2999年07月25日

【第一期完結】てんぐ探偵【最終回第五十七話: 力の湧く場所】

シンイチのラストバトルに、答えの出る日。 第一期、堂々完結!
バナー57最終回.jpg

 http://ncode.syosetu.com/n0683dj/(挿絵つき/ゴシック体/縦書き対応「小説家になろう」)
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054881215896(きれいな明朝体/文章のみ/横書き/予告なし「カクヨム」)
 http://slib.net/60403(文章のみ/明朝体/縦書き対応「星空文庫」)
★ 3つのサイトで更新中!(1話7000字〜の為、PC、タブレット推奨)

次回予告

 もう一人のてんぐ探偵、鞍馬光太郎も「心の闇」の謎を追っていた。ファイナルバトルは、秋葉原のホコ天。死の恐怖に取り憑かれた男女九名が、刃物をもって暴れる! 天狗の力は何の為にあるのか。炎はどこから来るのか。シンイチの自問自答が、今、形になる。
 次回てんぐ探偵最終回 「力の湧く場所」に、ドントハレ!
posted by おおおかとしひこ at 22:09| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第二回連載、おめでとうございます!
初期から拝読させて貰ってますので、随分と上達したことが伺えて我が事のように嬉しく思いました。
(上から目線で申し訳ありません…)

が、ひとつ苦言を呈したく。
こちらをもっとワクワクさせて欲しいです。

物語の運びの流麗さは、もはや市販の小説に遜色のない程に見事なのですが、肝心の内容に意外性を感じませんでした。

寧ろ、よくある展開といいますか、妥当だとすら感じました。

この欠点は、大岡さんご自身がファイアパンチに指摘されてる部分と同じように思えてなりません。

もっと大岡さんならではの個性というか感性というか。
有り体に申せば「大岡節」を見せつけて欲しいです。

こちらのblogの文章における「大岡節」が、もっと作品でも感じたいです。

不躾な発言で申し訳ありません。
とても面白そうなのに、何だか勿体無く思えたので。

今後の展開に期待しております。
そして、いつの日か出版され本になって手元に届く日が来ることを楽しみにしてます‼
Posted by どら at 2016年06月25日 02:04
どら様コメントありがとうございます。

御愛読感謝します。
「大岡節」というのが何を指し示すか具体が分からないのですが、
このブログで大岡節だなあと思ったのは、
何記事ぐらい読んだときでしょうか。
それと同じくらい話数がかかるかもです。
そういえばドラマ風魔も二話終了時点ではまだ様子見だったはず。

僕はこの話を、「心のブラックジャック」だと思っています。
手術の代わりに、自力回復のカタルシスが起こると。
第三話もお楽しみに。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年06月25日 15:05
ご返信ありがとうございます。

大岡節に拘られてますが、要はblogでの歯に衣着せぬ勢いのある発言に比べて、作品は優等生で非常に遊びがない感じかしたから、もっと作品でもキレキレでいて欲しい、と言ったつもりです。

面白くなるのに時間がかかる、というのであれば、それはとりもなおさずファイアパンチだってそうだと思われますが?

何だか書いてる人と発言してる人が一緒に思えません…

あと、大岡さんのお考えになる大岡節って何でしょうか?参考までにお聞かせ下さるも嬉しく思います。
Posted by どら at 2016年06月26日 11:27
どら様コメントありがとうございます。

ファイアパンチは4話でまとめ批評をし、8話で切りました。
まあ2話で切られるのなら、それはそれでしょうがない。

歯にもの着せぬのは批評では出来るけど、
創作の物語では別だと思います。
批評は一人称、物語は三人称なので。
キレてる三人称ってどういうことか、イメージが掴めない。


ちなみに僕の創作における大岡節は、
わりと優しくて繊細な部分だと考えています。
風魔で言えば10話、最近でいえばNHKのCMです。
短編シナリオにも上げてある感じですかね。
流行りはしないけど、地味に心を打つ部分かな。
これをガワで派手にしたりすると出来上がると。

予告しておくと、3、4、6、10話あたりにそういうのが来ます。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年06月26日 13:34
早速のご返信ありがとうございます。

