2015年06月04日

余計な描写

小説の文章とも関連することだけど。

例えば主人公の部屋をどこまで描写するべきか。
シナリオでの結論。
あとで使うものだけ描写する。
あとは不要。捨てる。


小説の文章では、
ストーリーに関係ない描写で、楽しむことが出来る。
主人公の部屋を描写する文章なら、
たとえば村上春樹ならとても上手だろう。
そしてその要素はそこしか出てこなくて、
あとで使うものはないだろう。
どれかはあとで使うかも知れない。
じゃあそれ以外は、シナリオなら捨てるのが原則。

じゃあ描写の文章が勿体ない。
小説は文章を楽しむものだから、
描写を捨てなくていい。
物語と文章は、同じものを指すとは限らないからだ。
美しい描写、読んでて楽しい文章、
それらは存在の価値がある、文章書きとしては目指す境地だろう。

しかしシナリオにそれはいらない。
映画はそれを、シャシンでやるからである。
俳優の美しさ、ロケーションや音楽や衣装やトーンの美しさで、
それをやる。
シナリオには、極論でいえば、ストーリーに関係あるものだけを書く。
勿論人間が読むものだから、
遊びはあっていいけれど。

ストーリーに必要?必要じゃない?
それを判断するには、
そのシナリオのストーリーがどういうものか、
出来ていなければならない。
こうして循環論法が発生する。


小説は、多分、書きながら考えてもいい。(ちがったらごめんなさい)
シナリオはダメ。
プロットやボードでストーリーを作り終えてから、
それにいるかいらないかを判断しながら、
書かなくてはならない。
(第一稿にはそういう無駄があるかもだが、
最終稿にはそれらは削ぎ落とされているはずである)
posted by おおおかとしひこ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック