2018年12月29日

【薙刀式】IMEのオンオフが変換無変換になるらしいけど

実は今でもMS-IMEの設定変更でできるよ。
これがデフォになるだけかいな。

他の機能を入れ込むこともできる。全確定とか。
MSはこれを告知するべきだと思う。
(ただしUIが悪く、何を言ってるのか解読するのに時間がかかる)


変換キー無変換キーは、
「好きなものを入れて良い」まで拡張すればみんな満足なのに。
BS、エンター、Ctrl、前候補あたりが良いのでは。

やってる人はDvorakJやかえうちやAHKなどでやってるでしょうが。


薙刀式では、
FG同時押しで英数、
HJ同時押しでかな、
と、
更に先進的な切り替えを採用しております。
(人差し指中段のホームキーと、伸ばし中段の同時押し。
手を移動させて中指人差し指で打つのが良いです)

何もかも人差し指起点の設計思想。


ていうか、Capsで英数って初めて知った。
全角半角よりマシだけど、Macのほうが楽だわな。

あとMacの伝統、
コマンドスペースでの英かなトグルが、
Spotlight起動に変更ってのもムカつくよね。
Ctrlスペースに変更されたそうですよ。


実際のところ、
IMEの切り替えは、
文章中で英かなを切り替えるよりも、
ウィンドウを移動したときに、
そのデフォが英数だったりして、
かなに切り替えるときに、
一番使うような気がする。

このねじれを解消するほうが先なんじゃなえの?
Macには窓遷移で英かなを保存するチェックがあるんだけど、
アプリによっては効かないことがあって、
どないなっとんねん、
とよくいうことがある。



言葉を軽視する者は、
言葉によって滅びるであろう。
posted by おおおかとしひこ at 12:04| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。