2021年06月27日

二台目の掃除機

これは自分が教える側になったときに痛感する話。

大学の恩師に教わった、「なにがわからないか、わからない」ときの質問のしかた。
https://blog.tinect.jp/?p=68951

僕は質問する時は、知らないんだから馬鹿に思われるのもしょうがないと、
諦めてから自分の失敗した手を話すことにしている。
自分が聞かれる側になったら、とイメージしてこれができるようになったのは、
大学生ぐらいだったかなあ。
自分の分からない範囲の事を答えられて、困った経験があるからかも知れない。

「質問は的確に」なんて言うけれど、
何が分からんか分からんからねえ。

最近はググれるから、一通り説明したらキーワードをメモさせることもあるけど、
それで続きを調べられる人も稀だよね。


「二台目の掃除機」と、イコンを示しているのが上手い。
これで他人に伝えやすくなっていることに注目。
posted by おおおかとしひこ at 15:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。