2020年03月01日

【自キ】組み立てサービス5000円?!

遊舎工房が新たなステージへ?!
https://yushakobo.jp/shop/assembly-service/


キットを選んで、
キースイッチを選んで、
デフォルトキーマップで良しとすれば、
+5000円+キーキャップで、
気になるあのキットが君の手に!
ってやつか。

「どういうものか使ってみたい」層には、
最高じゃないかなこれ。
この次はレンタルとか始めるかも。
(店舗内に椅子とタブレットがあって、
その場で繋いで打ってみることが出来るのが、
本当の理想だけど)


自作キーボードの障壁は二つあって、
半田付けとキーマップの書き込み。
慣れれば目つぶっても出来る(嘘)けど、
不安に思うのはしょうがない。
なので、ライト層にはぴったりのサービスかな。

キースイッチは実際に店舗で押して選んだ方が良いけど、
僕のお勧めは、
安くて軽めが良い: Gateron Silent Red
高くても良い、軽め: Gateron Ink Red
高くても良い、重め: Gateron Ink Silent Black
の三つにしてみよう。

ホットスワップ(キースイッチ取替え可能)ではなく、
基盤にスイッチを半田付けしてしまうだろうから、
僕みたいにスイッチ改造を試せないだろう。
スイッチ変えるとか、変荷重とか、ルブとか、
バネ改造とか、ステム入れ替えとか。

ケースを変えてみたりゴム足を工夫したりなどは、
「これがどういうパーツで作られてるか」
が分かればわかるが、
組み立てをすっ飛ばしたらそれも分からないのが残念。

でもそういうのは置いといて、
まず使ってみたい、
という人には最適かもしれない。

言うても迷うラインナップなので、
結局店舗で触って決めることになるんだけど。



3万あれば大体足りるよ。
安くても2万かな。

リアルフォースやhhkbでは満足しない人が、
最終的に自分の理想のキーボードを作るための、
最初の投資としては悪くない。
(その後何枚も買うことが前提かもだが…)
posted by おおおかとしひこ at 16:54| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。