2020年02月01日

【自キ】噂のDuMangキーボード触ってきた

遊舎工房にて展示中。


ファーストインプレッションは、
思ったより大きいなこれ、ってことかなあ。
ErgoMiniくらいあるなあ。もっとデカイか。
数字段よりもう少し縦幅があり、
横幅は小指外に1.5Uが置けるし。

相変わらず僕は手が小さいので、
うーん収まりきらん、と思ってしまった。
持ち運びもちょっとしんどそう。
逆に据え置きならわりと楽しいかもね。

自分にどんなレイアウトが合うのか、
いくらでも試せるのはデカイ。
自作キーボードキットを買って、これじゃなかった、
こっちが気になる、のループが減るかも。


キースイッチはホットスワップなので、
上物は好きなように出来るのがかなり良い。

各スイッチがやはり分厚く、
MXスイッチの分厚さもあって、
印象としてはゴツい感あり。
だからか、チルトスタンドが大ぶりで、
これで全体をなんとかしてる感じ。

それにしてもなかなか意欲的キーボードで、
しばらく遊ぶにはいいかもなあ。
これで理想のレイアウトが見つかれば、
KiCadやる手もあるし…

僕はその分の投資を、別に回すことにする…
15000円なら衝動買いしてた…


そうそう、
みなさん「ドゥマング」と発音してた。
ジュマンジが二種類アクセントがあるのと、
同じ感じの二種類の読み方あり。
posted by おおおかとしひこ at 17:20| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。