2019年12月14日

【配列】独断と偏見による配列の戦闘力比較

ぼっちラボさんが「戦闘機からジャンボ旅客機まで」
と配列をたとえていたので、
独断と偏見で各配列を評価してみた。


4ジャンルで評価。
戦闘機、セスナ、国内線、国際線とする。

戦闘機は競技タイピング専門の評価。とくに短めの言葉メイン。

セスナは検索とかツイートレベルの使い勝手。
(ここで差がつくことはほぼないと思う)
国内線は業務連絡とかブログのレベル。

国際線は長距離大人数、
本一冊か10万字程度なので、それを書くのに使用するレベル。
(10万字書いて即終わりではなく、
直しを含めれば3倍程度は書く想定)

     戦セ内際
QWERTY ◯◯△×
JISカナ  △◯△×
親指シフト△◯◯△
新下駄  ◯◯◯◯
飛鳥   △◯◎◎
蜂蜜小梅 △◯◯△
月    ◯◯◯△
新JIS   ×◯◯△
薙刀式  ×◯◎◎
いろは坂 ◯◯◯△
フリック ×◎◯×
音声入力 ×◎◯×


以下独断と偏見で。

QWERTY ◯◯△×
タイパーが結果を出している以上、戦闘力を評価せざるを得ない。
その秘密は適度に分散した母音と、
ロールオーバーでいくらでも間を詰められることにあると考えられる。
(同時打鍵の枷は、高速になるほどきつくなる)
だが流石に長文は打鍵数が多すぎると思う。
日本の文化の衰退は、
手書きからQWERTYへの強制が引き起こしたのではないかと僕は考えている。

JISカナ  △◯△×
タイパーが結果を出しているとはいえ、
選ばれし才能が必要だと思う。
これで長文書くのは無理だと思う。右小指壊すわ。

親指シフト△◯◯△
「QWERTYやJISカナに比べれば長文は書ける」配列。
競技はどうだろう。動画が存在しないので、やはり無理なのではないか。
シフトがバタバタしたときがボトルネックになるのでは。

新下駄  ◯◯◯◯
新下駄はタイパー御用達のスピード配列のイメージがあるけど、
満遍なく強いのではないかと考える。
親指同時よりも文字領域同時の方が、
速度は確保できると考える。
ライターレベルで新下駄使用者を聞かないので、
量を新下駄がこなせるのかは不明。
この量を考えながら打つとき、
指に脳のソースを割かない状態で新下駄を打ち続けることは難しいのでは?
などと予測するけど、慣れればいけるかもしれない。

飛鳥   △◯◎◎
新下駄に比べ、ゆっくりでもいいから繋げて書いていくことに特化していると思う。
競技レベルはtomoemon氏しか輩出してないので、
疑問だろう。

蜂蜜小梅 △◯◯△
作者氏自身がコミューターレベルだと発言している。
使用者もそこそこいるかな。
ライターレベルで使えるかは不明。

月    ◯◯◯△
高速にも対応出来る名作。
ロールオーバーでシフトが高速化出来るのが、
ほかの新配列と比べたスピード的な優位点か。
ただ長文は配字が向いてないと思う。
新JISで詳しく。

新JIS   ×◯◯△
センターシフトはスピードには向かず、
そこそこの分量で楽に打てる方式だと考える。
ただ長文を打つには、
配字に無理がある部分がある。小指外の「な」とか。
そもそも想定が60字/分程度の、
普及型配列として開発されたから、
普段使いが出来ればゴール達成だろう。

薙刀式  ×◯◎◎
同様にセンターシフトは競技向けではないだろう。
3キー同時は競技速度ではミスもある。
長文特化を謳ったとおり、
長いこと書いていくのに向いた、疲れない配字だと思う。

いろは坂 ◯◯◯△
単打が多いこと、前置後置シフトであることからロールオーバー可能なことで、
競技に向くと思う。
ただ長文はどうだろう。
60%キーボード全部を使い続けられるのだろうか。

フリック ×◎◯×
長文は無理。競技も無理。
ただしツイートレベルだと補完入力はありがたい。

おそらく現代の文字入力は、
普段使う文字数レベルしか対応してなくて、
「誰よりも速く打つ」
「誰よりも深く考え、誰よりも量と質をあげる」
ことには向いてないのだろう。

音声入力 ×◎◯×
これも同様。
口述筆記では論旨がよれていきがちなことは、
録音機が出来てからずっと言われていることなので、
音声入力だけで本一冊を書くことは困難だ。



独断と偏見なのであしからず。
漏れた配列が沢山あるのもすいません。
キャラの濃いやつを選びました。

長文の薙刀式と飛鳥(両者の差は難易度と、親指多用かどうか)、
普段使いの新JISと蜂蜜小梅とQWERTYとフリックや音声、
高速寄りの月といろは坂(両者の差は打鍵範囲と単打の数)、
満遍なく優秀な新下駄、
のような住み分けな気がする。

難易度や指への負担も変わると思うので、
配列選びの参考にどうぞ。
posted by おおおかとしひこ at 12:01| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。