2020年04月28日

【告知】脚本添削スペシャル2020応募要項【〆切4/28】

毎年恒例の脚本添削スペシャル、やります。


脚本を一人で書いててもよく分からない人、添削します。
人は〆切がないとなんにもしないので、
毎年これをやることで、「強制的に最後まで書く」経験を、
してもらおうという意味もあります。

本気でやるので忖度しません。
過去のものをみれば、
完全にがっぷり四つのぶつかり稽古であることがわかります。
脚本添削スペシャル2014-2019

あくまで僕の力でやるから、
世の中のあらゆる添削の中で最高である保証もないですが、
しかしある脚本を前に本気で議論して、
良いものを目指す体験は積んだ方がいいと思ってやってます。

コロナ禍の昨今、
コロナ以前の世界を描いて現実から目を逸らすか、
コロナ後元に戻ったとして書くべきか、
迷っていたのですが、
「全く関係ない世界の、全く関係ない人生の、
あるストーリーを見ることで力をもらえれば良い」
と考えることにしたのは過去記事のとおり。

ということで、例年通り、
めちゃくちゃ面白いストーリーを書いてきてください。
僕はハッピーエンドが好きですが、バッドやビターも良ければOKです。


【要項】

・15分(以内)のオリジナルシナリオ。
・予算問わず。面白さ優先。
・フォーマットは過去記事参照: http://oookaworks.seesaa.net/article/391436598.html
 募集期間中、質問があれば答えます。ここにコメントでどうぞ。

・1ページ目は表紙。タイトル、作者PN、ログラインを明記。
・2ページ目は人物表。
・3ページ目以降本文。
・ワープロの場合の推奨設定は、1ページ20文字40行で原稿用紙2枚分。
 3ページ目以降本文なので、9枚半以内ということですね。
・pdf形式、手書きのスキャン(pdfまたはjpeg)どちらでも受け付けます。

・まずはエントリーの意思をこちらへコメントしてください。4/27まで受付。
 連絡先を入力していただくと(非表示です)、
 折り返し応募先のアドレスを送ります。
・添削は一本ですが、選ばれなかった人の作品も公開して、
 後進の人たちの参考にしたいです。
 その公開がOKかどうかを作品送付時にテキストで添えてください。
 公開NGであれば、添削作品に選ばれなかったときはなかったものとして扱います。


今後世界が滅亡したり、芸術が死ぬかもしれません。
それでも僕らは、最後の日まで面白い話を書き続けよう。
いずれ人類がコロナに打ち勝ち、
また別の物語も豊作になることを信じましょう。
posted by おおおかとしひこ at 23:59| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。