2018年05月24日

【薙刀式】「脳内ローマ字変換」とは、二打の手間のこと

かな入力にすっかり慣れて、
たまにローマ字に戻ると、
いわく言いがたいネットリとしたブレーキがかかる。

ローマ字ってめんどくせえなって感覚。
それを巷では「脳内ローマ字変換に脳の領域が取られる」
なんていい方をする。
しかしローマ字入力者からは、
「そもそも手の条件反射になってるから、
脳内でローマ字変換はしない」
と反論がある。

僕はこのギャップの正体が知りたかった。
で、両方経験した感覚でやっとわかってきた。

かな入力者は、二打打つのが面倒なのだ。


特に、
一字一打が特徴である、親指シフト(ニコラ)の使用者に、
この感覚が多いというのが興味ぶかかった。
JISかな入力と違い、
濁音と半濁音を1アクションで打てるから、
「原稿用紙1マスは1打」という感覚に、
体が慣れる。

ニコラは拗音は一打でなく二打必要だが、
それでも、原稿用紙1マスは1打、
という感覚で言えば合ってる。

さらに一拍一打、つまり1モーラ単位を一打で打てる、
つまり拗音も一打で打てる、
下駄配列、新下駄配列、蜂蜜小梅配列、
拗音拡張ニコラ、姫踊り子草かな配列、
そして我らが薙刀式を使ってしまうと、
ニコラが二打使って拗音打ってるのも、
めんどくせえなあという風に見えてくる。


で、ローマ字だ。

ここから見ると、
一文字に二打打つのはめんどくさいのだ。

いや、一文字単位で文章は書かない。
文は数文字単位、20文字単位で書くものだ。


以下議論の簡略化のために、ローマ字が必ず二打打つとしよう。


かな入力者は、
100文字書くのに、100打鍵する。
ローマ字入力者は、
100文字書くのに、200打鍵する。

かな入力者から見て、ローマ字はめんどくさいのだ。
「なんで二打すんの?」と思ってしまう。

「なんで? あ、ローマ字だからか」
と短絡的に理解し、
「ローマ字変換がめんどくさい」
という結論に至るのである。


ローマ字入力者から見て、
まさか打鍵数が半分になる世界は想像できない。
1万字(卒論程度)を書くのに、
1万打で良い、
という感覚は想像の外だ。

ローマ字入力者から見て、
1万字書くのなんて大変だなあ、という感覚だと思うが、
かな入力者の僕は、
最近まで小説執筆の日課であった。(手書きのコピー打鍵。大体2〜3時間)


つまり、
おそらくだけど、
ローマ字入力での想定入力文字数と、
かな入力のそれが、
倍くらい違うんじゃないか、
というのが僕の仮説だ。


たとえば、
ブロガーなら、
一日2000から5000字程度は書く。

ローマ字だとなかなかしんどくて、
なんかないの、
と大抵の人は親指シフト(ニコラ)にたどりつく。
有名だからね。
(僕は親指シフトよりもいい方法を開発している人がいる、
というところまで調べた情強で、
それでも飽き足らず自分配列まで作ってしまったが)


ローマ字入力者の、
一日想定文字数は、5000を下回っているんじゃないか、
というのが僕の仮説だ。


それ以下の文字数では、
ローマ字でもかな入力でも、
大差ないと思うんだ。



ただ、一回かな入力で1万字以上打っていると、
ローマ字に戻った時に、
速度が半分になる気がするんだよね。
なんで20字書くのに40打必要なの?ってね。

実際は、
ローマ字入力は少ないキーをロールオーバーしまくれるから、
かな入力者の打鍵速度の倍近く出て、
速度的には相殺するんだけどな。

(かな入力は打鍵キー種の多さというハンデと、
同時打鍵のハンデがある)

そのローマ字入力の感覚を取り戻すまでは、
ひたすら「二打面倒」の嫌さが続くというわけ。



ローマ字入力者は、かな入力をマスターしてなくて、
かな入力者はローマ字の極限をすっかり忘れている。

これが、
「脳内ローマ字変換面倒」
「脳内変換などない」
のすれ違いの原因だと思う。


ああ、やっと問題の本質が体感でわかった。



まあ、一日5000字くらいならたいして変わらんよ。

結局、
作家とかライターとかヘビーブロガーとか、
そういう人にしか、
かな入力は効かないと思う。

原稿用紙5枚で2000。
多くの人は、そこまでくらいしか書かないんじゃないかなあ。



あと、
かな入力に移行せずに、
ローマ字の達人になってしまった人も沢山いるだろうから、
そういう人はかな入力転向の意味もないと思う。

ただそういうタイパーたちの動画を見ると、
例外なく指が長く、骨ばったいい指をしていて、
つまりは恵体の人が多い。
ピアニスト向けの指だ。それは才能の一部だと思う。

僕は短くて変な指で、手全体もずんぐりしてるから、
ローマ字の達人、キーボードの達人になれなかったと考えている。
エンターBSもすごく遠い。

まあ、薙刀式でとっくに自分のローマ字を超えてしまったので、
もうどうでもいいんだけど。



「合う入力方式が、別の選択肢として存在している可能性がある」
ということだけは書いておきたい。

あるいは、本当に書きたい人は、自分用の配列を作ったっていいんだ、
ということも。

(僕は先日9万字の小説を書いてみて、
キーボードでは書けないと判断した。
僕の手や文章は手書きがファーストだ。
それのコピー打鍵用になにを使って効率的にするかでしかない。
音声入力は試していない)
posted by おおおかとしひこ at 12:28| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。