鋭い批評眼を基に、もっと心の闇の芯に迫って貰いたかったです。
それにてんぐ探偵というガジェットを上手く用いて貰いたかった。

ご免なさい、読んでいるとよいお話のマニュアル通りに構築された作品としか思えなくて。

それ以上の驚きも意外性も感じませんでした。

映像であれば、そこは役者の表情やカット割りで表現できるのかとも思われますが…

ひとまず3話まで読んでみようと思います。
そして、次からはサイトの方に書き込むように致します。
その方がもっと批評が書けると思いますので。


blogを書き乱して申し訳ありませんでした。
Posted by どら at 2016年06月26日 15:04
てんぐ探偵を読むのが最近の楽しみになってきております。
毎週、次はどんな妖怪が出てくるのかワクワクしながら読んでます。

質問なのですが
てんぐ探偵の執筆スケジュールが知りたいです。
どのくらいの時間配分でネタを出してプロットを作り仕上げているのでしょうか
Posted by バルス at 2016年07月05日 19:47
バルス様コメントありがとうございます。
是非拡散お願いします。

実は既に57話清書は終わっていて、順次コピペしていってるだけです(ルビや整形は都度やってます)。

実際のところ、ネタ出しは順次。
たまってきたら数話単位でプロット書き。
50話プロットづくりに半年ぐらい。
わりとアットランダムにつくりました。
当初は実写ドラマ企画で、三本ぐらい脚本も書いた。

で、小説ですが、
第一稿を一話書くのに三〜五時間。一日で書ききることが多い。
その後数稿書き直すので、×稿数ぶん(3〜5稿)。
後半の稿は文字校正ぐらいなので早くなります。
二年前の連載時は、月産五本という鬼スケジュールでやってました。
それをしばらく寝かせて、8ヶ月ぐらいかけて、
コツコツ筆を入れ直した感じですかね。
四周ぐらいしたかな。

毎話毎話書く方式ではないので、参考になるか分かりませんが。
(連載スケジュールというより、全部を一遍に作るスケジュールですかね)
Posted by おおおかとしひこ at 2016年07月05日 20:14
こんなにすごい脚本家の小説なのだから、さぞ斬新で面白いんだろうと期待していました。
しかし読んで拍子抜けしました。がっかりしました。
視点がぶれていて、Aの内面もBの内面も全部書いている、もしくは台詞によって考えていることのすべてが説明されてしまっている。
(例:ミヨちゃんがびっくりして〜(第四話)など。視点はシンイチにあるはずなのに何故ミヨちゃんがびっくりしているのがわかってしまうんですか。シンイチがエスパーなのか、ミヨちゃんがサトラレなのか? この場合は、ミヨちゃんがふりかえった。びっくりした顔をしている。となるはず。類似の誤りが全体に書ききれないほどある。そもそも恐慌状態の人が他人の表情をいちいち見るかな、というのも疑問)
視点が守られていないと感情移入できないです。神の視点のつもりだとしたら、それはもっと別物なはず。

人間は普通、考えていることのすべてを口に出したりしません。他人の気持ちは推測でしか計れないはず。まるで人間がクリアケースでできているかのようでした。

ストーリーも、行動やアクションばかりで内容がスカスカ。

いまいち楽しめなくて、読んだ後にもやもやしたものが残る、後味の悪い小説でした。頑張って四話読みましたがもうギブアップです。

ひょっとしてこの小説は小学生くらいにむけたものだったのでしょうか。だとしたら上記のコメントはすべて撤回します。小学生なら文句なしに楽しめると思います。
Posted by ren at 2016年07月12日 00:32
ren様コメントありがとうございます。
精進します。
脚本の文法と小説の文法は、全く違うということですねえ。
現時点では、小学生に戻ってたのしんでください。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年07月12日 00:55
こんにちは。いつも記事を楽しみに拝見しております。

てんぐ探偵は、全体としてはジュブナイルなのだよな、と受け止めてますが、それにしては妖怪のラインナップが大人読者向けっぽいので、読み手としてはその辺が混乱もやもやの元になるのかなと思っています。

全話書き終えてらっしゃるようなのでこの先どうなるかわからないものの、現時点でイチ大人読者としてはまずタイトルからどうしてもこれを期待してしまうんですが、

・超人としててんぐにしかないオリジナリティを出すことで「てんぐって素敵」と思わせてくれたり、その裏腹で弱点や問題が生じるような「てんぐ」要素

・妖怪の正体がわからなかったり誰に取り憑いてるかわからない状況での「探偵」要素

ここをきっちり見たくて、そこから

・心の闇、ひいては人間の業についての洞察

などをちょろっとかいま見せつつ諸悪の根源にせまって行ってもらえると、僕はもっと楽しめるなあと、そんな印象をうけております。(あくまで僕は、なので他の人はまた違う期待があるかもですが)

