2015年08月24日

二幕前半に何を書くべきか?

僕は二幕前半が苦手で、いつも何を書くべきか分からなくなる。
苦手だから、余計に研究して、
色々なパターンを身につけてきた。

具体的には、こんな感じだ。


そのスペシャルワールドが、どう日常と違うか体験してゆく
(お楽しみポイント)
そこに付随する人達とはじめて会う

抽象的な大目標に対して、
目の前の具体的な所から取りかかり(詳しく調べるなど)
外堀を埋めて行く

大目標を確認したら、それを部分目標に分解し、
第一小目標、第二小目標を遂行

協力者を募る、大抵その人はヘンテコな人で、全面協力とは限らない
逆に反対者が現れる、大抵その人は常識人で頭が固い

大きな焦点と同時進行で、
主人公のプライベートに関するストーリーライン(Bストーリー)の開始

あれこれ考えたのち、実際にその場に行き、当人と会う

最初に小危険があり、まずはそれを突破しなければならない

一休みしたら、その人の深いところに触れるエピソードがある

何かを失敗する、どうにかして回復する過程で、信頼を取り戻し、
人間関係が強固になってゆく

何かと何かが対比的に起こって行く、それはこの世界の両極端を示すことが多い

困ったら締め切りを作って急がせる

脇道のほうが魅力的に見える


などなど。

これらを、単独でなく、同時進行させるのがコツかも知れない。
ひとつをやって、その続きをやって、
とやるから、勢いが落ちてきて止まりやすくなる。
こちらではこういうことが進行した、
一方こちらでは、というように、
複数のストーリーラインを走らせると、勢いが保てることが多い。

勿論、別の場所の別のストーリーラインでもいいし、
同じ場所での別ストーリーライン(例えば、部活の練習とマネージャーとの恋)を、
同時進行させてもよい。



他にも、沢山やり方があるだろう。
名作を見て研究するとよい。

慣れてくると、この部分に面白いことを残すために、
わざと一幕で寸止めしておくこともあるぐらいだ。
(実はそっちのほうが実践的かもね)
posted by おおおかとしひこ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック