2020年02月04日

【薙刀式】確定アンドゥの使いどころに悩む

エンター直後でないと機能しないのがなあ。
どこで使えば良いのだ?


・変換して良いと思ったので、エンターを押さずに、
次の文字を打ち始めて自動確定したが、
今打っているところではなく、前の確定部分を変換し直したくなったとき
・薙刀式の「。確定」を使ったが、
その前の部分を変換し直したくなったとき
(「。」だけが確定アンドゥの対象になってしまう)

のケースでは、確定アンドゥ(Ctrl-BS)が使えない。

ということは、
変換→ヨシ!→エンター→やっぱなし!
という状況限定でしか、
確定アンドゥは使えなくなる。

こんな遅い打鍵では、
僕はもうなくなってしまっている。

特に最近、
「一々エンターで確定するのはやめて、
なるべく次の文字を打つことで確定を兼ねよう」
と癖付けている。
これじゃ確定アンドゥは出番がない。

うっかりエンターを使ってしまったとき、
かつ次の言葉を打ってなくて、
かつ変換ミスに気づけたとき、
限定が、確定アンドゥの出番ということだ。

ううむ、やはりなさそうだ。


薙刀式は再変換機能
(シフトカーソルで選択した部分を変換前に戻す)
を使うことを前提に、
編集モードのショートカットを組んでいるが、
再変換は選択を伴うので、
選択を伴わない確定アンドゥは使えたら便利ではないか?
と思い、
色々使いどころを考えるのだが、
まだ見いだせていない。


大体指がもう次のを打ち始めているときに、
変換ミスしたなとか、再変換したいな、
と思うことが多い。

そのときに入力キャンセル(ESCかCtrlZ)→確定アンドゥとやっても、
確定アンドゥは発動してくれない。
ここが使いどころだと思うんだが…


使わないなら、
諦めて編集モードから外してもいいかなと思っている。
確定アンドゥいつ使うのか、
一日何回くらい使うのか、
使う人は教えてほしい。

ちなみに再変換は、一日10回から30回くらいは使う。
確定アンドゥは、何ヶ月も使えていない。
打鍵動画でも見たことないんだよな。
確定アンドゥ。
posted by おおおかとしひこ at 01:29| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。