2018年04月29日

【腱鞘炎対策】肉球のマッサージは首に効く

ずっと首の後ろの凝りに悩まされていたのだが、
発見してしまった。

肉球部分が疲れていると、首が凝るようだ。


手のひらの、指の付け根部分。
手相でいう感情線と指の付け根の間のところ。

名称がないので、以下肉球とよぶ。


タイピングをしまくると、ここが凝る。
自覚症状がなく凝っていることが多い。


揉み方。
まずは適当に揉んでほぐす。
次。指の骨が中にあるのが自覚できると思うが、
それらを遠ざけるように揉む。

慣れたら逆の手の指を一点につけ、
力を入れて剥がす方向に押すだけでよい。

人差し指と中指の間、中指と薬指の間、薬指と小指の間、
と三点。

で、甲部分も同様。
ナックルパートを左右に広げるイメージで。


指の腹の筋肉の部分で、
この肉球部分が一番筋肉があるようである。
ここが凝ってるということは、
相当な疲労の蓄積だと思うよ。

これで疲労が分散しきれないとき、
首まで凝ってしまうのだろう。


上腕部、肩周り、首回り、指、手のひらは、
全部連動しているのだなあ。



頑固な首の凝りを自覚したら、
試してみてください。
治るかも知れない。


あと、ゴッドハンド輝でやってた、
首の寝違えを治すストレッチは驚くほど効く。
これもタイピングの疲れによい。
「ゴッドハンド輝 寝違え ストレッチ」
あたりでググってどうぞ。
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。