2019年11月18日

数稽古

創造性はひらめきではなく「積み重ねた失敗」から生みだされる
https://gigazine.net/amp/20151117-failure-help-creativity?__twitter_impression=true

沢山の失敗が、「この先は失敗する」という勘を生み、
「ここから先は試していない」という感覚を生む。
ひらめきは突然やってくるのではなく、
「ここらへんは全部失敗したが、
まだあれとあれの組み合わせは試してないぞ」に気づくことではないか。

沢山「ひらめいた!」があるけど、
それが百発百中ではないことは、経験が証明している。


だから僕は、100本書けといつもいう。
長編100本は難しいから、短編100本。
シナリオライターの格言には、
「身長分原稿を重ねるとデビュー」がある。
その身長分は全部失敗作で、だから、成功の可能性が上がる。

沢山失敗した人は必ずしも成功するわけではないし、
失敗しないと成功しないわけでもない。
かなりの割合の成功は、沢山の失敗の末に生まれる。
posted by おおおかとしひこ at 14:46| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。