2020年07月10日

【自キ】ハンダ済みCorne発売!

https://bit-trade-one.co.jp/selfmadekb/adskbcc/
価格は15800円予定、キースイッチキャップは別。
ホットスワップ対応で、差し替え放題。

ちょっといいスイッチとキーキャップ含めれば、
3万越えもありえる価格だね。


半田付けを怖がる人は一定いるので、
そういう人にとっては朗報。
しかしメンテの基礎知識もないだろうから、
スイッチ挿し損ねて金属部を曲げてしまっただけで
「壊れた」という人続出の予感が…。
(普通の家には、ドライバーもピンセットもないのですよ。
俺自キ作るためにそこから買ったしね)

半田付けはそういう人をふるいにかけていたのだが、
ビットトレードワンさんも思い切った。
メンテのフォローは、現物とその人に会う遊舎さんより大変ではないか…


コルネは自キのエース中のエースなので、
これでいろんな人が「キーボードを自由にする」
面白さに目覚めてくれるといいな。

でもみんながみんなルブしたり、
バネ交換したり、
配列チェンジにチャレンジしたりすることは、
ないんだろうなあ。


にしても、
・左右分割は肩が楽になること
・レイヤーを使えばフルキーボードなどいらないこと
・ホームポジションから指が届く範囲だけで操作する楽さ、楽しさ
・親指に仕事させると捗るという気づき
・左右対称配列の楽さ、合理
・109キーボードへの疑問
・キースイッチが打鍵感に及ぼす影響
・キーキャップが打鍵感に及ぼす影響
・キーマップを変えることができることで気づく、動線の合理化
などを知ることができると思うよ。

これらは、やれリアフォだやれhhkbだ、
と言っていた論争を、全て過去のものにするだろう。


コア層にはそろそろ行き渡った自作キーボード。
次の波は浮動層を巻き込めるかか。
「マツコの知らない自作キーボードの世界」
の噂もあるし、第二波が楽しみだ。
posted by おおおかとしひこ at 20:45| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。