2021年04月19日

【配列】紅皿が対応配列を増やしている模様

親指シフト専用アプリかと思いきや、
月配列、下駄、新下駄に対応したそうだ。
https://osdn.net/projects/benizara/

やまぶきの後継を狙っているのかな。
やまぶきのファイルも読めるっぽい?
これで連続シフトに対応すれば飛鳥も出来るし、
一通りメジャー配列を網羅することになろうか。

3キー同時押しが必要な薙刀式の対応は、
だいぶ先ですねきっと…
それまでにメジャー配列と呼ばれるまで広がってるといいなあ(妄想
posted by おおおかとしひこ at 16:34| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついこの間、仕様書を読ませていただいたときは、2キー同時押しに特化した作りでしたから、今後の展開が楽しみです。

まずは2キー薙刀式で使ってみようかな。
Posted by とる at 2021年04月19日 21:09
>とるさん

ズレの許容範囲や、重なりのパーセンテージなど、
かなり細かいところまで調整できる仕様なので、
2キー同士の組み合わせのみに絞って構築してるんだと想像します。
2が3になった瞬間組み合わせ爆発が発生するので、
ロジックから仕切り直しになっちゃうんじゃないかなあ…

紅皿の中身自体はAutoHotKeyなので、
出来る人は改造できそうですが、
すでにAutoHotKey版の薙刀式もあるしなあ…

ただいろんなプラットフォームがあることはいいことなので、
是非挑戦してみてください。
紅皿経由で薙刀式を知る人がいてもいいと思うので。
Posted by おおおかとしひこ at 2021年04月19日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。