2019年07月25日

【ことば】漢字は合成文字か

漢直関係の情報を集めているのだが、
Droid Sans Fallbackなる、
漢字合成フォントがあるそうだ。
https://mobile.twitter.com/KawaneRio/status/1148118204243296256


へんとつくりとか、
形声とか会意とか、
たしかにそう習ったので、
これは妥当かも知れない。
合字にも強そうだ。
なにより軽いのは利点だろう。


しかしひとつだけ、表現のプロとして注意しておく。

書道においては、
同じへんでも、つくりによって筆さばきを変えることが多いのです。
全体のバランスの見栄えを良くするために。

これは美麗なフォントでも踏襲されている。

たとえばいま魚偏の文字仕事をしているのだが、
たとえばA1明朝体では、
「鯛」と「鮎」で、
魚偏のバランスが違うんだよね。
(重ねると重ならない)

ゴシック系、タイポ系は同じフォントでもいいかも知れないが、
明朝体はそうはいかないぜ。
教科書体でもそうだろうか。
今度調べとこ。
posted by おおおかとしひこ at 22:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。