2015年05月27日

テーマから書くとき

テーマをつくろう。
その逆の状態の日常をつくろう。
その日常を打破して、
テーマの状態になる話をつくろう。

たったこれだけだ。
あとは中盤を厚くすればOK。



簡単な話から。

テーマは勧善懲悪。
最初の日常は悪の横行する世界。
主人公があることをきっかけに、
正義をなし、世界が悪でなくなることを描く。

言うのは簡単だけど、リアリティーのあるそれを書くのは難しいテーマだ。
ちゃんと書けたら名作クラス。


テーマは愛が大事。
最初の日常は愛が失われた世界。
例えば冷めた夫婦やカップル。
あることをきっかけに愛が復活する話を書けばいい。
あるいは、人を愛することを知らない男が、
あるいは、人を愛することを信じられない(裏切られたなど)男が、
愛を知る話。
男女の愛でも、人の親切でも構わない。


ほとんどのでかいテーマは、このふたつに集約される。
しかし大きすぎて、とても難しい。
これまで人類が書いてきた、どの話をも凌駕することは、
かなりの筆力がいるだろう。

わりと簡単なのは、
「全く新しい世界」でこれを描くことだ。

たとえば「文房具だけをコマ撮りした世界」で、
正義や愛を描くと、それだけで新しく見える。
(その手は多分誰かがやってると思うけど。
キャップを失ったボールペンが再びキャップを取り戻すまでの、
深夜の会社を舞台にした冒険譚とかね)

何かの擬人化は、新しい世界を描くのにうってつけだ。
戦艦の次は刀剣だ。同じことの世界違いだ。


さて。
人間の世界を舞台にした映画というジャンルは、
同じテーマを描くなら、
世界を別にする、
例えば時代劇にする、SFにする、外国にする、ネットの中にする、
などをするとよい。

もうひとつは、テーマを別のものを探すとよい。



ネタをばらせば、「てんぐ探偵」とは、
あるテーマを描くために、
逆の状態を「心の闇に取り憑かれた」設定にした物語群なのだ。

39話「目先」なら、
「100年先を見る」ことをテーマにする為に、
その逆の、「目先のことばかりになる」状況を作り出したのだ。
全ては、ここを背骨に作られているのである。

芸能事務所の社長と役者の人生、という、
目先の経営と芸術の寿命、という対比的なモチーフを選び、
あとは芸術の長さを作るために、
年寄りが若手に伝授するというモチーフを選び、
その練習にシンイチが偶然出会うように冒頭をつくり、
タイタニック挿話と暗いところから遠くの灯りを見るという、
心の闇と炎の話の別バージョンとも言えるエピソードを入れ、
ヨーロッパの森を中心モチーフにすれば、
あとは、それぞれの目的が交錯するように、作っていけばよい。

これから分かるように、モチーフの選び方、
色々なパーツは、テーマから逆算である。

そうやって、逆算でものを作るやり方が、
テーマから書くときだ。



勿論、これを書くときは、師弟関係の良さとか、
夜の公園の稽古のドキドキ感とか、
そういう、普段書きたいなあと思っている要素が僕のなかにあって、
それと上手くくっついたから、
これらを書こうと思ったのだ。

そういうものの選び方は、好みでいい。
モチーフは書きたいものの好みでいい。

100年先を見るというテーマの中で、
役者の師弟がベストのモチーフとも思えない。
(そもそも会社経営のことで普段疑問に思っていることを、
芸能事務所にモチーフをずらしたし)

砂漠の緑化をしている人を主人公にしてもいいし、
宮大工の人を主人公にしてもいいし、
ダムを作る人を主人公にしてもいいし、
サグラダファミリアの建設事業を継いだ人を主人公にしてもいい。
あとは、取材して書けるかどうかという話だ。

僕は芸能事務所の社長と役者の人生なら書けるかな、
と、いわば楽をしたのだ。

モチーフは自分のなかにある。
好みや書けるかという点で。
これは取材して増やすことも出来る。
人生経験が豊富だったりするとなおよい。


テーマさえ出来れば、そのモチーフを選べばいい。
複数候補があったりするぐらい、
モチーフは探すべきかも知れない。


逆にモチーフからつくる方法もある。

次に書くとしよう。
posted by おおおかとしひこ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック