2018年12月11日

【薙刀式】谷型キーボードのススメ

キーボードは山形がいい、なんてこれまでエルゴノミクスで言われてきたけど、
逆の谷型の方がいい、という説を出す。
現在の僕のNiZの物理セッティングはこんな感じ。
WihiteValley1.jpg

そして谷型についてまとめてみた。
こんな感じ。
谷型解説.jpg

WihiteValley2.jpg

キーが左に傾いている(ずれている)ことが、
全ての元凶だと思う。
右手はいいが、
左手は逆に左に(外に)捻らなくてはいけない。

これを担当するのは尺側手根屈筋である。
これは相当弱い筋肉で、
これを酷使してなるのが野球肘だ。
複雑なつき方をしているので、
ストレッチや鍛えることもなかなかに難しい。
(だいぶやり方がわかってきたのでそのうちまとめます)

ずっと左手を左にひねり続けていると、
ここが腱鞘炎を起こす。
つまり使いすぎになる。


谷型は、これを立体的に解決する。
そもそも谷型に手を置くと、
すでに逆に手首を構えることになるので、
外へのひねりを全然軽減できるのだ。


一つ問題がある。

腕を内旋することで、
親指が4指が作る平面より下に位置してしまうことだ。
スペースキーをよく使う薙刀式では、
親指が窮屈であってはならない。

従って、スペースキーが下がるような改造を施した。

WihiteValley3.jpg



具体的には、

1. 上下逆付け(これはいつものやつ)
2. 上のカマボコ状の凸面をヤスリで削り、平面とした
(うっすらステムの影が出てくるくらいギリギリ)
3. 裏からは、ステムを支える十字状の補強部を、
彫刻刀で削り落とした。
これによって受け側の軸が深く刺さるようになる。
(真ん中の軸だけでOK。両端のスタビライザー部分の受けは、
高さがそんなにないので無改造でOK。
また、補強がなくなるので強度は弱くなるはず。
どれくらい弱いかは今後耐久試験)

を実施。
2で2ミリ程度、3で2ミリ程度下がる。


実際には、これにさらに凹型に削った木
(加工し易く油を出すのでしっとりするチーク材)を、
両面テープで貼っている。
1ミリ程度ボトム部分があるので、
合計で3ミリ下げられたことになる。

たかが3ミリというなかれ。
静電容量スイッチのフルストロークは4ミリで、
認識点までは2ミリだ。
それからすれば、だいぶ下がったとみて良い。

これで、谷型に構えた手でも、
親指の自然な位置にスペースキーの高さを合わせることに成功した。


ちなみに、10gバネを入れて、押下圧は45とした。
押下圧よりも戻りの力を強くするためだ。
(リアルフォース第二世代のオール30では、
スペースキーのみ10gの追加バネが入っているそうだ。
スペースキーが大きくなってしまったので質量が重くなり、
帰るまで時間がかかるようになってしまったからだそう。
それよりも大きな6.25UのUS配列スペースキー+凹型木の、
僕のシステムでは10じゃ足りないかも…)

黒軸仕様でしばらく使っていたNiZは、
35gでの半打ちが出来るようになってしまったので、
元に戻した。
軽快かつ連続打鍵でトップスピードが上がる。


スタンドは立てずベタ置き。
パームレストは5ミリ厚の薄いホンジュラスローズウッドを使用。
適度に硬くておしゃれ色なので採用。
脂っ気がないのでサラサラしててよい。


これまで悩まされてきた腱鞘炎が、
ようやくこの仕組みで完治に向かっている。
ああ、やっと思う存分書けそうだ。

なお、配列は次のv11に微調整中。
(といっても4つの音を入れ替えただけ)
これで行けると思ったら発表します。


まさかの山形じゃなくて谷型がいいとは、
僕も予想外だった。
これが真のエルゴノミクスだ!
(格子配列なら素直に山形でよいかも)
posted by おおおかとしひこ at 16:37| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。