2020年11月15日

【薙刀式】サドルプロファイルが着弾の模様!

Claw44だと黒×グレーでカッコいい。
https://mobile.twitter.com/yfuku_/status/1327914992201437185
そして物理的に削って狭ピッチにした!?
https://mobile.twitter.com/Trp3l/status/1327780500845383680


ふくさんのClaw44版は、
小指外をDSAタイプに、
親指を外から順に、
DSA、無印、薙⭐︎、薙の逆づけという、
僕の想像を超えたパターンだった。
親指の一番内側は背面で打つのか。おもしろい。

親指部分は好みや相性や、
そもそもどのキーをバインドするかで、
色々に分かれそうな予感がする。
薙系のキーは左右を逆にしても面白くなりますよ。

しかし実物を触ってみたい。
ぜろけーさんの3Dキャップとの違いなんかも知りたい…

僕だったらどうするかな。
左手だと、
無印、無印、薙⭐︎、RR
かもなあ。
色々やりようはありそうだ。

DurockのT1だから重めのタクタイルか。
タクタイル使ってないから合うのだろうか。


Trp3lさんのは、まさかのそういう削り方とは思わなかった。
曲面繋がるんだろうか、そこまで考えてないが。
キーの角を丸めると、
運指が滑らかにいく(丸めてないと角で引っかかる)が、
ありそう。

しかし持ちづらいので、だいぶ手が痛くなったのではないかと…
万力みたいなので固定すれば削りやすいのかも知れない。

親指両側に薙刀式rev1もついてて面白い。
だいぶ染料落ちるんやな…
(ナイロン染料買って鍋で煮ると、
二色グラデのキーキャップに生まれ変わる、かも。
あるいは染料って数μmしか染みてないので、
#400あたりで削ってしまって地の白にして、
別色で染め直す手もあります。
また絵の具と同じなので、より濃い色には染まるけど、
より薄い色にはできない)

スイッチは写真からわからないので、
どうしてるんだろ。バネはどれくらいなんだろ、気になる。



左右分割キーボードの場合、
乳首くらいの距離に開く場合と、
肩幅くらいに開く場合、
あるいはハノ字の角度を色々変えると、
全然親指の当たり方が違うことが分かっている。

なので、それに応じて親指キーを変えてもいいかも。

僕は今、
肩幅の左右距離、ややハノ字、
親指キーは薙を左右逆にして使っている。
(動画より左右をやや離した)

小指下段も判断の難しいキーで、
これも左右交換して90度回転すると、
好みに合うかもしれないです。
(しばらくそれでやってたけど、
親指キー交換するとモトの方が良くなった)


手の置き方、パームレストありなし、
そもそものキーボードの高さ、
椅子の座面から机面までの距離とかでも印象が変わるので、
うまい角度を探してください…

気分によっては、
「キーボードを1センチ高くする」なんて解もあったりして、
何がベストかは僕も法則が見えていないです。


一体どういう打鍵体験になるのか、
僕の言葉以外の感想が聞きたい…
posted by おおおかとしひこ at 22:21| Comment(8) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
trp3lです。いつもお世話になっております。
せっかく丁寧にデザインしてくださったキーキャップをけずってしまってすみません。

加工には2000円ちょいの安物ミニルーターを使いました。
品質が悪いので上面の磨きは出来ませんでしたが、手でやるよりは全然楽です。
切削面はターボライターで表面を溶かして滑らかにしています。
一緒に角も溶けるので、引っ掛かりも幾分か軽減されているように感じます。
しかし、どうしても曲面がずれてしまうので、
許容できる範囲ではありますが、多少の段差は生じています。
今回の実験で、撫で打ちに最適なキーキャップの天面は四角形ではもちろんないとして、
完全な円でもないのではないか。指によって適切な縦のピッチは違うのではないか。
と沢山刺激を受けたので、鱗型や卵型などいろいろ試してみたいなぁと机上の空論を
立てている最中です。

当初は親指部も全てサドルプロファイルにしていたのですが、
promicro下のキーは母指球の関節を使って外に切りはらうように打つ癖があり、
rev.1の斜めに打てるキーキャップがちょうど指の腹にフィットしたこと、
内側の浮いてる2キーはPCBを起こした時に特殊なスイッチに置換する予定だったので、
とりあえず指の形に合っていたrev.1をつけたといった感じです。

二色グラデは非常に興味があります。
研磨&蜜蝋の象牙ライクなrev.2もなかなか感動ものですが、
ナイロンの吸い付くような手触りも割と好みなのでアクセントにいいかもしれません。

スイッチはまだキーボードが試作段階で、基盤がソケット非対応だったので、
そこら辺に転がっていたgatoron のクリア軸をとりあえず使っています。
バネは重いし、軸ズレは酷いしでとても使いづらいです。
先日の記事を拝見して、アルパカを仕入れてみたので、
正規版には涅槃化したそれを15~25gくらいで使ってみようかと思っています(Ink yellow は舎の通販で売り切れでした)。
スイッチ内部の接点を内側に曲げたら反応早くならないかと思って弄ってみたのですが、
そううまくはいかないものですね。

キーボードの間隔は真ん中にペンタブレットが常駐している関係で
肩幅よりやや広く開けています。
今までergodox ez での腱鞘炎の経験からMXの高プロファイルキーキャップは敬遠していたのですが、小指、親指が極低だと全く印象が変わって驚いています。
特に押しづらくて懐疑的だった中指下段の「は」が格段に快適です。
人差し指、薬指に関してもおおむね同様に快適なのですが、
小指は大岡先生が懸念されていたとおり、ずれが大きすぎると曲面の恩恵を受けきれないようです。ふくさんがどのような印象を受けられたかは分かりませんが、
各指で上段下段のどちらを重視しているかによってキーボードとの相性が生まれてしまう可能性はありうると私は感じました。
もちろん平らなキーキャップよりは断然よくなると思います。

コルネの場合、小指の長さによってはキーボードをやや外旋したほうが打ちやすかったりするので、結果親指キーの角度もデフォルトがよかったりと様々なパターンがあるようで、
色々な角度を用意してくださったのは非常にありがたかったです。
miniaxe の正規な手触りもぜひ体験してみたい……。

まだ使い始めたばかりで私も全然使いこなせていませんが、
このキーキャップがキーボード表面の曲面を研究したいと考えている人たちの大きな足掛かりになることは間違いないです。
沢山使って、もっと細やかな違和感や感動に気づけるようになったらまた共有できればと思います。
Posted by trp3l at 2020年11月16日 13:36
>trp3lさん

細かく感想をありがとうございます。
中指下段は最後まで調整した困ったキーで、
前後の傾きはこれでいいとして、実は外にも傾いてるんですよね。
そこが工夫ポイントだったりします。

トップ面は四角でも丸でなくてもいいと思ってますが、
なんかオシャレだったのでタイプライター風にしてみました。
この厚みがポイントで、重くすることで打鍵が安定するんです。
キースイッチとの相性もあるでしょうが…
実はオール軽くするんじゃなくて、
中指下段とFJを重くするといいのでは(60g)、と今試し中です。

今のところ、FJDKで指の位置を決め、
そこ基準で親指と小指を決めるといいような気がしてます。
(薬指は中指に沿うイメージ)


人の手は色々あるし、
置き方や打鍵法も色々あるし、
変数の多い中、もっと研究が進むと面白いと思います。
daifukuさんはMiniAxeを触って、
19ピッチだけど17くらいに感じると言ってたので、
指の合理的な動きに寄与してるとは思っています。

トップ面ももっと凹ましたほうがいいかとか、
色々削ってみると新発見があるかも?


Gateron Inkはゆかりさんのところでは在庫ありでしたよ。
https://eucalyn.shop/shop/keyswitches/ink
Posted by おおおかとしひこ at 2020年11月16日 16:20
はじめまして、
配列の記事など更新をいつも楽しみに拝見してます。

サドルプロファイルは Daihuku さんの動画と、
@yfuku_ の Claw44 での用例とを見て興味を持ちました!

・親指クラスタのみ
・3×6 や 3×5 のみ
での販売予定はありますか?

親指部分を余分に揃えられたら嬉しく思う次第です。
サドルプロファイルを全て使いたいキーボードも、
alpha 部分に一般的なキーキャップを着せて、
親指クラスタだけ薙刀式にしてみたいものもあります。

ちなみに現在のタイピング環境は
・Claw44 + Dolphin (mod, lubed) + 3D キーキャップ @zk_phi
・和文:新下駄配列(5年目)、欧文:QWERTY
です。40% 向けに fork して 本来の 4 段目を [U] と [M] にシフト面追加して写しています。
Posted by 417 at 2020年11月18日 16:10
>417さん

3種6個入り(MiniAxe用)、
5種10個入り(コルネ用)だと後者ですかね。

見積もりとってみないと即答できないのですが、
これまでのカンだと3000円〜4000円くらいかかりそうですが、
それでもいいでしょうか?
(rev1より高い素材なので、DMMでは初期費用が高く設定されてるんですよ…)

10人くらい欲しい人がいれば、
親指系だけ1モデル内で量産して、1000円後半〜2000円くらいには下げられるんですが
(遊舎の親指キー単品はそうやって実現してます)、
注目は浴びてるものの注文はたいして入ってないので迷っております…
Posted by おおおかとしひこ at 2020年11月18日 17:29
3×6 や 3×5 は
□□□□□
□□□□□
□□□□□
■■■

上図でいう□のところ、
Corne や Miniaxe の親指以外の alpha 部分のつもりで書きました!

>3000円〜4000円くらいかかりそう
「Claw44 の親指」と比較してもその価格なら妥当だと思います。
(たしかにそれなら全部出力した方がコスパは良さそうですね)

ただ、IC→GBのようなかたちで人数が集まれば、
親指系だけ1モデルにまとめて造形して1000円下がるなら合理的ですね。
集まれば…
Posted by 417 at 2020年11月18日 20:11
>417さん

あ、そうか、新下駄配列使いだと逆にそっちか、
気づいてませんでした。
6列3段だと5000〜6000円の予感。
微妙な値段ですが試しにやってみるかなあ。
なんかいまDMMの見積もりが手作業になったらしく、
少しかかるかも知れませんがお待ちを…
Posted by おおおかとしひこ at 2020年11月18日 20:48
日にちが開いてしまってすみません。

指の押下角度が外に傾いていることにはyoutubeの打鍵動画などでも言及されていましたね。
改めて観察してみると、下段に行くにつれて、この外側への傾きも急になっているのが分かりました。
おそらく、掴む球が小さくなっていくのが関係しているのかなと感じたのですが、どうでしょうか。

厚みがあると打鍵が安定するとのことですが、
確かに、重いばねで打鍵しているにもかかわらず
今まで無反応は一度も出ておらず、興味深く感じています。
中指などは45gくらいまでなら検討してみてもいいかもしれません。

指の位置なのですが、面白いことに
fjdk は左右対称に打鍵しているにもかかわらず、左手の親指は薙★が、右手は薙がしっくりくるんです。
マウスではなくペンタブレットを使っていること、ペンの持ち方が悪く、
親指で人差し指を巻き込むように持っていることが関係してるのかなと
考えています。


Ink yellow の在庫情報もありがとうございます。
アルパカが気に入らなかったらぜひ取り寄せてみます。
Posted by trp3l at 2020年11月20日 19:30
>trp3lさん

傾斜の配分は、JKを構えたときの、掌の中心から放射状に線を出して、
その基準で決まってるような気がします。
こうした理屈を先に考えて作るのではなくて、
「これが気持ちいい/これは不快」というトライアンドエラーの結果なので、
すっきりした理論は特にないんですが。

質量のあるキーキャップが安定するのは、
単純にぶれにくさと関係してるような気がします。
陶器製の美濃焼ーキャップが実は打鍵感はかなりいいんですよ。
平面DSAですが。


あと左右の癖の差は人によるかもしれません。
薙刀式自体も、
左手のほうがいろいろ飛び回り、右手がどっしりしてる感じなので、
それとの相性もあるかも。
僕はちなみに、薙を左右交換して使ってます。
構えがまた変わって面白いかと。
(あと実験的に、中指薬指のキーを左右交換して90度回転も試したりしており)

3Dの曲面は、ぶっちゃけキネシスのお椀型から進歩してなくて、
僕のサドルプロファイルと、
ゆかりさんのLime40くらいしか独自面を追求してないですね…
平面格子PCBから3Dプリントか、
3DPCBにタイハオキーキャップかと、
アプローチは真逆ですが、
こないだ触った感じ、結論は結構似てましたね…
Posted by おおおかとしひこ at 2020年11月20日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。