2020年12月12日

【配列】上一段シフトあゆみちゃん

https://urimaru.fanbox.cc/posts/1684569
VB、NMの4キーを親指シフトキーにするため、
上一段ずらし、ついでに右手も横一列ずらし。

最上段と上段のずれが1/2なのを利用して、
中指最上段を2キー範囲にした、特殊運指が興味深い。


(以下ややこしいので、
最上段、上段、中段を、
通常の、上段、中段、下段表記にします)

指の頻度表記から見ると、
人差し指よりも中指を多く使うようだ。
人差し指が5キーずつ担当で、
中指が4キー担当になったので、
必然そうなったのかも。

PQを薬指担当にする感覚で、
薬指も4キー担当、そのかわり小指は2キー。
TYにあたるキーには「」というのは面白い。

おおもとは親指シフトだろうけど、
句読点が小指(下段だが)とか、
「い」「ょ」「は」位置ぐらいしか名残がないかな。

半濁音が同置になっているのが面白い。
必然的にハ行は単打になるが、
中指薬指下段にひふへほを集中させて逃がし、
助詞によく使う「は」はH位置の親指シフトの位置を利用している。

半濁点の覚えづらい親指シフトの欠点を改良してるぶん、
こちらの配列がポイントが高いかもしれない。


親指キーは前置ということでいいのかしら。
親指を前置する感覚は難しいのかな。
通常シフトの離しを考えなくていいから楽なのかね。
連続シフトしない前提だから、
押すタイミングだけ前であれば同時的に考えられるのかも。


配字を見ると、片手連接をほぼ排除しているところから、
左右交互打鍵中心の打鍵感と思われる。
親指前置と相まって、
親指月とでもいった指の感覚かもしれないな。

(月系でも同指シフト異指シフトで濁音と清音を打ち分けるのってあったっけ。
中指同指シフトが難しいからそんなにないんだっけ…)


そこまで高速で打てなさそう?ということで、
結局作者はローマ字推しらしい。笑

でもなんかこの運指範囲は何かありそうだ。
posted by おおおかとしひこ at 13:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。