2017年01月25日

名選手、必ずしも名監督ならず

後輩と話していて、面白い事に気づく。

ダンサーだからと言って、必ずしも振付ができるわけじゃない。


同様に、

ピアノがひけても、作曲ができるわけじゃない。
料理がうまくても、創作料理がうまいとは限らない。
すごい俳優でも、アドリブがうまいとは限らない。
(逆に名司会者でも、芝居がうまいとは限らない)
うまい書道家でも、名コピーが書ける訳じゃない。
腕のいい大工でも、設計ができるわけじゃない。
名選手は、名監督として大成するとは限らない。
俳優が監督した映画で、面白いのはとてもまれだ。


手でやる作業と、頭の中で新しく考え実行することは違う。

しかし、出力先の手がないと、どんなに考えても何もできない。
手の技能だけの人は、上手ければそれだけでも食えるルートはある。

頭の人は?
手も頭も、鍛えないとね。
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック