2017年06月05日

移動する民族とその場所を守る民族

狩猟民族と農耕民族の話。

人の考え方、組織のあり方、国のあり方の参考に。


移動することを是とする民族と、
その場にとどまることを是とする民族とがある。
前者は狩猟民族で、
後者は農耕民族がイメージしやすい。

前者は、その場で狩り尽くす。
資源がなくなったら次の場所を探しにいく。
安定するとは限らない。次の狩り場がいい保証はない。
だから、その場かぎり最大のことをする。
明日はない。危険が友達。
だからドライ。

後者は、場所にとどまり、四季のものを定期的にいただく。
山の神という大きな存在に抱かれて存在する。
おそれ多い山の神に感謝する生き方。
その場をなるべくいい場所にしようとがんばる。
維持が目的化する欠点もある。
いじめとかね。
(狩猟民族のいじめは、移動についてこれないやつを、見捨てることでおこる。
農耕民族のいじめは、この場の空気を維持するための犠牲者をみつける)
同じことをやりつづけることに価値がある。
その場所をめぐって争ったり、和睦したりする。
場所の歴史を物語化して、この場所がどういう場所かを、
伝えられるようにする。


で。

僕は、
日本の会社組織は農耕民族のもので
(労働組合、終身雇用制、給料が上がっていく仕組み、
退職金制度、ボーナス、飲み会や家族サービス、福利厚生、
三年勤める空気、残業の空気、新卒重視、ジョブローテーション、
歴史のある企業がえらい)、
外人の会社組織は狩猟民族のものだと考えている。
(投資して回収したら売り払う、ヘッドハントされて次々に、
ホワイトカラーはめっちゃ働いてめっちゃ休む、
会社の人とは飲みにいかない、
黒人の奴隷化による分業制)

で、狩猟民族の考え方が、農耕民族のそれを、
今侵食しかかっていると世の中を見ている。

これはたとえば、フィクションでも同じだ。
狩猟民族と農耕民族の対比は、
ナウシカにおける、インダストリアと風の谷の関係と同じである。
(で、結局風の谷がどうなったかは、原作では不明)


人を描くにもこの考え方は使える。
やりちんは狩猟民族だ。
クラスでの恋愛は、農耕民族のそれだ。
その人の基本的考え方がどちらに属するかで、
当然そうだと思っていることが、違う可能性がある。

風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)と
火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)は狩猟民族的で、
地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)と
水の星座(蟹座、蠍座、魚座)は農耕民族的である。
(星座で人の性格を考えるとき、
聖闘士星矢のキャラはほんとに邪魔だ。
全然占いと違うんですよ車田先生!)

で、農耕民族的な僕は、狩猟民族的な人と相性が悪いわけだ。

道具の使い方ひとつとってもそれは同じで、
同じものを極めていこうとするこだわり派と、
OSもエディタもキー配列も乗り換えて行き続ける派が、
いるわけである。

飯屋にいくときも、同じ場所へいきたがる人と、
新しいところに飛び込もうとする人がいる。

あるいは、
同じ人のなかでも、
狩猟民族的な部分と農耕民族的な部分とが、
分裂して存在するときもある。

コンビニで新しいお菓子が出たら必ず買うけど、
服は同じブランドとか。
それはこれまでの成功体験失敗体験にも、依存するだろう。
リスクとリターンの線引きみたいなことだ。

それが違うから、性格が異なるように見えるはずである。
そしてそれが変動するのが、
強い動機や目的や好奇心や刺激があるときだろう。


個人の中にも、
人の小さい集団にも、
人の大きな集団にも、
狩猟民族と農耕民族の考え方がいるわけだ。

僕の知り合いで、二年に一回契約が切れたら引っ越す人がいる。
狩猟民族の末裔なのだろう。
なんでか聞いたら「飽きない?」って。
飽きたら引っ越すのかよ、ていうか飽きるようなところへ引っ越すなよ、
と、農耕民族のおれは思うのだ。
農耕民族の引っ越しは、それこそ田畑ごとの移動を意味するからね。
狩猟民族の引っ越しは、荷物を持たずにその場で出来ることを考えるのだろうね。


で。
流浪の民族ユダヤ人は、
究極の狩猟民族である。
獲物や財産は、全て金貸しによって賄われる。
金こそ、究極の狩猟民族のものである。
だから金融はうさんくさい。
いつまでたっても、農耕民族から見れば、
儲けるだけ儲けてよそへいくつもりだな、と思うのだ。
それは狩猟民族にとっては正義だし、
農耕民族から見たらこの村に住むつもりはないのだなという、
悪なんだよなあ。
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インダストリアはひょっとしてトルメキアのことではないでしょうか?
インダストリアは未来少年コナンだと思います
Posted by kentya at 2017年06月05日 22:16
もう。バカねえ。

大体おんなじ構図なんで、同一視もやむなしということで。
トルメキアっていまだに覚えられない名前のひとつだなあ。
まとめて「帝国」あつかいでいいや。
何故帝国が悪になるのか、
大体の答えがこの記事でもあります。
Posted by おおおかとしひこ at 2017年06月05日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック