2019年12月16日

セットアップは、解決のヒント

主人公の背景と、事件の背景。

その二つが出会うから、解決に導かれる。


つまり、主人公の設定そのものが、
実は事件解決のヒントだ。

逆にそうでなかったら、
ある事件に対して、
ぽっと出の偶然通りがかった人が、
因果関係や必然性なく、
解決しただけになる。

それはストーリーとしての関係性が弱い。

ストーリーとは、
「まるで主人公がそれを解決するのが、
運命の試練であった」
であるかのように書くべきだ。

ということは、だから、
主人公のセットアップの中に、
必ず事件解決のヒントがある。

セットアップは冒頭とは限らない。
一幕のどこかでいいだろう。

主人公のそれが最終的に事件解決のそれに、
関係してくるのか、
と、観客が意外だと驚きつつも、
成る程そういうことだったのかと、
腑に落ちるように作るのが最上だ。

そのように組めているだろうか。

逆に、そのように組んだ話を考えてみたまえ。
勿論短編でよい。


主人公には弱点がある。
ある事件が起こる。
最終的に、その事件解決には、
主人公がその弱点を克服しなければ解決できない。…(B)
主人公はかっこ悪いながらもその関門をクリアし、
事件解決にたどりつく。
事件は見事に解決し、
主人公の弱点は少々まともになったようだ。
主人公は二度と逃げることはないだろう。

…(B)で示した部分が、
大抵ボトムポイントになる。

おおむねこのような構造で、
主人公と事件解決の関係がある。

勿論毎度これでなくてもよい。これは一例だ。


ストーリーを最初に練る時、
参考にされたい。

事件が解決するクライマックスと、
主人公の、事件に出会う前にあったことが、
関係すると、
運命という名の、必然性になるだろう。
posted by おおおかとしひこ at 07:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。