2015年02月04日

ラブストーリーのかきかた

といっても、専門ではないので、FFさんの質問に答える形で。

当たり前だけど、ゴールをまずどこに置くか。


男の書くラブストーリーは、恋人になったところで終わることが多い。
女の書くラブストーリーは、つきあいはじめてからの話が多い。

どちらに重点を置くかで、ゴールが変わると思う。

前者なら、距離をつめたり、遠ざかったりの面白さで、
告白やらキスやらがゴール。
第一ターニングポイントは、ゲットする、と決意したところ。
第二ターニングポイントは、最後の舞台が整ったところ。

後者なら、付き合ってからのトラブルの面白さ。
ほんとうに好きなのかどうかとか、より深い話になりやすい。
第一ターニングポイントは、付き合うことになるところ。
第二ターニングポイントは、これが本当の愛である証明の、最後の鍵。
ゴールは結婚でもいいし、二度と離れない絆の確認でもいい。


どちらにせよ、
事件は恋である。
それも、劇的な恋である。

殺人事件と同様、悪の組織を倒すことと同様、
事件の解決の過程を考えると良い。
それらの事件がまず面白くなければならないのと同様、
劇的な恋という事件がまず面白くなければならない。

自信のない男の片思い、ペット契約、何かの手違いでカップルになる羽目に、
などなど、ぱっと思いつくのはそのあたりか。

古典で言えば、

「王女が王宮を抜け出し、新聞記者とエスケープ(とひとときの恋)を楽しむ」
(ローマの休日)

「催眠術をかけられ、心のきれいさが見た目のきれいさに見えてしまうようになったが、
見た目のきれいな人だが実際はものすごいブサイクに恋してしまう」
(愛しのローズマリー)

「自分の部屋をラブホ代わりに貸して副業にする会社員が、エレベーターガールに恋する。
出世の為に上司の不倫に部屋を貸して恩を売るが、その不倫相手とはそのエレベーターガールだった」
(アパートの鍵、貸します)
など。

こないだ読んだマンガだと、
「30手前の女が10年下の男が好きだと気づく。脳内に5人の人格の脳内会議があり、
ついついややこしく考えてしまう30女が、どうやって一線を越えるのか」
(脳内ポイズンベリー)

などなどだ。
すでにこの時点で面白そうだ、という事件をまずつくっているのである。

それは殺人事件が事件なら、
密室で絶対に解けないとか、七つの大罪になぞらえた事件とか、
何かしらの新しい事件になっていることと同じである。


そして、あとは解決の面白さを考えることだ。

告白がクライマックスになるなら、
それが独特のクライマックスであることが大事だろう。
僕の好きなラブストーリーは、
「アニーホール」や「恋愛小説家」だが、
どちらも独特のクライマックスと幕切れを用意している。

事件と解決を決めれば、
あとは展開を考えると良い。
そうすれば三幕構造を考え始めることになるだろう。



さて。

ラブストーリーのコンフリクトの相手は誰だろう。
僕は、恋する相手と、内なる自分ではないかと思う。

「殺し合うこと」がいつもの良く書くパターンの目的だとしたら、
「障害を越えて、愛を確かめること」が目的であるにすぎない。

障害とは、相手の気分や言葉や態度や事情、
そして主人公側のそれ、だ。

その為には、正義と悪をきちんと等分に書くのと同様、
男と女を等分に書けなければならない。
ここが実は一番難しい。男と女を上手く書くことは、経験がいると思う。


「バディもの」というブレイク・シュナイダーの考え方は僕も賛成だけど、
それは、ケンカしたりくっついたりを上手く書け、
ということを言ってるに過ぎないと思う。
(「save the cat」はやはりコメディをベースにしていると思う)

まずは、ケンカからはじめて、協力せざるを得なくなって、
結局恋に至る、名作「アフリカの女王」を見ることをおすすめする。
とても単純な形なので、キャラクターとプロットが浮き出て研究しやすいと思う。



さて。
芝居で一番大事なことは何?
目的である。

男の目的は何? 女の目的は何?

それが互いに「相手と愛し合うこと」だったら、
目的は同じだから、お話にならない。
「互いの目的が違うこと」がコンフリクト。

それを解消し、お互いの目的が変化することが、
ラブストーリーのキモなのではないだろうか。


たとえば「プリティウーマン」では、
男の目的は「金で女を買うこと」
女の目的は「金を得ること」。最初は利害が一致していた。
ところが会食を夫婦でしなければならなくなり、男は契約を延長。
男の目的は「夫婦のふりを金で買うこと」、
女の目的は「夫婦のふりで金を得ること」。
ところが、お互いが金ではない恋人のような関係になり、
当初の目的が変わってくる。
ここからがお話の本番だ。


映画のラブストーリーを書く場合、として解答してみた。
小説の場合はちょっと違うかもなので、参考までに。

まあぶっちゃけ、
二人のキャラ、最初の事件、のみっつで決まるような気もする。
posted by おおおかとしひこ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック