2015年06月21日

一万時間仮説

また雑談。
何事も一流になるには、一万時間の練習が必要なのだそうだ。仮説だけど。
一日3時間としても、10年かかる。
十年大成という中国拳法の格言は正しいのだなあ、
と感心していた。

ところで、一日一時間なら、30年かかる。
俺がストーリーとは何だと考え始めたのが16のとき。
三時間もやってねえから一時間ぐらいかなあ、と考えていたら、
もうすぐ30年だ、と気づいた。
ほんとに一流になれてるかね。
ストーリーに関しては、今のへっぽこCM業界では一流か。


一万時間、練習する気があるか?
人生と引き換えだぜ。(一日十時間で千日。学生なら可能か)
ここで戻っても誰も責めない。
それぐらい険しい道だと、自分でも思う。
posted by おおおかとしひこ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック