2019年11月18日

【薙刀式】19mmピッチはSAが最強

僕はキーボードの標準ピッチ、19.05mm(以下簡略化して19)は、
日本人の手に広すぎるとずっと思っている。
17ないし16が僕の手に扱いやすい。
たかが2、3mm差ではない。
それぞれ89%、84%に、キーボードの横幅も縦幅も変わる数値だ。

で、先日の遊舎工房のフリマでSAプロファイルゲットしたので、
テストしてみたら、
「ああ、19mmは外人の手のSAが最強だな」
と感じた。


SAキーキャップはずっと色が好きだったGMKのLime。
これがフリマに出ると聞いて、
早起きして行ったのだった。

最初に我らがminiAxeにつけてみたが、
ゴツくて全然よくない。
(ビジュアルはかわいいけど)
BAA5CB95-6CDB-415A-AB20-F37CCCBC0BC9.jpeg



で、久しぶりにNiZを引っ張り出してきて付けたら、
かなり合う(運動曲線が)ことに気づく。

パームレストは2cm厚み、かつチルトスタンドあり。
FCDB1EA9-11C5-4D85-8B75-62E162F3E19B.jpeg


しかも、かつて重いと感じた35g押下圧がそんなに嫌じゃない。
キーキャップ自体がゴツくて、全体がマッチしている感じがする。
トップ面のスフェリカルカーブが指を包むようになっていて、
撫で打ちでなくて下に押し込む系の打鍵なら、
かなり調子が良い。

しかし下に押し込む為には指を丸めなければならず、
それには僕の指の長さじゃ足りないようだ。

で、これって、もっと指が長くて、
手も大きい外人サイズだな、と感じたわけ。

写真だとかわいいように見えるけど、
実物だとSAはかなりゴツい。
「ハリウッド女優はみんな180越え」
みたいな感覚。
実際に見るとゴリラみたいなんだよね。
そんな感じだ。

逆に、ゴリラみたいな手があれば、
これは滑らかに打てることが想像出来る。

薙刀式、qwertyローマ字両方打ってみたけど、
どっちも使いやすい。
これに最初から出会っていたら、
qwertyローマ字をこんなものかと使い続けていたかもしれないくらいには、
快適。



僕は日本人で、その中でも手が小さく、
指が短いことは動画を見ても分かると思う。
だから19mmピッチを、
指を曲げた状態で上から下に押し込むのは、
とてもじゃないけど長く持たない。

だから無意識に撫で打ちすることで指をまっすぐにして、
距離を稼いでいたということが、
逆に判明した。


自作キーボードの一番人気プロファイルはMDAだと思う。
猫も杓子もBigBangだった時があった。
天面がXDA並に広く、
スフェリカルが浅く、
微妙に全体がシリンドリカルになっている。

僕はこれを触らないまま薙刀式の文字部分を作ったのだが、
「DSAよりもトップ面を広く、
スフェリカルは浅く、
全体は微妙にシリンドリカルに」
と思って作ったので、
結果的にMDAが一番近い。

で、これが撫で打ちにすごく向くんだよな。
撫で打ちは押下圧が軽い方がよくて、
今15g中心の変荷重を使っているわけで。

そもそもminiAxeのような36キーのミニマルレイアウトを使うのも、
「指が19mmピッチだと色々届かない」
ことが関係しているように思う。
数字段はいらない。小指外もいらない。



俺が外人だったら、
あるいはもう少し手が広かったら、
NiZ×Limeがエンドゲームだ。
リアフォ30のような鋭さがない、NiZのまろやかさが、
ABSキーキャップのまろやかさにとても合う。

SA>OEM>チェリー>DSA
の順で、繊細さが要求されないと全体に感じた。
(XDAとMDAはDSAの改良みたいな感じと僕は思う)

外人の自作キーボードが何故ハイエンドに拘り、
レイアウトやスイッチを工夫していかないのか、
わかってきた。
彼らの手には19のSAがエンドゲームなんだよ。
だから硬質な打鍵感とか存在感にこだわるんだ。

一方日本人は、「そもそも19が合ってない」ことが、
これだけ花咲く自作キーボードの工夫の原因なんじゃないか、
と思えてきた。


僕は日本語母語(入力システムが英語より格段に複雑)だし、
手も指も小さいし、
指の力も恐らく小さいので、
まだまだ工夫していかないといけなさそうだ。
posted by おおおかとしひこ at 12:09| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。