2021年03月02日

【カナ配列】棒式

五十音順を守りつつ、合理的なカナ配列はできるか?
つくってみた。

薙刀式の下位互換ということで、
誰でも扱える武器、棒の名をつけた。


【単打】
へふひはほ ゃゅょ、。
てつちたと おあいうえ
せすしさそ こかきくけ

【シフト】
めむみまも やゆよ?!
ねぬになの ぉぁぃぅぇ
れるりらろ わをんっー

・スペースキーによる通常連続シフト。
・濁音は逆手のFJと同時押し。
・半濁音は逆手のVMと同時押し。
(ここまで薙刀式と同じ)
・拗音、外来音は二文字入力系。


OAIUEの順で並び、AO(一番出やすい)を人差し指、E(一番出にくい)を小指。
左右対称にした。
行ごとに固まる、という制約の中で、
なるべく合理的な運指になるように考えてみた。

指の頻度は計算してないけど、
左小指が「て」「れ」「せ」あたりでちょっとしんどい?
句読点はもっといい位置があるかな。どうだろ。

あと「ん」を単打に出したいね。
表は濁音になるカナを全部出したので、
ワ行がね…
でも急ぎで打つのではなく、ゆっくり打つなら苦じゃないかもね。


適当に作ってみたらわりと良かったので、
「小学校の短い学習時間に教える」なら、
これくらいでいいんじゃないですかね。
ずっと使える配列にはならなそうだが。

アルペジオや左右交互などの運指は考慮していない。
でも50音順やJISカナより結構使いやすくない?
posted by おおおかとしひこ at 21:26| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。