2018年07月01日

「しかしそれは、真の解決ではなかった」というエクササイズ

一回ラストまで書いたかな、
と感じたときに、
やってみよう。

その直後に、
「しかしそれは、真の解決ではなかった」
と一行入れてみるエクササイズ。


しかしそれは、真の解決ではなかったのだ。

と言われると、
何が残ってたっけ、
と、洗いざらいをすることになる。

伏線のようなもの。
あれのあれは放りっぱなしだった。

そういうことを思い出したりする。


あるいは、
外的問題が解決したとしても、
主人公の真のトラウマがこれで本当に解決したと言えるか?
と、カタルシスを検証できるようになる。

あるいは、
他の登場人物の内的問題がこれで解決したことになるかなあ、
と隅々を見ることができるようになる。


で。

そのようなことを思ったら、
さらに高い山を用意しよう。

クライマックスを書き終えたと思っても、
まだ真のクライマックスではなかったのだ。

そういうことが、ままあったりする。

つまり、クライマックスだと思っていたのはまだ第二幕後半で、
今第二ターニングポイントを用意し、
「本当のクライマックス」を書かなければならない。

かも知れない。


いやいやいや、今書き終えたクライマックスで、
全てが昇華したよと思うなら、
それらの余ったやつも、
そのクライマックス内で全解決するように、
書きなおすべきなのである。

つまりクライマックスの準備が変わってくる可能性が、
あるということ。



で。

それをも書き終えたときに、
「しかしそれは、真の解決ではなかったのだ」
とまた書いてみよう。

それでまた何かに気づくことになるだろう。


「いや、真の解決でした」
とその一行に納得して言い返せるなら、
ようやく真の解決をしたことだろう。

つまり、真の解決など、
最初の段階ではしていなかったことになる。
やってみて良かったと思うはず。


執筆段階では、
プロットになかったあれやこれやが増えることがよくあって、
プロット通りのクライマックスでは、
真の解決にならないことが、
稀によくある。

だから、毎回これは真の解決に、
真のカタルシスになっただろうか?
と考えるのに、
このエクササイズはちょうど良い。
posted by おおおかとしひこ at 23:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。