今後も楽しみにしております。
Posted by 一読者 at 2016年07月21日 15:51
一読者様コメントありがとうございます。

当初はジュブナイルとして発想されたものの、
闇を書いてるうちに大人向けになり、
混ぜて出してる感じなのは、自覚してはおります。
深夜版とゴールデンタイムが混じってる感じというか。
漫画「団地ともお」や「毎日かあさん(初期)」は誰向けか、という難しい話がありますね。
「少年の心を忘れない大人向け」?
アニメ版はターゲットをファミリーに全ふりしてたけど。

現状は、それも味ということで。

いくつかの要素はのちのち出てくるかもよ。
あんまりネタバレもなんなので、
57話の旅をお楽しみください。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年07月21日 16:36
大岡さん!同じ小説投稿サイトのreゼロから始まる異世界生活を読んでみてください!日本でも海外でも大人気で物凄いブームですよ!大岡さんはもっと今の作品を読むべきだと思いました!お暇なときでいいので是非読んでみてください!
Posted by 類 at 2016年07月24日 07:03
類様コメントありがとうございます。

僕は、なろう系にも角川系にも、今のブームにも、小説にも、あまり興味がないのです。
おそらく、書かないと死ぬから書いています。
衝動?使命感?現在へのアンチテーゼ?
その衝動はあと数年は続きそうなので、それから暇が出来たら読むかも知れません。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年07月24日 10:13
てんぐ探偵に出てくる妖怪はかつて大岡監督に取り憑いていた妖怪ですか?
Posted by  るそ at 2016年08月17日 10:21
 るそ様コメントありがとうございます。

そういうのもいるし、そうじゃないのもいますね。
まだ取り憑かれてるのも、いるかもしれませんね。

ちなみに妖怪って、日本独特の考え方らしいですね。
だから英語に該当する単語(概念)がないそうで。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年08月17日 12:38
はじめまして。ストーリーづくりに興味があり、勉強したいと思っている者です。脚本、ストーリーの書き方という分野は思ったよりもまとまった資料がなく、途方にくれていたところ、このブログにたどり着きました。まだすべて読みきれていませんが、ここの脚本論を少しずつ読ませていただいております。膨大な記事数、内容の濃さ、そしてをそれコンスタントに更新し続ける熱量、非常にレベルが高く、驚いています。

てんぐ探偵を読んで思うところがありましたので、感想を言わせてください。まず、このコメント欄にいろいろと苦言のようなコメントが書かれていますが、私も同じように思いました。ワクワクしない、刺さるような部分がないのです。驚きがない。心の中から沸き上がってくる期待感がないなと、正直思いました。プロットはまとまっているのかもしれません。各話テーマをうまく表現しているとも思います。ただ、それが順当すぎるように感じるのです。そもそも、心の闇です。見た瞬間に、古臭いと思ってしまうようなキーワードをそのまま使う、ということは、これはハッタリで、この部分になにかとんでもない仕掛けがあるのだろうと期待します。でも読んでいくと、そうではない。そうではないなら、正面突破。ものすごい熱量で現代の病巣を鋭く、誰もが持ち得ない視点で切り込んで、鮮やかに解決するかというと、そういうことでもない(そもそも、心の闇なんてものにそんな素晴らしい解決があれば誰も悩まない、というのが想像できてしまうし)。ただ各話タイトル通りの妖怪が出てきて、どんな感じかなんとなくこちらも予想して、大体は想像の範疇を超えない順当な終わり方をする。それならばそれでも良いのです。でも、それなら他に売りのようなもの、監督の言葉で言えば、ガワの魅力が欲しい。

監督は、作品を拡散することが応援になるとおっしゃっていますが、これを読んで拡散しようと思う人がどれだけいるでしょうか。この作品を読んで、これめちゃくちゃおもしろい、わかる人が読めばわかる、と言う人がいるかもしれません。でも、この作品を誰かに紹介しようと思ったとき、どう言って勧めたら良いのかわからないのです。めちゃめちゃ興奮するわけでもないし、衝撃があるわけではないし、教訓みたいなものはあるけど、ともすれば説教くさい、ときたら誰かに読んでもらおうとは思いません(この作品を勧めて面白がってくれそうな人が、少なくとも私の周りには居ないように思います)。

結局、ストーリーとガワの魅力は違うんだというところに落ち着くのかもしれません。ただ、この作品は、あまりにも何を狙っているのか、誰を見据えたものなのか、他とは違う売りが何なのかが、少なくとも私にはわかりづらいと感じられました。それがすごくもどかしい、と思ったのです。

偉そうなことばかり書きましたが、脚本のことはほとんどわからないので見当違いなことを言っているかもしれません。これからも、こちらのブログの記事を読んで勉強させて頂こうと思います。

失礼致しました。
Posted by らっこ at 2016年10月16日 16:58
らっこ様コメントありがとうございます。

滅茶苦茶おもしろくなくても、地味に面白いものはあります。
もどかしくても無視できないものはあります。
「今この時代、拡散するもの」ではない傑作もあり得ます。

現代は、新しいことが正義ではなくなってきました。
僕はラジカルなことをやっている自覚もありません。
ラジカルだから時代を切り開くとも思っていません。
僕は「ちゃんとしたもの」が欲しいのかも知れません。

僕も何故この作品を書いているのか自分では分からないんですよ。
自分の理論の外のことをやっている。
全部で108話書かないと気が済まないから書いています。
評価はそれぞれが思えば良いと思います。
そもそも小説を読まない僕が初めて書いた小説です。


何故俺が脚本論を書いているのかもわかりません。
役に立たないかも知れません。
お好きなように使えば良いだけです。
そもそも全て無料で、全てボランティアです。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年10月16日 17:20
大岡監督に取り憑いたことのある妖怪なら、ご自分の経験を参考にして書けば良いので書きやすそうですが、自分に取り憑いたことのない妖怪をリアルに書くのは難しそうですね。そういう時はやはり想像力が重要になってくるんでしょうか。大岡監督は未知の感情や思いをどのように掘り下げるんですか?
Posted by ゆーみん at 2016年10月23日 20:45
ゆーみん様コメントありがとうございます。

想像あるのみです。その想像力こそ我々の最大の武器です。


ほんとうのところは、
妖怪のネタを数百出しておいて、
そのうち「うまいことラストまで落ちた」
話だけを執筆しています。

想像だけでは書けないので、
自分ならどうするだろうと、
自分で理解できるように状況やネタを改変していく。
そうすると血肉が入る気がします。
あとは、それにうまくバリエーションをつけられるかどうかですかねえ。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年10月23日 22:51
大岡さんはアイディアが弱いから作品に力がないのかな・・・
クレラップとかは音楽が良かっただけだし
Posted by 匿名 at 2016年10月24日 04:15
匿名様コメントありがとうございます。

参考までに、強いアイデアの例をご教授ください。勉強したく思います。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年10月24日 09:34
論より証拠ですね
てんぐ探偵を大岡さんが面白いと思って書いているのであればですけど
Posted by 匿名 at 2016年12月01日 16:55
匿名さまコメントありがとうございます。

何をおっしゃっているのかコメントからは読み取れません。
ちなみにてんぐ探偵は、最高に面白いと思って書いています。
Posted by おおおかとしひこ at 2016年12月01日 17:57
天狗探偵を拝読しましたが、2話で挫折しました。

2話連続で心の闇を抱えた人が都合よく事故にあい自己解決、

ケンイチはついて歩いて偶然外れた妖怪を始末するだけ、という展開が続き、

主人公にも展開にも魅力を感じられませんでした。



倫理観はひとそれぞれなので野暮は承知ですが、

「何年も付き合った恋人にふられたその日に初対面の女性をナンパ」

「婚約者がいるのに浮気して貢ぎ、相手が顔に怪我をしたら素知らぬ顔で婚約者の元に戻ってラブラブ」

という結末を普通にハッピーエンドとして描かれていることにもぞわっとしたものを感じました。



連作で、主人公とマスコットがいて、各話に前向きな成長があって…という、

お話の体裁は整っていますが、それだけというか。

感動も目新しさも感じられず、

添加物だらけの冷凍食品をいっぱい詰め込んだコンビニのデラックス幕の内弁当みたいだなあ、と思いました。
Posted by 田中 at 2016年12月02日 19:41
田中様コメントありがとうございます。

ご拝読ご感想感謝いたします。
基本一話完結のため、それとは違った話もあったりするので、その他もお楽しみくださると幸いです。
(最近発表分あたりは少し続き物っぽくなっていて、また違う趣きだったりしますが)

こういう感想を見ると、現在第四話に下げた「炎の巨人と黒い闇」からオーソドックスにはじめるべきだったか、と少し後悔が募ります…
Posted by おおおかとしひこ at 2016年12月02日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439359002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック