2020年01月25日

【薙刀式】1万字書くのに、3万打鍵くらい

今日の原稿書きを、タイプカウンターで計測。
日本語小説1万字のコピー打鍵は、
qwerty換算で3万打鍵相当。


勿論カーソルやエンターやBSも含むので、
文字だけではないことはたしか。
またqwerty換算なので、
それの1.3/1.7=76%程度に打鍵効率の良い薙刀式だと、
2万3000くらいだと推測される。

大体3時間強で集中力が途切れた。
休憩こみだとしても、
一日8時間で2万字のコピー打鍵は、
可能だろうと推測できる。

ただ、僕にはqwertyローマ字では負担が大きく、
薙刀式なら出来る、
という見積もりがたった。

プロの道具に相応しくなってきたかな。
勿論、hhkbでもNiZでもダメで、
miniAxeと特殊スイッチと、薙刀式キーキャップだから、
出来ることだと思われる。

あとは疲労度だね。
経験上、その日じゃなくて後から来る。
posted by おおおかとしひこ at 22:24| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。