2020年01月23日

ターニングポイントでジャンプしていくイメージ

前記事の続き。
うまくいくと、シークエンスがターニングポイントを接着剤に、
全てがつながる。


そうすると、焦点のつながりの一連がひとつのシークエンスで、
それらがターニングポイントを境目にして、
跳ねるようなイメージになると思う。

こうなったらしめたものだ。
ストーリーは、ドライブ感がではじめる。
つまり、停滞がなくなる。

焦点を維持しているひとつのシークエンスが、
焦点を維持し切れているか、確認する。
していればよし、
していなければ、間にターニングポイントを置き、
ふたつないしみっつに割り、
ターニングポイントで挟まれた、
複数の焦点の連鎖にしててしまってもよい。

もしひとつの焦点に集中している、
ひとつのシークエンスだとしても、
もっと強化するとよい。
つまり、もっと興味が出るように、
もっと危機があるように、
もっと夢中になるように、
改稿することが可能になる。

「その焦点に集中する、もっとも面白い展開やディテールは何か」
と考えれば、
新しいアイデアも出てくるというものだ。

こうして、
集中力が維持されたままのシークエンスが、
ターニングポイントで終わったかと思うと、
次の焦点のシークエンスがはじまり、
また集中力が高まる展開になり、
しかもそれが途切れず、
最後まで持続する、
という理想の脚本が出来上がるという寸法だ。

もちろん、これは理想形の話をしていて、
大抵どこかがうまくいかないものになる。

しかし、ある時その手術がうまくいき、
全部が繋がったら、
あとは面白くなるしかない、
面白くするしかない、
という状態に持って行くことができる。

すべてはスムーズに繋がり、
劇的な展開でツイストがあり、
スピードと意外性のある、
読み応えのある脚本にできるだろう。

その基礎が、
シークエンス単位でうまく繋がっているかどうか、
それらの接着剤が、うまいターニングポイントかどうか、
ということだと考える。

よく考えてみれば、
当たり前の構造だ。
しかし、誰も言及してこなかったポイントではないだろうか。

面白い脚本の必要条件かもしれない。
posted by おおおかとしひこ at 16:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。