2015年07月15日

5分シナリオの書き方3:話が先か構成が先か

構成の話をガッツリ書いたけど、
これは気にしてはいけない。

正確に言うと、話を書く前に気にしてはいけない。
話が出来たら、気にしよう。

構成ありきではなく、あなたの面白い話ありきだ。


構成とは、あくまで話を面白く見せるための、
経験則の集合だ。

だから、構成からは話は生まれない。
話を作っている途中苦しくなって、
構成の表からヒントを得ようとすることは、
ベテランになってもよくあることだけど、
そうやって作ったものはお行儀が良くなりすぎる。

まずは、面白い話ありきだ。
400字とか気にせずに書いてみよう。

書き終えてから、リズムを整えるのに構成を使うぐらいにしよう。
面白い話を思いつくことに関しては教えられない。
だけど、面白い話のパターンを教えることはできる。
構成とは、パターンに過ぎない。
そして、
パターン破りの時が面白いときもあるし、
パターン通りの時が面白いときもあるし、
パターン通りで詰まらないときもあるし、
パターンからずれててモヤッとするときもある。


初心者がつまづくのは、
5分におさまる「話の規模」を考えることだ。

大長編のダイジェストや一部場面でもダメだ。
小ネタの引き延ばしでもダメだ。

まず、5分程度がどんな話かに、慣れる必要がある。
何回か失敗して、長すぎず短すぎずの勘所をつかんでもらいたい。
5、6本も書けば慣れてくる。
そんなに書けないのだとすると、脚本家は向いてないから諦めなさい。
(他に映画に関わる仕事は沢山あるし、どれもかけがえのないポジションだ。
エンドロールを見れば、何人が仕事をしてるかよくわかる)

僕が5分を薦めるのは、
書きやすい分量という他に、
映画の尺の単位になっているからである。

映画は、3、5、7.5、10、15、30、60、90を単位とすると思う。

あなたの思いつくどんな話も、
3や5のパーツから出来ている。
その最小単位を学ぶのだ。
3分は三幕構造をつくるのにはちょっと足りない。


さて、まず面白い話を思いつくこと。
慣れてきたら、○分の話、と言われて思いつけるようになる。
そしてプロは、最初に○分の話をお願いします、
という依頼からはじまる。
posted by おおおかとしひこ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック