に考えて書いたものだ。

以前書いた第二ターニングポイントは間違っていることが分った。
ごめんなさい。第二ターニングポイントは、電話でした。
あと、ミッドポイントも違いました。
ミッドポイントは「日本を巡ろう」でした。
(つまり二幕全体は、
調査と事情聴取という探偵的行動と、
日本旅行という大きく二つにわけられるのだ)

それらを意識して節がつけられていることを、左端を見ればわかる。
一幕、二幕前半、二幕後半、三幕と区切り、
エピローグ(後日談)を特別な節にしている。

おおむね、1:2:1の尺構造になっていることが分るだろう。


さて、序破急だ。
おおむね2:2:1に分けてみた。
するとどうだ。
序と二幕前半部の重なり
(120分映画で言えば30-45分のパート)
が、「実地調査」だということが明らかになった。
ネムカケを連れてかくれみので江島の横文字ぶりを観察し、
盛ってるだけじゃんと看破するくだりである。

これは上の議論に一致する。
序とは、紀子からもたらされたそもそもの状況と、
実際の江島の様子からなりたち、
破はこれをひっくり返して行こうとすることだからだ。

まあ自分が書いたことだから、
自分の直感的理論に従うのは当然と言えばそうなのだが、
僕はページ数を「見ず」にこれを書いていることだけは告白しておこう。
なんとなくこのへんでこういうことが起こる、のは勘でやっているのである。

その勘のようなものの理論化を、してみたのだ。



ついでに、オープニングとエピローグを、
枕とサゲに書き直してみた。
日本人的には、こちらのほうが腑に落ちやすいのではないか。
posted by おおおかとしひこ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック